3b276dce


1: \(^o^)/ 2014/08/15(金) 20:13:12.68 ID:ayS5hi1+0.net BE:218927532-PLT(12121) ポイント特典
・江戸時代に流布していた戦国三大愚人とは?
江戸時代に書かれた軍記物のなかでは、細川政元、大内義隆、今川氏真が、戦国期の三大愚人にあげられている。

細川政元は、戦国初期に活躍した人物。室町幕府を支える幕府管領家のひとつ細川京兆家の嫡男として 文正元年(1466)に生まれた。「半将軍」とまで呼ばれるほどであった。

外交・内政に辣腕を振るった政元だったが、いつしか政務を疎かにして修験道に没頭するようになっていった。 修験道とは苛烈な修行を行ない人智を超えた能力を持つことを目的とする。 現代的にいえば、仙人とか魔法使いになるための修行に邁進したということ。

そのうえ政元は生涯妻帯しなかったため、嫡子がいなかった。
政元の死後、養子たちの争いはエスカレートし、各地の有力守護大名を巻き込んで、騒乱が拡大。 戦国大名が誕生する萌芽となっていった。どう考えてもハタ迷惑な人物である。

・趣味に埋没し武を怠ったと批判された義隆と氏真
大内義隆は長門、周防、安芸、石見、筑前、豊前の6ヶ国を領する大大名であった。
義隆は内政面には優れた面を見せたが、武略に関しては平凡としかいえなかった。
一方文化人としては、荒廃した京から逃げてきた文人たちを手厚く庇護。戦乱で失なわれたかもしれない文化や 伝統を継承する立場を取った。ところが江戸幕府成立後は、質実剛健を武士の本文とする風潮があったため、 文化を重んじていた義隆は華美惰弱に溺れた愚将という評価を受けることとなってしまったのだ。

同様に文化に溺れた惰弱な武将として、非難の対象となったのが今川氏真である。
氏真は酒色(色は男性方面)に溺じ、実権は老臣・三浦氏が掌握。これに家臣が反発し、家中はまとまらなかった。 氏真は連歌、和歌に秀で、特に蹴鞠は名人級であった。いわば今でいうサッカー馬鹿であったのだ。

居館である駿府館ではたびたび蹴鞠の会が催されていたと伝わる。静岡県民のサッカー熱が高いのは氏真の遺産であろう、多分。 先にあげた細川政元、大内義隆と比べると、その暗愚ぶりは飛び抜けている。

http://news.livedoor.com/article/detail/9151118/

2: \(^o^)/ 2014/08/15(金) 20:14:18.64 ID:KC1dkjZ70.net
大内義隆は天下統一で伸びてくることあるぞ

4: \(^o^)/ 2014/08/15(金) 20:14:47.65 ID:VLMTxoaM0.net
一条兼定

【江戸時代に流布していた戦国三大愚人は細川政元、大内義隆、今川氏真らしい】の続きを読む