過ぎたるは戦国歴史まとめ

主に戦国時代や南北朝~江戸関連のまとめを紹介している歴史まとめサイトです。

    足利義昭

    IMG_2397


    1: 日本@名無史さん 2015/02/03(火) 18:10:03.83
    殆ど人生の最後まで幕府再興を夢見て将軍職を辞さなかった義昭と、
    ひとまずの状況不利を悟ってあっさりと大政奉還し、明治維新の影の功労者とも言える慶喜。

    どちらが将軍として、そして為政者として正しかったのか?

    2: 日本@名無史さん 2015/02/04(水) 13:45:17.84
    徳川慶喜なんて傍系から養子の養子で(水戸家→一橋家→宗家)で将軍になったし
    大政奉還すると徳川宗家の座も家達に譲ってしまっている

    他に徳川一門男子が大勢いて自分が宗家を守る必要もなかった慶喜と
    父も兄も死に足利宗家を最後まで守らざるを得なかった義昭とは事情が違うのでは

    6: 日本@名無史さん 2015/02/05(木) 15:04:18.02
    >>2
    俺が読んだ『足利義昭』では「義昭は、やはり京を追われた時点で将軍職を辞すべきであった。」 と著者が結んでたけど、それは結果論だろうと。義稙のように復帰できる可能性もあるんだから

    義稙みたく解任されたわけでもないし将軍職辞任する必要はない。本人はやる気まんまんだし。
    まぁ義稙は再度解任されて義昭の父、義晴が将軍になったけどねw

    【【最後の】足利義昭vs徳川慶喜【将軍】】の続きを読む

    oka1289


    1: 日本@名無史さん 2014/10/03(金) 16:02:42.45
    ~上洛を果たす1568年の2年前、幻の上洛計画があった~
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG0301G_T01C14A0CR0000/

    ■熊本県立美術館の調査で個人宅から14通発見
    ■1566年8月28日の書面
    ■連署は三淵藤英と一色藤長
    ■「織田尾張守(信長)参陣候」の文面
    ■南近江の六角氏が離反したことで頓挫

    2: 日本@名無史さん 2014/10/03(金) 16:05:01.75
    この2年後、信長は六角氏を殲滅し南近江を占領、上洛を強行した。
    それが歴史の事実。

    3: 日本@名無史さん 2014/10/03(金) 16:34:49.85
    信長が武田討伐時にまで六角残党のことで一悶着起こしたぐらいに
    六角に恨み真髄だったのはこれが原因なのかもなあ

    この一悶着で時の帝自ら国師号を下賜した快川国師を火定させて
    しまったりするしこのあたりの信長はぶっちゃけアホ

    【足利義昭/幻の上洛計画 「尾張守参陣」】の続きを読む

    o0593032013203342557


    1: 名無しさん@おーぷん 2015/01/28(水)11:02:06 ID:0PO
    せやろか?
    当時新興勢力の一つでしかなかった織田信長に目を付ける
    先見の明とその信長が従わないと見るや諸侯を動かして
    包囲網を敷く政治力
    結果論で評価してはいけない(戒め)

    2: 名無しさん@おーぷん 2015/01/28(水)11:03:27 ID:X8G
    なお最初に頼ったのは朝倉家

    3: 名無しさん@おーぷん 2015/01/28(水)11:06:28 ID:TLn
    信長が若いってだけで織田家は新興勢力じゃないだろ

    【足利義昭が身の程知らずの無能と言う風潮】の続きを読む

    20110114012203645


    1: 風吹けば名無し 2015/01/18(日) 11:01:24.15 ID:k6mcI47T0.net
    善戦したの本願寺と朝倉くらいやろ

    2: 風吹けば名無し 2015/01/18(日) 11:02:43.54 ID:C/nYWmBm0.net
    朝倉?

    3: 風吹けば名無し 2015/01/18(日) 11:03:33.52 ID:dr3ExCs+0.net
    >>2
    朝倉は信長に土下座させるぐらい頑張った
    なおその後

    【信長包囲網とかいうガバガバ包囲網】の続きを読む

    IMG_2397


    1: 名無しさん@おーぷん 2015/01/02(金)14:18:45 ID:E25
    調べ物のついでに書き留めたメモみたいなものゆえ適当な感じですまん
    間違いがれば修正宜しく

    2: 名無しさん@おーぷん 2015/01/02(金)14:19:13 ID:2M8
    期待するやで

    3: 名無しさん@おーぷん 2015/01/02(金)14:19:21 ID:E25
    初代 足利尊氏 享年54歳

    御存知室町幕府を創立した英傑だが晩年は南北朝のドロ沼抗争や弟・息子との骨肉の争いなどグダんグダん状態に陥る。死因について「公卿補任」「太平記」には「癰瘡」、「愚管記」には「腫物」とあり感染症の類による病死と考えられる。

    【室町幕府の歴代将軍15人の最期を書いていく】の続きを読む

    IMG_2397


    1: 人間七七四年 2007/04/13(金) 18:12:23 ID:fUCZ4ArY
    司馬遼太郎「国盗り物語」をはじめ、
    戦国時代の「策士策に溺れる典型の貴族趣味の暗君」として、
    評価される事が圧倒的に多い足利義昭

    対信長戦争の結果は最悪なものとして終わったが、
    しかし、室町幕府の将軍としての権威を背景に、
    諸大名に号令を発し信長包囲網を作り上げ、
    信長に対抗しようとしたことは狡猾で愚かなことだったのか

    結果が伴なわなかった為、
    最悪の評価を受けやすい足利義昭について、
    結果論、先入観を抜きにして考察するスレ

    427: 人間七七四年 2010/05/29(土) 06:45:47 ID:lpMRa9Ml
    >>1
    歴代足利将軍と比較すると、並み以上の将器はあっただろ。
    単に信長が凄すぎただけ。相手が悪かった。

    602: 人間七七四年 2015/06/15(月) 16:06:04.78 ID:RVcUCqQf
    >>1
    あいだを取って、希代の暗君ってところでどうだろう。

    【足利義昭は暗君だったのか稀代の謀将だったのか】の続きを読む

    このページのトップヘ