過ぎたるは戦国歴史まとめ

主に戦国時代の記事を、たまに南北朝や江戸関連の歴史まとめを紹介しているサイトです。History Sengoku

    日本史板

    o0594032013219770899


    1: 日本@名無史さん 2014/05/26(月) 18:58:52.87
    宇喜多氏のスレッドです。

    7: 日本@名無史さん 2014/05/26(月) 19:20:46.19
    松永久秀並に謀略の限りをしたあげく天寿を全うするってすごいよな

    8: 日本@名無史さん 2014/05/26(月) 19:22:59.30
    >>7
    キングオブ悪党だからなぁ

    【【暗殺】宇喜多直家を語る。【毒殺】】の続きを読む

    IMG_2397


    1: 日本@名無史さん 2015/02/03(火) 18:10:03.83
    殆ど人生の最後まで幕府再興を夢見て将軍職を辞さなかった義昭と、
    ひとまずの状況不利を悟ってあっさりと大政奉還し、明治維新の影の功労者とも言える慶喜。

    どちらが将軍として、そして為政者として正しかったのか?

    2: 日本@名無史さん 2015/02/04(水) 13:45:17.84
    徳川慶喜なんて傍系から養子の養子で(水戸家→一橋家→宗家)で将軍になったし
    大政奉還すると徳川宗家の座も家達に譲ってしまっている

    他に徳川一門男子が大勢いて自分が宗家を守る必要もなかった慶喜と
    父も兄も死に足利宗家を最後まで守らざるを得なかった義昭とは事情が違うのでは

    6: 日本@名無史さん 2015/02/05(木) 15:04:18.02
    >>2
    俺が読んだ『足利義昭』では「義昭は、やはり京を追われた時点で将軍職を辞すべきであった。」 と著者が結んでたけど、それは結果論だろうと。義稙のように復帰できる可能性もあるんだから

    義稙みたく解任されたわけでもないし将軍職辞任する必要はない。本人はやる気まんまんだし。
    まぁ義稙は再度解任されて義昭の父、義晴が将軍になったけどねw

    【【最後の】足利義昭vs徳川慶喜【将軍】】の続きを読む

    87-E381ADE381AD


    1: 日本@名無史さん 2014/06/22(日) 00:14:23.94
    家康に無理矢理大阪城を追い出されたのに、家康を手引きしたと
    言われ、仲の悪い甥っ子が勝手に西軍を裏切れば唆したと言われ
    軍事的に妨害されて大阪の陣の時に大阪城に行かなければ
    豊臣家を見捨てたと言われる。

    貧乏くじを引かされがちな北政所はどう動くのがベストだったのでしょうか?
    検証するスレです。

    10: 日本@名無史さん2014/06/22(日) 21:05:06.26
    >>1でいわれているような 
    淀殿憎しで家康に通じたとか 
    東軍の黒幕だったとか 
    興味本位な後世人の勝手な邪推で 
    別に北政所に責任があるわけじゃないからねえ

    2: 日本@名無史さん 2014/06/22(日) 00:53:43.26
    史実通りで最良なんじゃないのか?
    まかり間違えば秀頼派として処刑される可能性もあったし

    【結局北政所はどうすれば良かったのか?】の続きを読む

    1: 日本@名無史さん 2014/07/27(日) 20:20:37.26
    詳しい皆さん教えてください

    2: 日本@名無史さん 2014/07/27(日) 21:02:21.25
    みつひでが焼いた

    終了

    3: 日本@名無史さん 2014/07/27(日) 21:25:30.46
    信雄が焼いたという説もある

    【信長が築いた安土城って最後はどうなったの?】の続きを読む

    Matthew_Calbraith_Perry


    1: 日本@名無史さん 2014/03/18(火) 17:38:16.05
    そんな事やってたら他国にどんどん差をつけられていつか侵略されるかも…とか思ったりしなかったん?

    2: 日本@名無史さん 2014/03/18(火) 19:07:54.99
    鎖国って言っても引き篭もりとちゃうで

    3: 日本@名無史さん 2014/03/18(火) 19:20:52.93
    だから開国したんじゃん。鎖国を継続しろと言わんばかりに「攘夷!攘夷!」とほざいていたのは水戸や長州などの連中だろよ。

    【江戸幕府って本気で鎖国続けていけると思ってたの?】の続きを読む

    このページのトップヘ