photo0000-4359


1: 人間七七四年 2006/10/21(土) 03:27:36 ID:kl6yfyfq.net
あの謙信と信玄が大軍を持って何度も攻めたが全く落とせなかった。
この城を落とすためだけに秀吉は20万もの大軍を動員した。
さらに日本で唯一自給自足が可能な城だったと言われる。

この戦国最強の城について語ろう。

43: 人間七七四年 2007/02/24(土) 00:54:41 ID:kxvtvBWC.net
>>1 武田は4日程度しか包囲してないよ、状況が不利と見て
三増峠まで引いて野戦に持ち込んだ。
アホなのは謙信の方、あれはまさしくアホである。

2: 人間七七四年 2006/10/21(土) 03:31:20 ID:xiQSZvL4.net
小田原城って小田原征伐の後はどうなったの?

3: 人間七七四年 2006/10/21(土) 03:33:05 ID:D81qLc/1.net
大久保氏が入ってたはず、
もっとも小さくはなったらしいが。

んでその後色々あって天守も解体。

6: 人間七七四年 2006/10/21(土) 03:44:22 ID:+uqPvnqY.net
その後三度の地震で完全に崩壊。

日本屈指の城も自然には勝てませんでした。

8: 人間七七四年 2006/10/21(土) 05:07:09 ID:xiQSZvL4.net
豊臣時代の大阪城とどっちが規模が大きかったんだろう。

9: 人間七七四年 2006/10/21(土) 05:24:00 ID:KTwadfJc.net
>>8
北条氏の小田原城は、軍事要塞と言う意味での城だけではなく、都市という意味での城でもあるからなあ…。
大阪城とかとは概念が違うので、単純に比較は出来ないが、面積って意味では
小田原城じゃないかな?

そう言えば小田原の陣と大阪の陣は、構造的にも落城まで期間もよく似ているな。
どちらも、それでも天下の兵を相手にひと戦できるほどの城だったわけだな。

10: 人間七七四年 2006/10/21(土) 15:00:30 ID:NB0o3mTZ.net
構造は中国の城に似ている感じか
目的は違うだろうが

11: 人間七七四年 2006/10/22(日) 00:22:52 ID:0aF7ciDX.net
氏政も篭城しようと思えば、あと何年も篭城できたのでは
勝つ見込みが無いから降伏したけど。

12: 人間七七四年 2006/10/22(日) 01:12:38 ID:/TP52qIr.net
篭城兵力を3万程度に抑えていれば力攻めにも耐えられて秀吉が寿命になるまでの
兵糧攻めにも持ちこたえたのかな?

13: 人間七七四年 2006/10/22(日) 01:41:11 ID:sX+fr6SE.net
その主力を連れて氏照・氏邦・氏規が
単に篭るんじゃなくて前線で激突しては
鉢形・八王子・韮山に引いてを繰り返してるだけでも、
随分大変だったろうな。

小田原以前に上記の城も相当でかいんで。
だがまぁ規模が大きすぎて関東は火の海になるな、それを望んだとも思えない。

14: 人間七七四年 2006/10/23(月) 21:35:36 ID:yS/ebcfo.net
あれだけあっけなく降伏するなら、はじめから逆らうなよって思うんだが

30: 人間七七四年 2006/12/19(火) 02:04:12 ID:3TCmBxzV.net
200万石→1万石の処分で寛大か?

明治維新時の徳川でも70万石への減封だったのに・・・

もっとも、城兵が皆殺しになるなら北条側も絶対に開城しなかっただろうな・・・


北条氏政より、危険思想を持った徳川家康の手に関東と関東兵が渡り、
豊臣家は破滅への道を進む事になったのは間違いない。


>>14
豊臣側が切り倒した林の向こう側に突然、大規模な城が現れて、
北条側は、パニックになり、城兵の命の保証を条件に降伏したらしいな。

15: 人間七七四年 2006/10/24(火) 19:13:19 ID:FPSeLJNW.net
瀬戸際外交の末路

18: 人間七七四年 2006/10/26(木) 13:51:40 ID:7sYwapT5.net
ただ篭っていたのでは士気の低下を抑えられないのが難点
だから籠城戦でも仕切りに討って出るわけだが
ああも大軍に囲まれては成す術もない
小田原はあのまま籠城してても内から崩壊したよ
事実、離反が相次いでいたし
いくら城が堅固でも内部から攻められてはひとたまりもない

20: 人間七七四年 2006/11/01(水) 18:05:53 ID:b9i60SXO.net
日本唯一の城塞都市というのが堪らん。

堺もそれっぽいが

22: 人間七七四年 2006/11/03(金) 20:00:43 ID:3AdoZtTp.net
>>20
町や村を取り込んだ総構えなら有岡城、大坂城、姫路城、江戸城もそうでっせ。

23: 人間七七四年 2006/11/04(土) 12:30:20 ID:R00B1lDE.net
>>22
でもその中でもダントツの実戦経験があるのが小田原城だからね。そういうのもロマンを感じる。

189: 人間七七四年 2012/01/19(木) 13:43:33.48 ID:9vxn/2N/.net
>>20
普段は城で居住することはなく、城下町は内包していない
というのは西国での定義で、平地の多い関東では
けっこう総構えの城は普遍的。

小山氏の祇園城、多賀谷氏の下妻城をはじめ、
小大名である水谷氏ですら出城である久下田城まで総構えにしていた。

21: 人間七七四年 2006/11/03(金) 17:01:58 ID:PalMjndN.net
境は、竹垣が精精だったんではないかな。あるいは土塁。

24: 人間七七四年 2006/11/04(土) 20:33:13 ID:D783OFe6.net
豊臣相手に数年粘ってくれればよかったんだがな
所詮井の中のなんとやらか

25: 人間七七四年 2006/11/05(日) 14:17:39 ID:3k2waDFY.net
>>24
篭城って言うものは、どんな大城郭でも孤立してちゃあ何にも出来ない戦法だからな。
天下の兵を相手にしたら、大阪城だって半年しか持たなかったわけで。


26: 人間七七四年 2006/11/05(日) 19:28:02 ID:dU2JTfVW.net
数年も城に籠もって生活するなんて、想像しただけで…
アレ?今の生活と大して変わんないや。

27: 人間七七四年 2006/11/10(金) 08:26:36 ID:pmoDg/nd.net
城の中に遊園地とかあるといいかもね

29: 人間七七四年 2006/12/18(月) 23:31:57 ID:ecMSKeSd.net
外国の篭城戦は何年も続く時があるね。
異民族、国家間の戦争は負けたら悲惨だしね。

小田原は寛大な処置でよかったね。

32: 人間七七四年 2006/12/19(火) 13:08:42 ID:pgdg7gLV.net
名胡桃城のことは氏邦か猪俣の勝手な判断だろうなあ。
そのとき氏政は上洛の準備をしていたわけで、少なくとも氏政まではさかのぼらないだろうな。
氏邦は氏政とはめっちゃ仲が良かったというほどではないと思うんだよね。
あるいは惣無事令と北条のこれまでのあり方との相克の末の事件か。

秀吉のほうでは、北条が反抗するのもまあいい、だが上洛するのが最上、と考えていたと思う。
ただどっちにしてもさっさとしてくれとは思っていたんじゃないか。
で、実際名胡桃が起こって、氏政は弁明の使者を上洛させた。
秀吉がブチキレたのは多分この使者の上洛。
弁明の使者を先んじて寄越すくらいなら、氏政テメエ自身が上洛しろやゴルァ(゚Д゚)
もともと氏政の牛歩戦術にむかついていた秀吉は、(氏政が上洛しないと、
関東や奥州の衆が上洛できないもんね。結果天下が遠くなる)ついに北条征伐を決定。
だと思う。

37: 人間七七四年 2006/12/25(月) 22:26:13 ID:vzs6WMHa.net
>>32
猪俣の勝手な判断は、まず有り得ないと思う。
北条家の家臣統制がそんなレベルとは思えないし。

やはり氏邦か氏政じゃなかろうか。

33: 人間七七四年 2006/12/20(水) 08:45:34 ID:GDSMznxz.net
小田原城が謙信と信玄を撃退できたのに秀吉だと駄目だったのは、攻撃側守備側幹部の器量もさることながら支城群を落とされたことだろう
謙信らが1ヵ月とか2ヶ月程度の短期しか囲めなかったのは後ろの北条軍の残置部隊の影響があったからだが、秀吉軍は忍城を除く主要城を纏めて落としてる
いくら堅城でも孤塁じゃあどうにもならない

34: 人間七七四年 2006/12/20(水) 12:30:51 ID:XlxdXZ1j.net
上杉のは武田が越後おびやかすって危険があったからじゃね?

45: 人間七七四年 2007/04/01(日) 12:46:36 ID:SIh77B3V.net
謙信は越後国内が心配でたまらなかったんだろうな。
独立精神旺盛な越後国人を足元に置いておかないと何やらかすかわからんからな。
特に北越後の○北衆とか長尾一族とか・・・

66: 人間七七四年2008/05/25(日) 22:31:55 ID:TGB0BXRR.net
江戸にでも本拠地を移して5年ぐらいかけて小田原以外の北条方の城を 
全部落とせば自落したかも

233: 人間七七四年2017/05/08(月) 10:12:09.87 ID:aoszDKXb.net
上杉謙信を迎え撃ったときはまだショボくて、 
謙信が死に物狂いでやれば落ちてたんじゃないかって説聞いた 
なーんか北条も家来にできるんじゃないかってナメてたらしい

234: 人間七七四年2017/05/09(火) 18:25:01.47 ID:gpzWtmdY.net
謙信や信玄を退けたといっても秀吉を含めて本気の力攻めはしてないだろうな 
謙信の時は10万前後の大軍が集まったといっても本気で城攻めできる物資があったか疑問だし

235: 人間七七四年2017/05/13(土) 06:27:16.47 ID:xAHf6mHY.net
謙信の主目的は鶴岡八幡宮に行くことだからな

236: 人間七七四年 2017/06/17(土) 18:27:41.97 ID:bgqIq258.net
北条本家の籠る小田原城。 
本気の力攻めをすれば、自軍の被害も相当大きい。 
万一敗軍すれば、敵地の奥で寄せ集めの軍が瓦解しかねないから 
ほどほどに戦いつつ取り囲んで締め上げるのが良いが、 
北条家の別動隊が補給線を襲撃して長期の対陣が難しくなった。

49: 人間七七四年 2007/08/05(日) 20:56:04 ID:aTVRh6O9.net
北条家は内部崩壊したけど
やっぱり力攻めで落とすのは無理なんだろうな

しかし秀吉は天才だ

83: 人間七七四年 2009/02/08(日) 17:59:13 ID:MOn4qqUV.net
小田原衆所領役帳に職人衆が給人化されていて、
これを根拠に小田原には職人街があったように語られてるけど、
職人衆の内訳は鎌倉や三島に住む職人ばかりで、どうも眉唾くさいな。

84: 人間七七四年 2009/02/13(金) 05:22:01 ID:z6O3/prA.net
北条五代の間に四回も灰燼に帰した珍しい城下町。

94: 人間七七四年 2009/04/06(月) 20:40:53 ID:KDDaHZSc.net
小田原市は好きだが、後北條氏の顕彰が過剰でいやだね。

99: 人間七七四年 2009/05/25(月) 20:20:54 ID:g/cUEQGg.net
小田原の知名度を飛躍的にあげたのは事実だからしょうがない
北条がいなかったら新幹線も止まらなかったはずだw

103: 人間七七四年 2009/09/14(月) 14:03:37 ID:xU9fuP7o.net
小田原なんかに城造るあたりに北条の限界を感じるお( ^ω^)

104: 人間七七四年 2009/09/14(月) 18:49:36 ID:je4MI4CI.net
造ったんじゃなくて大森から奪ったんだろ

106: 人間七七四年 2009/09/15(火) 06:56:26 ID:I3lQJVyu.net
なぜ小田原にこだわるのかわからん。
関東支配するのに隅っこで不便だろうに。
氏綱時代に鎌倉あたりに引っ越しててもおかしくない

107: 人間七七四年 2009/09/15(火) 14:42:58 ID:klaKSxsB.net
少なくとも氏康の時代までは北条は南関東の勢力でしかないし、西も向かないといけなかったから、
勢力圏の範囲から言っても小田原あたりでで正解だろう。
勢力が北関東まで拡大した氏政期には、もっと北に根拠地をもって来るべきだったとは思うが。

ただ、小田原を中心とした奉行システムが上手く機能しすぎてて、移すに移せない状況
だったのかもしれないがな。

1111: 
過ぎたるは及ばざるが如し1600/10/21(水) 00:00:00.00 ID:rekichiho
引用元;http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/sengoku/1161368856/