o0594031813331026735


1: 人間七七四年 2008/08/30(土) 02:50:45 ID:F5DSMWDV
優秀な兄達に劣らぬ働きをした中々影が薄い元清
その長男、長府藩初代藩主・秀元などを中心とした毛利事情について語りましょう

3: 人間七七四年2008/08/30(土) 03:40:03 ID:Hr7AB1te
元清はまだマシだよ 
その下の弟達、まあ秀包は例外としてそれ意外の知名度の低さは悲惨

38: 人間七七四年2008/11/16(日) 00:09:11 ID:xtamUrgX
>>3 
元就のマイナーな息子連中スレ立てたいんだけど、 
元清でこの有様だからやめたほうがいいかなと悩んでいる。 
個人的には毛利元政のファンなんだよね。人柄が素晴らしかったと。まあ、実際はしらんけどw 
ついでに元清と同じかあちゃんだし。 

でも、元清といったら就辰か。 
ペアみたいなもんだなこの二人。

5: 人間七七四年 2008/08/30(土) 11:13:52 ID:oy1SCobP
4本目と9本目はまだ陽があたるほうだよな。

出羽とか椙杜とか・・・

6: 人間七七四年 2008/08/30(土) 18:55:45 ID:bjNaZ4bo
大河ドラマでもほとんど触れられなかったな
輝元と同年代で仲も良かったというが

7: 人間七七四年 2008/08/30(土) 19:12:58 ID:JRntUhJx
輝元のよき相談役だったという
秀吉にも親子でかわいがってもらった
ttp://www.asahi-net.or.jp/~JT7T-IMFK/taiandir/x140.html
↑主なことはここに書いてあるね

8: 人間七七四年 2008/09/01(月) 02:04:44 ID:HDS9CXVn
四本目の矢と言えば、隆家・五龍の局夫婦も「四本目の矢」って言われるのを見たことがあります。
元清と宍戸夫婦どっちが正式に「四本目」の肩書きを持っているんですか?

あと、元就の子供で女の子って五龍の局だけなんですか?
あと9人くらいは全部男の子でいいんですか?

できれば教えてください!

9: 人間七七四年 2008/09/01(月) 04:44:49 ID:Pb1l17+g
ざっと調べてみました。
元就の長女(隆元の姉、母は妙玖)は二歳くらいで高橋元光(興元嫡子幸松丸の母方祖父)の養女に。
1529~30年あたりに高橋氏を滅ぼすにあたり長女は奪回できず亡くなったと思われる。
次女(母妙玖)は宍戸隆家室五龍局。二人の間の次女は元春の長子元長室。三女はおぼっちゃま輝元室。
三女(母は三吉氏)上原元将?元佑?室。織田方の諜略で夫が寝返った時、三女は毛利方に奪回される。
元就の息子は全部で10人。
継室乃美大方との間に元清、元政、秀包。
側室三吉氏との間に元秋、元倶、元康。
三男隆景と四男元清の間に隠し子二宮就辰。

四本目が隆家か五竜局かはよくわかりませんが元春と五龍局は仲がよろしくなかったそうです。
隆元と隆景の仲もあまりよろしくなかったようです。
三子教訓状の回覧順が隆元からご近所の元春をすっとばして三原の隆景の元に先に回ったのも
隆景を諫めるものだったという話もあります。

12: 人間七七四年 2008/09/01(月) 16:00:53 ID:HDS9CXVn
>>9
ありがとうございます!
妙玖の子は女の子も三人居たんですね。
えらく男児の確率が高いなぁ、と思っていたので、ちゃんと女の子も居たと聞けてよかったです。

……そういえば、「三本矢」すら後世の創作なので、四本目なんて未確定に決まってますよね。
すみません。ありがとうございました。お手数おかけします。

兄弟仲が良くないからこその訓戒、ってのは小説で読んだことあります。隆元の死で仲良くなった、とも書かれていた気が…
まあ、同母兄弟異母兄弟が殺し合う時代にしては仲良かったと、自分に言い聞かせておきます。

でも隆景と元清は仲良いですよね?
二宮を一門に加えたのも隆景って聞きます。
庶子には風当たり良かったとしたら、おもしろいですね。

20: 人間七七四年 2008/09/03(水) 01:22:43 ID:m8fcsYI+
>>9
子のいない中の丸がデカい顔していられたのが不思議だ。
若い乃美や三吉や隆元妻からしてみたら、このおばさん何?だったかも。

23: 人間七七四年 2008/09/06(土) 13:38:08 ID:VYaB+myF
>>20
江戸時代と違って奥方や側室は子供作ってればいいってわけじゃない

北政所だって子供いないけど終生秀吉から一目置かれてた

家中や奥向きや家臣らの面倒などいろんなとこに気配りが効いて頼りにされてたらしいな

24: 人間七七四年 2008/09/07(日) 14:08:32 ID:aSnkResJ
>>23
隆元が輝元の髪置きの儀式をすっかり忘れていたのを、注意したのも中の丸だしな
確かに気配り上手だ

しかし歳の違う兄弟ってどんな感じかね
元清から見た隆元、元春、隆景なんて親ぐらい歳が違う訳だし

92: 人間七七四年 2015/01/06(火) 21:01:18.69 ID:a6AXmMrU
>>20
中の丸殿は個人的には
妙玖死んだ後に奥向きの事を切り盛りしてた女が、
なんとなくそのまま側室待遇になったんじゃないかと思ってる
同時期に杉の方も亡くなったし、
元就曰く家族間の仕切りもしっかりできるような
賢妻の跡目を継げるような人が他にいなかったのではないかと

13: 人間七七四年 2008/09/01(月) 16:21:44 ID:Pt/QQs9i
家中の席次と身代を考えたら宍戸のほうが四本目にふさわしいね

16: 人間七七四年 2008/09/02(火) 00:39:28 ID:Tb5QYDpQ
関ヶ原以降も生きてた兄弟は全員毛利に復姓したんだっけ?

17: 人間七七四年 2008/09/02(火) 00:50:06 ID:9I+MtsD2
そこで復姓させてもらえない吉川一門。

18: 人間七七四年 2008/09/02(火) 01:00:40 ID:oA8Awmbj
元春の次男と広家の次男は毛利姓に戻ったような。

19: 人間七七四年 2008/09/02(火) 01:21:46 ID:doe5LnPL
繁沢と吉川
戻りきってないぞ

28: 人間七七四年 2008/09/07(日) 21:48:34 ID:Ys/64kO+
>>19
元氏の子孫は阿川毛利家
広家の次男の子孫は大野毛利家

27: 人間七七四年 2008/09/07(日) 18:18:34 ID:Y8s9t/oA
この人を含めて毛利一族って短命が多いな。
長生きといえるのは元就と輝元くらいか?

29: 人間七七四年 2008/09/11(木) 07:16:15 ID:4NOATusA
秀元もそこそこ長生きじゃなかったか

48: 人間七七四年 2009/01/30(金) 18:37:09 ID:73ivTbYT
穂井田じゃなくて穂田で記憶してたんだがこっちが正しいのか

53: 人間七七四年 2009/04/09(木) 11:26:01 ID:ALHxoP7u
ていうか元清に限らず
輝元は叔父さんたちを頼りすぎ

穂井田元清:1597年8月21日死去
小早川隆景:1597年7月26日死去

元清は隆景の死を知っていたのかな

54: 人間七七四年 2009/04/09(木) 12:25:58 ID:gnsVooaC
どちらの方が長生きできるか競ってたそうな

55: 人間七七四年 2009/04/09(木) 14:54:09 ID:7LWPR7Bs
元清は弟天野元政に「何事も景さまに相談するように」と言っている。
小早川殿とか兄上じゃなくて景さまってのがなんかかわいいな。

元清の母は乃美大方、弟秀包は隆景の養子、妻は来島。
小早川家にかなりちかい人物。
元清の子の秀元が宗家の養子に決まったとき輝元、複雑だったと推測。
(輝元は内心隆景がうっとおしかったようである、という逸話を読んで)

58: 人間七七四年 2009/04/10(金) 09:25:01 ID:b7ft4xfY
>>55
隆景が死んでから、隆景の家臣に対する輝元の態度は
ひどく冷たかったような・・・

でも元清と輝元と隆景って3人仲良く京都とか
遊びに行ってる(秀吉に面会だが)のが
ほほえましい

60: 人間七七四年 2009/04/11(土) 08:46:56 ID:TR8dTN0i
>>58
いや、家臣が隆景マンセーすぎたんだよ
毛利に仕える事も秀秋に仕える事もよしとしなかったのか
井上春忠は出奔してしまったし、鵜飼元辰も出奔しようとしたから輝元が誅殺した
鵜飼なんか元は毛利の臣だったから輝元にしてみれば
お前には絶対仕えねーwと言われてるようなもんだし

61: 人間七七四年 2009/04/11(土) 17:03:59 ID:yRdm0HUw
>>58 >>60
三原隠居時ではなく隆景死後に毛利に戻ってる家臣も多いわけで
隆景系の家臣を冷遇したとか隆景マンセーとかそこまで単純な話ではないんじゃない?

どちらかというと集権化が進む前の毛利家から伊予筑前と隆景についてった人たちが
輝元の下に吉川系を含む集権的な官僚機構を整備してきたところに帰ってきて、
短期に実績のある有能な人たちが大量に増えたことでの軋轢とかかなと。

関ヶ原後の減封がきっかけとなって離れた小早川系の人も多いけど
清水景治や村上景親のように毛利家を出るつもりだった所を引き止めてる例もあるし。

56: 人間七七四年 2009/04/09(木) 15:19:28 ID:QPrDtCo/
輝元が頼りすぎと見るか、隆景が口出し過ぎと見るかで大分違うよな
実際輝元が叔父を頼る手紙も残っているし
隆景聡明・輝元暗愚の図式が完全に出来上がっているから(勿論二人の経歴を比べればそうなるのは当たり前だが)、
前者の意見になりやすいけど、少なからず後者の面もあると思う

でも輝元が元清・秀元を疎ましく思ってたかな?
年が近いから結構仲良くやってそうなんだが

57: 人間七七四年 2009/04/09(木) 15:47:01 ID:Sv/gTlOf
輝元と元清以降の叔父とはほとんど同世代だから関係はよかったかも。

でも、実子秀就が生まれてからは、輝元、秀元の関係は確実に微妙では?
さらには関ヶ原後の毛利家内にはそこに広家が絡んでくるわけで。

杉元宣、熊谷元直とか内藤元盛(佐野道可)の件と事後の収拾を見てると輝元は好きになれないなぁ。

74: 人間七七四年 2010/11/15(月) 00:16:57 ID:O6dZDrhH
早死にが悔やまれます

79: 人間七七四年 2011/08/26(金) 16:53:18.14 ID:BIZV8G5E
元就から虫けら以下の価値しかないから
どうなっても構わないと言われた人だね。

87: 人間七七四年 2012/08/15(水) 08:23:42.30 ID:d/URQvNN
>>79
そんなことは書いてないぞ
年少=虫けらと表現しているだけであって虫けらの価値しかないとか書いてない
それにどうなっても構わないと言ってるのは毛利家にとって役に立たない存在
になっていたらという時であってあんな意味でじゃない

84: 人間七七四年 2012/05/24(木) 22:16:50.39 ID:evok16zR
伊藤博文の主君である毛利敬親は元清の子孫だからねー。秀就が早く生まれたら明治維新も変わってただろうね。

85: 人間七七四年 2012/05/25(金) 05:18:18.13 ID:qd/8RWhe
長州藩は秀元系、秀就系が藩主をやったが、両川は毛利秀元と吉川廣家

88: 人間七七四年 2013/02/22(金) 00:51:38.39 ID:7tHeoKuS
長生きすべきやったな

89: 人間七七四年 2014/02/21(金) 13:57:59.71 ID:gzq83+km
輝元の信は厚かった

90: 人間七七四年 2014/09/06(土) 16:40:14.09 ID:8aE/5Uf8
幕末の長州藩主は元清の子孫

93: 人間七七四年 2015/04/16(木) 00:34:29.30 ID:JctoMmnv
元清の養父元祐は三村の庶子だったから分家したことで穂井田を名乗ったんだよね。
>>90そう。敬親は元清の子孫なんだよな。

91: 人間七七四年 2014/12/05(金) 10:17:26.99 ID:bQ9a8PHI
大河ではスルーされてるな
akと同じ裁量を認められてたのに

98: 人間七七四年 2016/06/26(日) 08:02:43.25 ID:mZqZUoHZ
穂井田は勝ち組

<豊臣大名としての石高>
 毛利隆元 - 毛利輝元  (安芸広島120万5000石)
 吉川元春 - 吉川広家  (出雲富田14万2000石)
 小早川隆景      (筑前名島37万1300石)
 二宮就辰
 穂井田元清 - 毛利秀元(周防山口20万石)
 毛利元秋
 出羽元倶
 天野元政
 末次元康
 毛利秀包 (筑後久留米13万石)

101: 人間七七四年 2018/04/07(土) 23:25:54.85 ID:NeKOqPkl
死んでなければ秀元と広家の対立を抑えられたんじゃないか
引用元;http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/sengoku/1220032245/