o0594031713339263182


1: 人間七七四年 2007/03/10(土) 19:58:47 ID:fPLRBhul
信玄、信長、幸村みたいな中期、後期の武将にくらべ
松平清康や浅井亮政、朝倉教景のような初期の武将ってよく知らないので語ってください。

3: 人間七七四年 2007/03/10(土) 20:47:25 ID:EdeWeG5A
北条早雲

4: 人間七七四年 2007/03/10(土) 20:50:59 ID:HAV/uZdD
尼子経久は?

33: 人間七七四年 2007/08/07(火) 09:39:57 ID:BTA1e32k
>>4
経久と(新宮党)久幸とのツートップは強そうだ。

8: 人間七七四年 2007/03/11(日) 10:46:34 ID:X59icQHw
織田信秀もはいるのかな?

11: 人間七七四年 2007/03/11(日) 20:48:32 ID:1YsXth+m
両上杉の歴代当主や足利成氏。
そして太田道灌と長尾春景。
最後に今川氏親、北条早雲と明応の政変の関連。
個人的には最高に面白い時代だと思う。

12: 人間七七四年 2007/03/14(水) 17:51:53 ID:cnVP16Q5
つ【大内義興】
この人と尼子経久は毛利元就に大きな影響を与えたとオモ

13: 人間七七四年 2007/03/14(水) 22:39:08 ID:s9jFdxWb
赤松家を再興した忠臣であり名将の浦上則宗公

91: 人間七七四年 2009/08/23(日) 13:20:38 ID:m8TGo+Yf
>>13
今更だが忠臣はねーよw

山名侵攻のどさくさ紛れに赤松を追い落とそうとしてる。

14: 人間七七四年 2007/03/16(金) 00:17:44 ID:UlKv3oSa
戦国初期が舞台の物語は江戸時代に成立したものを含めても
かなり少ない気がするな。

16: 人間七七四年 2007/03/19(月) 00:07:34 ID:t4fFpaJV
武田信長もはいっていいか

18: 人間七七四年 2007/03/19(月) 03:04:41 ID:qBXNNtEt
武田信長は確かに名前負けしないくらいに名将だけど
時代が応仁前の人だから微妙

20: 人間七七四年 2007/04/13(金) 01:04:39 ID:/9K3Ze+y
龍造寺家兼は中期か…

21: 人間七七四年 2007/05/23(水) 17:06:54 ID:C9FVZ7i2
伊達植宗はどないでしょうなぁ。
大伊達主義で内外を混乱に陥れた張本人のように見られているようですけど、
周囲の大名豪族に対する影響力を伸ばしたのはこの人の代ですよね。

22: 人間七七四年 2007/05/23(水) 18:18:34 ID:/K8pN9LN
名将には違いないが、
今川義元同様、詰めの甘さでどうしても評価が厳しくなる

23: 人間七七四年 2007/05/23(水) 19:11:48 ID:8qvYGrDT
>>22
天文の乱は稙宗と晴宗の見解の違いであり、どちらかが悪いというわけではないけどね。
稙宗は足利将軍家と仲が良く、足利義稙から偏諱を受け、左京大夫に任官されている。
また、塵芥集を制定したり陸奥守護を獲得したりと、なかなか活躍している。

25: 人間七七四年 2007/06/29(金) 01:11:59 ID:QbSFjeI/
>>23
稙宗の思惑通りに進めば、越後上杉家を乗っ取れたのになw
そうなると、長尾景虎が上杉謙信になることもなかったか。

28: 人間七七四年 2007/07/04(水) 02:26:59 ID:hfF8u4+E
>>25
伊達じゃ形の上では乗っ取ることができても
国人たちを統率するのは難しいんじゃね

26: 人間七七四年 2007/06/29(金) 01:37:18 ID:nCRVxoJR
宇喜多能家とか本山茂宗とか

27: 人間七七四年 2007/07/04(水) 00:42:26 ID:QBFNCqdv
島津忠良(日新斎)

29: 人間七七四年 2007/07/04(水) 08:53:41 ID:62mBAoWK
足利持氏と上杉憲実をノブヤボに登場させて知名度を高めよう!

30: 人間七七四年 2007/07/05(木) 00:26:05 ID:TjNDpNOZ
それは戦国初期というレベルじゃないぞ。

31: 人間七七四年 2007/07/09(月) 00:56:49 ID:IGtJ9zFz
木沢長政
行動や人物が弾正殿と被ってる

32: 人間七七四年 2007/07/11(水) 07:23:54 ID:psnRn7WO
対面したとき信秀から受ける迫力は、信長以上だったような気がしてならない

信秀が長生きしていたら歴史はどう変わっただろう

37: 人間七七四年 2007/09/20(木) 19:03:03 ID:28xyCAe+
やっぱ初期で好きな武将は朝倉宗滴 三好元長 尼子経久かな

39: 人間七七四年 2007/09/21(金) 00:56:50 ID:9zZvpJzG
北条早雲とか大田道灌とか、武将ってだけじゃなくものすごいインテリで超エリートなんだよな。
出自も含めて戦国初期の将は、そういう筋目のはっきりしたのばっかりだな。下克上の世の中はまだ先。

40: 人間七七四年 2007/09/21(金) 08:56:51 ID:RTvmzokN
上杉憲実が創建した足利学校で道灌は学んだ

43: 人間七七四年 2007/10/18(木) 00:05:45 ID:Gv4m6Alb
大友親繁
三浦時高
あたりはどうだろうか。

44: 人間七七四年 2007/10/18(木) 00:56:41 ID:QzK1DS2H
「戦国」の始まりを応仁の乱でとるか明応の政変でとるかで変わってくるかな。
時期で分けると前者では入り、後者では落ちるボーダーライン上の名将たち。

●東常縁(1401?~1484)
本国は美濃郡上。室町幕府奉公衆として京都にあった。
将軍家の命で1455年関東の千葉氏の内紛に介入(東氏は千葉一族)、
千葉実胤・自胤を擁して関東を転戦、千葉孝胤派(古河公方足利成氏が支援)と争う。
関東滞在中に応仁の乱が発生し、所領の郡上を斎藤妙椿に奪われるが、和歌を送って返してもらう(両方とも風流だな)。
二条派の堯孝に和歌を学び、宗祇に古今伝授を行った「古今伝授」の祖として、文学史でも有名人。

●斎藤妙椿(1411~80)
美濃守護代斎藤宗円の子。守護代となった甥の利藤の後見人の立場でありながら
守護土岐成頼を圧倒(妙椿は守護代でもないのに従三位権大僧都と官位も上)、
美濃一国を平定。公家や寺社領を奪う。応仁の乱では西軍に属して東軍方の所領をがっつり没収。
さらに近江・伊勢・尾張にも侵攻。越前の朝倉・甲斐氏の争いを調停するなど、周辺国に影響を及ぼす。
妙椿以後斎藤家は分裂、内紛を勝ち抜いた当主の戦死もあって弱体化。
のちに長井規秀(斎藤道三)が斎藤家の名跡を継ぐことになる。

●朝倉孝景(英林)(1428~81)
越前守護斯波氏・守護代甲斐氏の政争を潜り抜けて勢力を伸ばし、
応仁の乱中に西軍から東軍への寝返りを敢行、見返りに守護職を掴み取り、朝倉五代の礎を築く。
公家や寺社の所領を召し上げて「天下一の極悪人、天下悪事始業の張本」と呼ばれ、
その死を「天下の慶事」とまで公家の日記に書かれた男。
成り上がりで裏切りで武断派なワイルド朝倉。義景ばかりみてるとイメージが違う。

46: 人間七七四年 2007/11/16(金) 08:55:08 ID:lGJhFuwp
関東の戦国は足利持氏と足利義教の対立からかな?
それとも小山の乱か禅秀の乱あたりかな。

47: 人間七七四年 2008/01/13(日) 18:33:04 ID:rdlz2WK8
関東の本格的な戦国は享徳の乱からじゃない?
まあ、成氏が元服時点で戦国かもしれないけど
本格的な争いは1450年代に入ってからだと…

48: 人間七七四年 2008/01/13(日) 21:33:49 ID:DnE0OxON
英主関東管領上杉憲実からだろ。

50: 人間七七四年 2008/03/19(水) 19:55:17 ID:pQnIEhKf
畠山義就が好きだな。
なんかただ暴れまくってるだけに見えるがちゃっかり幕府から河内大和と摂津欠郡をもぎとってるあたりが

53: 人間七七四年 2008/03/25(火) 19:34:11 ID:HqB9ET0o
戦国初期は結局滅びちゃった勢力が活躍するからいいよね。
おれは三好元長 伊勢新九郎 朝倉宗滴が好きだ

56: 人間七七四年 2008/09/21(日) 08:20:47 ID:b0XYVuua
三好之長とかしぶい。
若い頃は京のごろつきを集めて徳政一揆の首謀者になったりとかなりやりたい放題
戦は強いが粗暴なため京の人達から嫌われていた

57: 人間七七四年 2008/11/10(月) 06:58:25 ID:nrnPqJZ8
戦国初期に勃興しても、末期には没落してしまった家も多いからな
浦上・朝倉・斎藤・尼子・龍造寺・三好etc

58: 人間七七四年 2008/11/20(木) 08:46:54 ID:uUJ+sXDV
戦国初期には巨大な権限を持っていた、管領家の被官たちの没落は悲しいものがあるな。

香川、安富、上原、薬師寺、越智、古市、遊佐、甲斐、…

59: 人間七七四年 2008/11/23(日) 00:44:35 ID:eRpkXwmJ
ノブヤボでの扱いが悪いって程度で
そこそこの勢力はもってたのでは

60: 人間七七四年 2008/11/25(火) 02:59:34 ID:rTEM3abl
遊佐はまだいい方じゃないか?
途中までは三好とくっついてたんだし

61: 人間七七四年 2009/01/25(日) 00:27:12 ID:u5jz4IYp
朝倉宗摘が一番

63: 人間七七四年 2009/02/04(水) 15:55:51 ID:fe6rHG2f
尼子経久ですよ

68: 人間七七四年 2009/03/04(水) 13:13:19 ID:BY7edfmq
>>63
だよな。


でも歴史群像の特集みて長尾景春と太田道灌も凄いと思った

64: 人間七七四年 2009/02/08(日) 13:10:50 ID:R6zmht9+
一色義貫を討った武田信賢は間違いなく名将
応仁の乱にも参加してるからギリギリオーケーだな

69: 人間七七四年 2009/03/04(水) 13:23:49 ID:KVbDwnhr
長尾景春はマジ名将だよ。
山内扇谷越後上杉の超大軍を率いる道灌相手に寡兵でゲリラ戦を続け討ち死にせずに関東ド真ん中で暴れまわり天寿を全うしてんだから。
しかも謀殺された道灌の主だった扇谷上杉定正の正妻は景春の姉妹と言う怪しさ。
道灌が殺害されると景春は扇谷上杉の軍師になって山内上杉軍を撃ち破るし。
敵に回すと危険過ぎ!

70: 人間七七四年 2009/03/04(水) 13:32:50 ID:BY7edfmq
しかもそれまで単体としていた城や砦を連携させて防衛ラインとして機能させることで寡兵をもって大軍に対抗するという画期的な変革を起こした最初の人なんだよね。


太田道灌がいなければ反乱成功で独壇場だったね。

75: 人間七七四年 2009/03/06(金) 16:16:51 ID:Cifk4YQy
大内義興と三好之長の細川を担いだ京争奪戦とかかなり面白い。

79: 人間七七四年 2009/07/08(水) 22:32:19 ID:n4HuOY7s
浅井亮政
尼子経久
伊勢宗端
一条房基
大内義興
太田道灌
織田信秀
吉川基経
島津日新斎
武田信虎
長尾為景
長尾景春
龍造寺家兼


怪物だらけ

80: 人間七七四年 2009/07/09(木) 03:35:18 ID:sxKtz2pB
>>79
織田信秀は戦国中期だろ。
戦国初期の織田といえば織田敏定。
あと斉藤妙椿も入れて欲しいな。

81: 人間七七四年 2009/07/09(木) 15:40:48 ID:gr7OwBzU
足利成氏もわすれちゃいかん

82: 人間七七四年 2009/07/09(木) 16:16:55 ID:QPhOw9zo
「今川仮名目録」という独自の分国法を作り
荘園制を無くし農地改革し今川家を確固たるものにした
今川氏親を忘れてもらっては困る。

87: 人間七七四年 2009/07/09(木) 20:25:07 ID:sxKtz2pB
>>82
氏親は北条氏綱と並んで、伊勢宗瑞のよき弟子ってイメージ。
そういえば敵方である扇谷朝興も、宗瑞の花押真似したりしてるな。

89: 人間七七四年 2009/07/10(金) 02:26:46 ID:OkSkFjhO
小笠原長棟も名君と名高いな

90: 人間七七四年 2009/08/23(日) 12:56:32 ID:UsWFh3N4
信濃四将の親はみんなそれなりに評価高いよな

92: 人間七七四年 2009/08/23(日) 22:48:40 ID:3ne03t26
相馬顕胤は初期に入るのかな?

93: 人間七七四年 2009/08/25(火) 01:33:02 ID:F41xIoQV
>>92
微妙だな
1520年からは前期くさいからな
まあ、名君であるとは思うが

99: 人間七七四年 2010/06/25(金) 03:53:05 ID:eBu04YiQ
良スレなのに伸びないな 朝倉孝景 尼子経久 龍造寺家兼

100: 人間七七四年 2010/07/02(金) 11:17:59 ID:lCbRmmXe
その辺はやっぱり資料が少ないからな。話す内容も限定的にならざるを得ない。

103: 人間七七四年 2010/12/21(火) 23:54:57 ID:eOqZj02M
京兆家研究もこれからどんどん深めていくべき世界だね。

104: 人間七七四年 2010/12/22(水) 00:42:38 ID:nkZj+NhS
>>103
今のところ畿内しかも戦国大名としての領国化の文脈に偏りすぎてるからねえ。
本拠地だった四国は謎だらけ

108: 人間七七四年 2010/12/26(日) 18:29:53 ID:uAG8gc+W
>>104
京兆家の本拠地中の本拠地は讃岐だからね。讃岐と京兆家権力は切っても切り離せない。

117: 人間七七四年 2011/12/10(土) 00:12:12.99 ID:njx4YYju
結城氏朝・持朝父子
まさか嘉吉の乱まで連鎖するとは。

119: 人間七七四年 2012/06/11(月) 10:36:46.85 ID:fvxs281x
従来、道三一代のものと見られていたいわゆる「国盗り物語」は、新左衛門尉と道三の
二代にわたるものである可能性が非常に高くなった。父の新左衛門尉と見られる名が古
文書からも検出されており、大永6年(1526年)6月付け「東大寺定使下向注文」(『筒
井寛聖氏所蔵文書』所収)および大永8年2月19日付「幕府奉行人奉書案」(『秋田藩採
集古文書』所収)に「長井新左衛門尉」の名が見えている。一方、道三の史料上の初出
は天文2年(1533年)6月付け文書に見える「藤原規秀」であり、同年11月26日付の長井景弘・長井規秀連署状にもその名が見える。

120: 人間七七四年 2012/06/13(水) 20:22:43.06 ID:vQpNanRp
>>119
のし上がった道三

121: 人間七七四年 2012/06/13(水) 21:00:01.97 ID:p2x/JXER
斎藤妙純と赤沢宗益もなかなかの名将だろう
ただし無残な末路を迎えるがな

122: 人間七七四年 2012/06/24(日) 03:30:08.87 ID:GNuwgBwA
半将軍細川政元
ある意味上杉謙信をしのぐガチな人

130: 人間七七四年 2013/06/21(金) 10:52:51.04 ID:MF4QdTjw
関東の戦国初期だと岩松氏なんかがキーパーソンになってたりするな。
北条が大きくなった頃にはもう見る影もないが

131: 人間七七四年 2014/06/21(土) 21:56:02.08 ID:UheSqOcq
北関東の室町後期~戦国初期の名将
長尾景仲、長尾景信、長尾景春、宇都宮等綱、小山持政
芳賀景高、宇都宮成綱、佐竹義舜、結城政朝、小田政治、
那須高資

132: 人間七七四年 2014/07/26(土) 15:05:27.03 ID:NhOkfCQj
戦国初期を彩る名匠 赤松政則
古今の大名で随一の刀工

41: 人間七七四年 2007/09/22(土) 16:39:51 ID:kNHNr6jD
歴史ゲームに登場してくれれば知名度あがるんだがな。

1111: 
過ぎたるは及ばざるが如し1600/10/21(水) 00:00:00.00 ID:rekichiho
引用元;http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/sengoku/1173524327/