過ぎたるは戦国時代歴史まとめ

主に戦国時代や南北朝~江戸関連のまとめを紹介している歴史まとめサイトです。不定期再開。

    丹羽長秀

    丹羽長秀


    1: 日本@名無史さん 2015/03/05(木) 22:43:06.73
    何がしたかったのかまったく不明

    4: 日本@名無史さん 2015/03/07(土) 21:43:20.99
    滝川同様、信長死後一気に運が無くなった感じだよな

    5: 日本@名無史さん 2015/03/08(日) 01:23:36.37
    この人官位ないよね
    五郎佐でしょ

    【丹羽長秀は本能寺の変後って結局何考えてたの??】の続きを読む

    Az_5ex6CQAAbxbs


    105: 名無しさん@1周年 2018/11/16(金) 13:29:18.11 ID:Hanjznch0
    織田軍団の幹部の柴田勝家と滝川一益とか明智とか
    悲惨な末路だよね
    天国から一気に地獄に向かって行った

    112: 名無しさん@1周年 2018/11/16(金) 13:32:39.36 ID:XvvwUUTH0
    >>105
    信長の軍団長やってて天国はないと思うぞ
    お市の方貰った時だけは天国だったかもしらんが
    常に結果を求められる地位でストレス凄そう

    119: 名無しさん@1周年 2018/11/16(金) 13:34:55.54 ID:Hanjznch0
    >>112
    明智は秀吉に
    出世争いで負けて
    やらかしたのか?
    長曾我部の調略も進んでたのにね

    【織田軍団の幹部の末路は悲惨】の続きを読む

    ab36cf4c


    1: 名無しさん@涙目です 2018/11/16(金) 16:23:07.54 ID:kADlbQpz0● BE:601381941-PLT(13121)
    「本能寺の変」後の柴田勝家直筆の書状見つかる

    明智光秀が織田信長を討った「本能寺の変」の8日後に、信長の重臣として知られる柴田勝家が織田方に 宛てた直筆の書状が新潟県新発田市で見つかりました。光秀の討伐に出遅れた勝家が、当時、京都から 大阪に展開していた光秀の居場所を正確に把握できていなかったことがうかがえる内容で、専門家は 「本能寺の変直後の勝家の情報収集の水準がわかる貴重な記録だ」と指摘しています。

    今回見つかった書状は、本能寺の変の8日後の天正10年6月10日、今の福井市の居城にいた柴田勝家が、 織田方の武将、溝口半左衛門に宛てて書いたものです。

    郷土史に詳しい新潟大学の冨澤信明名誉教授が新発田市の溝口家に残る歴史資料の中から見つけました。

    書状の冒頭には、「天下の形勢は致し方ないことで言語に絶するばかりだ」と、本能寺の変について勝家の 驚きのことばが記されています。そして明智光秀が、拠点としていた江州、今の滋賀県にいるとみて、当時の 大坂にいた織田方の重臣、丹羽長秀と連携して光秀を討伐する計画を明らかにしています。

    調査にあたった専門家によると、本能寺の変のあと勝家が光秀の居場所に言及したものが見つかったのは 初めてで、光秀討伐に出遅れた勝家が当時、京都から大阪に展開していた光秀の動きを把握できていなかったことが うかがえます。

    調査にあたった三重大学の藤田達生教授は「本能寺の変のあとの勝家の情報収集の水準がわかる貴重な記録だ。 今後は、そうした状況のなかでなぜ、豊臣秀吉が光秀討伐に素早く動けたのかという点に関心が高まるのではないか」
    と話しています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181116/k10011712961000.html

    5: 名無しさん@涙目です 2018/11/16(金) 16:25:29.53 ID:ZYbEhAt30
    そら毛利に放った使者が秀吉勢にとっつかまったからだろ

    251: 名無しさん@涙目です 2018/11/17(土) 07:47:35.16 ID:5o8vWy6N0
    >>5
    と言われてるが、、、あまりにも都合よすぎね?
    そもそも光秀がこんだけの大事、事前にだれとも連携せずやるほど後先考えない人間には思えんのだが。松の廊下の刃傷事件並に不可解。

    【【本能寺の変後】柴田勝家、明智光秀の居場所がわからず右往左往していた事が判明】の続きを読む

    Az_5ex6CQAAbxbs


    1: \(^o^)/ 2015/06/02(火) 16:55:06.23 ID:1xtSHaY80.net BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典
     日本サッカー協会は1日、W杯ロシア大会アジア2次予選シンガポール戦(16日、埼玉)に向けた日本代表25人を発表した。
    先月の代表候補合宿に招集されていた、戦国武将の血を引くG大阪DF丹羽大輝(29)が、初めてA代表に選出された。

     「侍の血を引く戦士」が、サムライ・ブルーに初選出された。高い統率能力に加え、本職のセンターバックやサイドバックもこなすユーティリティー性も魅力の丹羽は、先祖をさかのぼっていくと、
    戦国時代を代表する武将の丹羽長秀にたどり着くという。兄・圭介もプロ格闘家と、勝負師の血を受け継ぐだけに
    「祖父や、その父も(長秀ゆかりの)愛知県。小さい頃から“丹羽長秀の血を引いている”と言われてきましたから。ここからどんどん行きますよ」とさらなる進撃を誓った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150602-00000079-spnannex-socc

    2: \(^o^)/ 2015/06/02(火) 16:55:39.99 ID:F5hgpcLu0.net
    四国方面の実質的司令官じゃん

    3: \(^o^)/ 2015/06/02(火) 16:58:34.52 ID:FzMLeknm0.net
    庭には羽柴、中庭には惟任、裏庭には柴田、浪花には滝川がいたから

    【丹羽長秀はなぜ織田方面軍の司令官になれなかったのか】の続きを読む

    このページのトップヘ