ダウンロード (7)


1: 人間七七四年 2009/02/16(月) 16:49:46 ID:N2wmqinO
戦国中期
三好・今川

少し遅れて
濃尾時代の織田、全盛武田・長尾上杉、北条、毛利
小牧長久手期の徳川

関ヶ原頃
上杉・毛利

江戸期
前田


100万石大名についていろいろと語りませう!

7: 人間七七四年 2009/02/16(月) 22:27:11 ID:P9LU52RE
とりあえず長宗我部はない

5: 人間七七四年 2009/02/16(月) 20:30:35 ID:UJecEYWz
伊達
後北条
上杉
武田
徳川
織田
三好
尼子
大内
毛利
長宗我部
大友
竜造寺
島津

ここら辺の戦国大名は石高に直したら一度は100万石超えてたのかな
あとこいつらも

豊臣秀長
丹羽長秀
織田信雄

8: 人間七七四年 2009/02/17(火) 02:35:39 ID:8N+ub5G/
Yahoo!知恵袋に
ttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1011269740
なんていう

太閤検地では四国全部で80万石程度なので、長宗我部はないはずだけど、太閤検地では土佐の石高が低すぎることを考えると、かろうじて100万石に届いていた可能性も。

9: 人間七七四年 2009/02/17(火) 04:12:00 ID:+xrQks+a
とりあえず
100万石領主=地方の群雄とみなしてOK?

10: 人間七七四年 2009/02/17(火) 04:15:54 ID:j/SbzJ6H
島津も100万石を超えたのは一瞬だろ。
ある程度の統治期間が必要じゃね?

11: 人間七七四年 2009/02/17(火) 04:34:32 ID:HZEj7cyK
つーか、日本の石高は、太閤検地までは各地域さまざまな差し出し検地で、
太閤検地以前とは平均で30%は低かったんだから、
太閤検地で出てきた石高でそれ以前の生産高を見るのは無理があるだろ。
だいたい太閤検地は、秀吉が諸侯の軍役を増やすための魔法の種みたいなもんなんだから。

12: 人間七七四年 2009/02/17(火) 12:22:11 ID:/pd1BqmP
細かい事言ったらきりがないお┐ (´ω`) ┌
太閤検地以降の石高にしても、当然毎年の生産量は違うのだから
実高も毎年変動するお

14: 人間七七四年 2009/02/17(火) 16:45:05 ID:HZEj7cyK
むしろ江戸期に実高で100万石以上行った所の方がすごい。
伊達、毛利、島津、

熊本の細川や安芸の浅野はそこまで行ってなかったっけ?

17: 人間七七四年 2009/02/17(火) 18:24:04 ID:Tb2Mc1i5
200万石大名 織田 三好 北条

18: 人間七七四年 2009/02/17(火) 18:51:49 ID:8N+ub5G/
>>17
毛利が最盛期は200万石行っているんじゃない?

20: 人間七七四年 2009/02/17(火) 20:23:50 ID:tePNMDM7
>>17
三好はともかく、織田と北条がそこにいるのはおかしい

22: 人間七七四年 2009/02/17(火) 21:54:40 ID:DR4cPQVi
>>20
北条も織田も、戦国時代に安定的に200万石を支配した大名だが?
北条は氏政~氏直時代の話になるが。

スレタイ通りに戦国時代に100万石以上を安定支配した大名は・・・
東から
北条、武田、徳川、織田、細川(三好)、大内(毛利)
こんなもんか。意外と少ないな。(太閤検地ベース)

23: 人間七七四年 2009/02/17(火) 22:07:39 ID:0Move5xB
手取川の後の上杉はどのくらい?

24: 人間七七四年 2009/02/17(火) 22:47:10 ID:DR4cPQVi
>>23
越後の長尾(上杉)家って、越後一国を安定支配していたとは
言えないからなあ。

とりあえず、越後+越中+能登を完全に支配したと仮定しても
98万石で100万石に届かず(太閤検地ベース)

25: 人間七七四年 2009/02/17(火) 22:53:59 ID:2zrJQd1g
加藤清正は実質100万石と肥後郷土本に載ってたな…
マンセーだろうけど

27: 人間七七四年 2009/02/18(水) 01:30:51 ID:iDVYNEB3
謙信は上野と北信入れたら100万いくんじゃね?

28: 人間七七四年 2009/02/18(水) 05:32:25 ID:BvqLNim0
池田と蒲生も100万いってる

31: 人間七七四年 2009/02/18(水) 08:16:22 ID:1wRciNKC
大内なんて勘合貿易の利益があったから、実収入的には300万石近かったかもしれぬ

34: 人間七七四年 2009/02/18(水) 11:32:01 ID:BvqLNim0
東北の南部、安東、葛西、最上、葦名は最大のときどのくらいあったの?

35: 人間七七四年 2009/02/18(水) 13:10:16 ID:lvM8R6zL
安東は寄騎の蛎崎入れて
南部も大浦独立前なら
面積は百万石クラス

芦名の会津はせいぜい40万石

上杉時代や蒲生の会津は
かなり下駄を履かせてもらった数字

39: 人間七七四年 2009/02/18(水) 21:00:19 ID:JMhlIvn7
略奪での収入は石高換算でどんなもんだったんだろう

57: 人間七七四年 2009/02/20(金) 17:07:17 ID:eblmhZd1
徳川家康250万石
(最大の家臣は徳川秀忠20万石)

毛利輝元170万石
(最大の家臣は小早川隆景30万石
小早川独立後は毛利秀元20万石)

58: 人間七七四年 2009/02/20(金) 18:25:50 ID:E8QQQK0K
徳川家康の関東領国時代の直轄領が100万石強あったらしいが、
他の100万石を越える有力戦国大名の直轄領って
どのくらいの規模だったんかな?

59: 人間七七四年 2009/02/20(金) 20:10:53 ID:UGKIH4D4
>>58
3割前後なんでね?

60: 人間七七四年 2009/02/20(金) 20:22:50 ID:qQPQ0vhn
徳川家は直轄領が多い体質だね。
家康はそれこそスタートの時点から君主権の強化確立をやりまくってたから、
その結実ではあるな。

61: 人間七七四年 2009/02/21(土) 07:02:05 ID:fE5GfFbC
関東に移動で整理整頓できたってのも良いほうに働いたわな

62: 人間七七四年 2009/02/21(土) 10:15:19 ID:Lqhsh+0n
佐竹は親類筋を合わせれば100万石

63: 人間七七四年 2009/02/21(土) 13:46:54 ID:0CtVCest
じゃあ足利は何万石行くと思ってんだ馬鹿

68: 人間七七四年 2009/02/22(日) 19:20:48 ID:5Kbpaa3N
>>63
>>62は佐竹義宣の弟達、岩城、多賀谷、葦名のことじゃないのか

70: 人間七七四年 2009/02/23(月) 01:14:34 ID:cZbElYEg
>>68
それがありだと、大友宗麟の弟の大内義長が当主だった頃、
大友は200万石クラスの巨大大名ってことになる罠。

88: 人間七七四年 2009/02/26(木) 02:32:07 ID:2z8s1/Yg
本能寺時点の秀吉は宇喜多領抜きでも100万石ありそうな気がする。
江戸期の池田輝政一族領に相当する場所+長浜

111: 人間七七四年 2009/02/26(木) 18:30:59 ID:Guv00nh7
それこそ応仁の乱の頃の、細川とか山名とか、石高にすればどのくらいだったんだろ?

113: 人間七七四年 2009/02/26(木) 19:24:22 ID:qwy+XQ5D
>>111
巨大守護大名、実効支配力が弱いからなぁ。

124: 人間七七四年 2009/02/27(金) 10:58:23 ID:ybrAmGAh
>>111
1国の平均が30万石前後
(江戸期の国持ち基準)とすれば11州の山名は300万石

115: 人間七七四年 2009/02/26(木) 21:19:22 ID:2z8s1/Yg
面積は広くても山岳や雪国に割拠して
生涯かけてようやく100万石の武田や上杉と
平野に割拠した織田や北条など

141: 人間七七四年 2009/03/01(日) 21:32:47 ID:NM/fwpJZ
後の上杉領は大まかに見て
伊達、葦名、田村、二階堂、大内、畠山、石川、白川
の範囲ぐらいだが、これで120万石
これに岩城11万5千石と大崎20~30万石
あと相馬と佐竹領を多少分取っていたからだいたい150万石なんだろうと思う
大崎、石川、白川、岩城辺りを伊達領に入れていいものか検討の余地があるけど

142: 人間七七四年 2009/03/01(日) 22:14:56 ID:jxOWkFjt
>>141
後の上杉領って、その他に庄内と下越含めてじゃなかったか?

143: 人間七七四年 2009/03/02(月) 11:15:02 ID:NRAC63uO
>>142
ほかに上杉領には佐渡や白石のある刈田郡も入ってる。
伊達輝宗時代の勢力圏で120万石くらいだろ。
最大でも政宗は75万石くらいだろ。

だって
上杉軍先陣が南会津へ侵攻を開始し景勝本隊も三条あたりまでやってきて、佐竹が北上予定だったけど、秀吉が小田原殺るから、その準備しろって言われて帰った後でさえ
南会津や須賀川の反乱が相ついで鎮圧失敗してるし。
政宗の小田原参陣は大内宿から南下できず引き返し、越後の道を借りて参陣してるって事は白河結城だって政宗に属してたとはお世辞にも言えない。
実際、政宗の支配地域は郡山より北だけだな。

150: 人間七七四年 2009/03/06(金) 07:00:47 ID:KfvGjSAj
>>143
本領安堵分が72万石
秀吉に削られた領地(後の蒲生領)が42万石
実高はともかく112万石でいいんじゃね?
あとは「馬打ち同然」の葛西・大崎領(約30万石)をどう捉えるかで変わってくる

100万石級は意外と多いけど200万石オーバーは島津くらい?

154: 人間七七四年 2009/03/06(金) 12:37:29 ID:0SEoRCVq
>>150
・・・島津は200万石越えてないだろ。

200万石越えといえば、初期の大内、細川、中期の三好、後期の織田、北条
までだろう(自力で得た領地で、かつ戦国時代を小田原の役までとして)

180: 人間七七四年 2009/03/14(土) 08:25:43 ID:Xw3cSYmc
伊達と島津は秀吉に屈する直前は100万石ぐらいはあったと思うぞ
でも、1年間ぐらいしか持たなかったし一時的な占領であって支配ではないわな

181: 人間七七四年 2009/03/14(土) 10:09:55 ID:X/m/dBH3
嶋津は確実に100万石超
伊達と上杉は微妙だな
大友は超えていない
山名とか細川も支配の定義によっては微妙

191: 人間七七四年 2009/04/06(月) 13:28:09 ID:F72/KbPC
謙信末期は100万石いってる。
元就は残念ながら死去寸前には備中が大混乱だし、尼子残党に伯耆を分断されたりで100万石きってる。

192: 人間七七四年 2009/04/06(月) 14:44:06 ID:/TJ+InOw
勝頼末期は100万石いってる
景勝から譲られた北信濃と東上野
旧領の甲斐、中南信、駿河、西上野に加え
美濃の一部、遠州の一部、飛騨の一部

武田の最盛期を気づいた

193: 人間七七四年 2009/04/06(月) 21:20:17 ID:qkEsZNu9

既に武田勢の国人領主やその領民はもちろん、直属領地の領民達も疲弊しており、既に勝頼は見限られていた。

197: 人間七七四年 2009/05/27(水) 14:54:56 ID:ZoYzkGxi
松前が最強

北海道全部が領地だぜ?

198: 人間七七四年 2009/05/27(水) 15:56:00 ID:dTB6VT1Z
米が採れない

199: 人間七七四年 2009/05/29(金) 18:26:15 ID:UYmkP0C+
>>198
300年後には蝦夷が石高日本一
21世紀に入り羽後に抜かれるまでは

231: 人間七七四年 2011/02/03(木) 01:43:42 ID:79uf2Ojk
100万石っていっても所詮米の生産量だけだからさ、それだけじゃホントの
国力は計れないんじゃね? ちなみに戦国初期は江戸というか東京首都圏が
なかった 逆に上杉謙信の春日山城のすぐちかくの直江津ってのが
東日本最大の貿易港ですんごいお金が入ってたらしい
あと織田信長の乳信秀公も港で儲けてたらしい

232: 人間七七四年 2011/02/03(木) 07:47:53 ID:STmuCkLM
その割には長尾が特別裕福だった様子がないおね( ^ω^)
東日本最大とか言うけど全港で収支を帳簿につけていた訳でもないのにどうやって分かるのか謎過ぎるお( ^ω^)…
まだ、信秀は朝廷に莫大な献金(長尾の50倍)をしていたりするからその片鱗を感じられるけど( ^ω^)

233: 人間七七四年 2011/02/03(木) 09:06:56 ID:0XWLDSjx
>>232
 謙信公が死去した後、春日山城の金蔵に残されていた金の調査が行われ、総額は2万7千両だった。
現在の価値で少なくとも数億円。

235: 人間七七四年 2011/02/03(木) 11:06:01 ID:X8Cu63KB
時代は違うが財政崩壊して秀次から大借金してた伊達や細川や毛利や
商人から借金した大友とかあるから
財政黒字どころか貯蓄までしてるなんてのは基本的にレアなんじゃね?
特に謙信の蓄財のおかけで勝頼の政策が180度変更になり北条を裏切る程の魅力ある大金額だろうね。
しかも為景時代の財政崩壊から復活してるだけでも凄いわけだが。

239: 人間七七四年 2011/02/04(金) 00:37:44 ID:0cAM/no2
借金踏み倒しなんてどこも一緒だろ…
肥後細川も商人から嫌われまくりだぞ

240: 人間七七四年 2011/02/04(金) 10:23:13 ID:0ypTa0p6
細川さんの金のなさは秀吉時代からだからなあ
金気がないとさびよけのまじないに使われるほど
なんで50万石の太守なのに、あんなに金がなかったんだろう?
不知火海は宝の海、熊本も良質な地下水に恵まれているのに

241: 人間七七四年 2011/02/04(金) 10:55:59 ID:+ojwSB0X
細川、伊達、毛利あたりは豊臣秀次から大借金してるしな。
毛利は大友にたびたび大敗して結局、
国人たちに加増も褒美も与えられなかったのが致命傷で財政崩壊。
伊達も家臣に加増も褒美も与えられず、
転封した際には痩せた土地を与えられ大物配下が次々に出奔しまくるほど財政崩壊。
細川は交遊における雅な趣味のせいか?丹後田辺城時代は信長による過度な軍役負担で貧しそうだが肥後時代は好転しそうだけどね?

244: 人間七七四年 2011/02/04(金) 14:33:11 ID:rd3TVPby
石高は現金生産力とでも思った方がはやい
地米・物成も石高に含めるとこもあるけど米よりは信用度落ちるし
やっぱり米が穫れるとこのが取引には強い

250: 人間七七四年 2011/02/20(日) 14:08:30.36 ID:pEMZTnnM
揃いも揃って鎌倉期からの名門で家臣に名族たくさんいるから人件費もかかってたんじゃないか。
バサラ贅沢も大きいだろうが

255: 人間七七四年 2011/02/23(水) 16:43:53.59 ID:cPmdIvZ6
幕末なら島津、毛利が藩政改革に成功。黒字化で軍備や政治工作にまわせた。

257: 人間七七四年 2011/03/01(火) 15:53:56.23 ID:vaA0DY92
ひとつ聞きたいのは石高の概念っていつぐらいから生まれたんだ

260: 人間七七四年 2011/06/01(水) 01:44:23.35 ID:nVk5g2jd
>>257
太閤検地から


271: 人間七七四年 2011/06/15(水) 06:58:08.82 ID:HATxBWtq
諸条件の違いと水増しと正確な数がわからないのが欠点だけど、
動員力をベースに2万5千から3万くらいの兵を戦場に送れれば100万石程度の力があると見なせるかもね。


272: 人間七七四年 2011/06/15(水) 11:38:59.59 ID:+xfaWP65
全体の兵数に関する一次資料って物凄く少ないから難しいわな
だからむしろ現状では石高から兵数を予想している

273: 人間七七四年 2011/06/16(木) 21:30:11.88 ID:qBl/gPFI
100万石といっても、面積は洋々だしね

1111: 
過ぎたるは及ばざるが如し1600/10/21(水) 00:00:00.00 ID:rekichiho
引用元;http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1234770586