aff662b807357d1734dd94bde7d4b8b3_l


1: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)12:51:53 ID:hAN

後醍醐天皇、幕府に反乱を持つ集団を率いて鎌倉幕府を滅ぼす

後醍醐天皇「俺は天皇だ、お前らと違う」←反発する勢力多数

足利尊氏(九州を中心とした地方勢力)VS後醍醐天皇(中央勢力)、決着はつかず寿命エンド

尊氏、幕府を開くが政情が不安定だったこともあり基本的に幕府の力は弱い

義満の時に西国大名が一時的に弱体化、なお信濃より東の東国大名は

義満以降、やっぱり幕府弱体化、赤松氏暴れる

2: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)12:52:30 ID:IXZ
初っ端が戦国時代じゃない件について

4: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)12:52:40 ID:Rro
思ったより適当じゃないやんけ

6: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)12:53:17 ID:3bb
戦国時代は義教暗殺以降ちゃうんか

8: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)12:53:54 ID:Abs
室町も実質戦国時代という風潮

17: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:02:24 ID:7cM
>>8
保元の乱から大阪の陣まで日本はずっと戦国時代

9: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)12:54:13 ID:tWW
後醍醐天皇とかいう武士と公家両方から大反発食らった天皇界のレジェンド

12: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)12:55:26 ID:3bb
嘉吉で義教が部下の赤松に暗殺?下克上の最初の例やと思うんやがな

13: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)12:55:36 ID:8vB
戦国につながる流れからちゃんと解説してて草

14: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)12:55:55 ID:hCp
ゴダイゴ天皇?

15: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)12:57:34 ID:JlN
>>14
室町幕府の初代将軍である足利尊氏と対立した天皇やで

戦国時代の原因には室町将軍の権威が弱い、つまり発足時に問題があったとも言えるしそっから振りかえらなアカンのやない

16: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)12:58:39 ID:hAN
②応仁の乱

将軍を殺した赤松氏を山名宗全が討つ→山名氏全盛期へ

義政政権後3勢力に分かれる

幕府派(伊勢貞親)大名主権派(山名宗全)どっちもどっち派(細川勝元)

ほぼ同時期に足利持氏以降暴れてた古河公方、完全に独立(東国、戦国時代突入へ)

義政、畠山家の内乱を煽って諸大名の弱体化を謀る

何故か畿内の火薬庫、大和で内乱(筒井家や十市家)(応仁の乱1)

飢饉とかいろいろあって、幕府の弱さが露呈&幕府でお家騒動(将軍誰にするか)発生

山名宗全、義尚と操って幕府掌握しようと図る

畠山家の争い、宗全の裏切りにより細川派弱体化(応仁の乱2)

細川勝元、焦って義視と結託(応仁の乱3)

細川VS山名の争いへ、京都焦土化

34: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:20:22 ID:brx
>>16
共和制の悪いとこ欲張りセットで草

18: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:02:53 ID:hAN
③戦国時代へ

公家、ついに愛想を尽かして諸国へ逃げる(加賀・土佐・周防など)

九州、幕府弱体化に便乗して大内氏と大友氏、菊池氏が勢力強化

ほぼ10年で東北以外の日本全国の諸大名や豪族が勝手に地方を治め始める

義視派と義尚派の争い、まだまだ続き
幕府、ついに将軍が追放される(明応の政変)

とにかく不安定な世の中なので越前・畿内を中心にカルト宗教が勢力を伸ばす

20: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:03:36 ID:4Ex
歴史の教科書よりも丁寧

21: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:04:24 ID:3gk
応仁の乱はニコニコに解説動画があったな

22: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:07:43 ID:B0S
ここまで丁寧な解説は見たことない

23: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:11:01 ID:hAN
④三好政権へ

応仁の乱から50年ほど、大内・六角・細川の三勢力に集約

明応の政変の実行犯、細川政元頭がおかしくなる→細川家弱体化→家臣格だった三好氏の台頭

大内氏、ガチで天下統一目前だったが尼子経久や大友義鑑あたりが台頭し全盛期終了

六角氏も浅井亮政の独立により全盛期に陰り

この時期の諸大名
南部・伊達・佐竹・北条・越後長尾・武田・諏訪・小笠原・山内上杉・扇谷上杉
古河足利・今川・松平・織田・土岐・畠山・朝倉・若狭武田・浅井・六角・河内畠山
赤松・細川・三好(畿内派・阿波派)・一条・河野・尼子・浦上・大内・山名・大友
島津・相良・伊東

24: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:14:35 ID:B0S
このとき朝倉の全盛期か

25: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:16:24 ID:pCz
はえ~ノブヤボのクソザコやった赤松ちゃんにも全盛期があったんやね

27: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:16:57 ID:tWW
>>25
鎌倉倒幕の時は大活躍やったな
なお恩賞

28: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:17:07 ID:JlN
>>25
姫路城以外いいとこなしの大名の悪口はそこまでだ

31: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:18:40 ID:hAN
⑤三好家の興亡

三好政元、朝倉宗適と六角定頼を味方につけ細川から政権奪取をもくろむ

三好元長・細川晴元、管領の細川高国を倒す(巻き込まれる形で浦上氏弱体化)

木沢長政によって政元無事死亡

三好長慶、12歳で家督を継ぐ

長慶、四兄弟と共に畿内へ殴り込み、いろいろああって政権奪取(天下統一その1)

三好家、四国と畿内で仲違いするようになる

諸勢力との戦いで十河一存と三好実休が不運の死

長慶、頭がおかしくなる

松永久秀「長慶様の命令を忠実に実行した結果wwwwwwwwwwwwンゴ・・・」

長慶の死後三好三人衆が独立、松永久秀が鎮圧に乗り出すも義輝と大仏があの世行きという結果に

33: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:19:13 ID:hCp
三好長慶かわいそう

35: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:21:30 ID:Abs
こうしてみるとやっぱ戦争って嫌やなぁ(平和ボケ並感)

40: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:30:17 ID:hAN
⑥北条家の興亡

足利義政の家臣伊勢貞親、幕府の政治に行き詰まりを感じるようになる

貞親の甥が伊勢新九郎が関東で一旗揚げる→北条氏成立へ

早雲・氏綱の代で隣の今川家といい感じの関係作りつつ関東へ相模・伊豆の2国をほぼ手中に収める

新興勢力の台頭に足利晴氏とゆかいな仲間たちが危機感を募らせる

氏康、おらつく

足利晴氏、周辺の諸勢力をまとめ河越城を攻撃

城主の北条綱成は6か月間籠城するが基本的に劣勢
北条氏康、古河公方に土下座しながら8000の兵を率いて河越城に救援開始

古河勢力、相手が下手に出ているので勝ったと確信、和睦を拒否

氏康・綱成、奇襲に成功→扇谷上杉氏滅亡&足利晴氏、信用を失い北条氏康に従属

北条派(北条・結城・多賀谷・高城)反北条派(佐竹・里見・小田・山内上杉・太田)どっちもどっち派(佐野・成田・上野長尾・上田)
そんなことより下剋上だ派(宇都宮・白河・江戸・大河原・那須)

なんだかんだで北条が終始有利、調子に乗って古河公方の当主に女性を据えたりやりたい放題

氏政慢心する、そして滅亡。なお反北条派の佐竹江戸時代ではトップ10に入るぐらいに大勢力に、太田も中堅大名
江戸時代に古河公方も生き残るが、なぜかホテル経営に目覚める

41: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:31:14 ID:JlN
韮山城ってかなり難攻不落やったらしいやん

42: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:32:17 ID:7ih
創造ではシステムと噛み合って北条クッソ強かったな

43: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:32:25 ID:B0S
北条もちゃんと解説するとは
今年一番の有能イッチやで

44: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:34:31 ID:Abs
全然織田でてこなくて草
今川ってガチの名門だったんすねぇ~

45: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:35:51 ID:JlN
>>44
公方絶えれば吉良が継ぎ 吉良が絶えれば今川が継ぐ
とまで言われてたから多少はね?
なお吉良

46: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:36:45 ID:hAN
⑦戦国時代前期に活躍した勢力の弱体化

大内氏←(攻撃)-尼子氏←(攻撃)-毛利氏(with 安芸・周防の国人衆のみなさん)

京極氏←(下剋上)-六角氏←(下剋上)←浅井氏-(一時的に同盟)→朝倉氏-(攻撃)→一向宗-(攻撃)→富樫氏

少弐氏←(下剋上)-龍造寺氏←(支援)-蒲池氏-(支援)→大友家-(覇権争い)→大内氏

織田、越前長尾や長宗我部、斎藤あたりの下剋上勢力が徐々に増える

三河武士、空前の当主リセマラブーム到来。なおやりすぎて今川氏に領地を奪われる

48: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:40:24 ID:wpl
京極氏←(下剋上)-六角氏
って、元々、京極の方が六角(佐々木)氏の分家筋な件について

49: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:46:31 ID:hAN
⑧三国同盟とKOEI戦国時代の始まり

武田家 甲斐だけじゃ領国経営は無理、せめて交易港が欲しいが南の今川は強すぎる。信濃を抜けて飛騨・越前ルートを構想
北条家 関東統一が最終目標。でも佐竹・太田・里見の北条包囲網に加え、北から毘沙門天ガイジ、東から風林火山ガイジが定期的に攻めてくる
今川家 河越夜戦以降北条家との関係がぐだぐだ。東海道の交易路は確保したが、尾張の交易圏を手中に収め支配を盤石なものにしたい

太原雪斎の提案で当主の息子・娘同士を結婚させて三国同盟を成立させる←強い

誰とは言わんがルールを破った一人のせいでみんな不幸になった模様

義元、三国同盟を受けて2万5000を率いて尾張に進軍

【悲報】雨、そして

悲しいなぁ

織田信長、熱田神宮の経済効果を基盤に斎藤家と同盟&尾張統一に成功。副産物で今川義元の首をゲット

このころ義視派(三好長慶)と義尚派(細川藤孝)の争いが最終局面を迎える

足利義輝討たれる(永禄の変)細川藤孝、義輝の弟、義昭を連れて逃亡
久秀と三人衆は義栄を擁立

50: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:48:31 ID:pAn
ワイ馬鹿、義元1人が討たれたら国そのものがあっちゅう間に弱くなるってのがよくわからん
そんなにワンマンやったんか?

51: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:48:53 ID:hCp
>>50
義元と一緒に有能もいっぱい死んだんじゃなかったっけ

52: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:49:30 ID:tWW
>>50
義元と一緒に重臣大量に死んだからな
野球で言えば監督とコーチ、レギュラーの半分が死んだようなもん

55: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:55:26 ID:
>>51>>52
家臣格も死んだが大ダメージって訳ではない
大物崩れも嘉吉の乱も大寧寺の変も当主討死=滅亡確定レベルでヤバい

当主の息子が弔い合戦するのが普通だが、氏真が領国安定化に走りすぎて諸勢力の支持を失った(あいつは戦争する能力がないと判断される)
結果、西の勢力(飯尾・天野・菅沼・奥平・牧野・井伊)が松平とコネクション持ち始めた

⑨上洛への道

足利義昭、諸大名に支援を募る

明智光秀の提案によって美濃・尾張を支配下におさめた織田信長に支援要請

信長、堺の大交易圏が手に入るうま味もあり承諾、上洛開始の準備を始める

西の守り:武田信玄と松平元康と同盟
東の攻撃:北畠攻撃は一旦中止
北の守り:三木家といい感じの関係に

強敵六角氏・・・のはずが観音寺騒動でほぼ無抵抗で素通り

松永久秀とも戦らしい戦はせず降伏

斎藤龍興が三好三人衆と結託し京都を攻撃するが、明智光秀と細川藤孝によって撃退される(本国時の変・六条合戦)

織田信長、義昭を擁立に成功(第2の天下統一)

54: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:51:43 ID:pCz
やっぱりあれなんやな
交易権の確保が領土拡大の第一の目的なんやな

56: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:57:19 ID:hCp
氏真とかいう生まれる時代を確実に間違えた男

57: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:58:28 ID:wpl
>>56
大名としては失格やけど、生き残り能力やったら、戦国屈指やで。

58: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)13:58:32 ID:FXe
>>56
今は生まれ変わってポルトガル代表でレアルマドリードにおるぞ

59: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)14:00:12 ID:wpl
このころ義視派(三好長慶)と義尚派(細川藤孝)の争いが最終局面を迎える

やけど、既に義材も嘉尚もおらへんし、義澄系統=関東公方系統しか残ってなかったんちゃうん?

60: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)14:04:13 ID:hAN
⑩毛利と島津

大内と尼子の争いが激化

周辺の国人衆疲弊、合議制に近い新政府を望み始める

毛利元就、安芸を中心に有力国人衆と婚姻関係になり毛利家を中心とした第三勢力の樹立

大寧寺の変によってホ〇と多数の公家が死亡。毛利家思いがけない形で大内から独立

尼子晴久、政権安定化のため独自勢力だった新宮党を粛清。しかし毛利家との抗争中に病死

陶晴賢は強かったが、村上水軍の援助を受けて毛利with安芸国人衆軍団勝利(厳島の戦い)

大内・尼子を滅ぼし毛利家中国地方の半分を手中に収める→瀬戸内海の交易路確保に向けて動き出す

大友宗麟(吉岡長増・立花道雪)や尼子残党(山中鹿之助)が裏で結託し、示し合わせたかのように動くため
毛利家なかなか博多を支配下に抑えられない

多々良浜の戦い・大内輝弘の乱を最後に毛利家、北九州から完全撤退
ほどなくして嫡男隆元が死去。毛利元就、天下統一の夢をあきらめるよう遺言して死亡

後を継いだ輝元を補佐する形で両川が豊臣政権まで活躍したため豊臣政権ではナンバー4の勝ち組に

61: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)14:05:53 ID:hCp
陶晴賢=傾国の美男子
という認識でおk?

67: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)14:17:39 ID:hAN
>>61
かつ軍事も有能。ただ自分で領国出来ると思い込んでるプライドの高さが弱点

島津

薩摩で内乱

薩摩で内乱

薩摩で内乱

ザビエルが宣教しに来る

薩摩で内乱

島津義久、島津本家・分家筋を一つにまとめ上げ薩摩を統一

途中肝付家の独立もあったが、大隅・日向三国統一を狙い始める

島津義弘軍300人、伊東軍3000を粉砕(木崎原の戦い)
島津軍の損害270

伊東家、周辺勢力の信用を無くし日向を追われる

島津家、相良を従属させ耳川の戦いで大友軍を壊滅させる

島津義久「九州統一も夢物語ではない」

島津家久、沖田畷の戦いで龍造寺軍を粉砕→有馬家を従属化

大友宗麟・伊東義祐、豊臣政権にSOS
数十万の軍を率いて九州征伐に乗り出す

島津軍あと少しのところで大友残党勢力(立花宗茂・筑紫広門・佐伯惟定・志賀親次・問注所統景)の抵抗にあい九州統一ならず
義久、怒りのあまり博多と府内館を放火して薩摩で再起を図る

途中四国の諸大名を討ち取りつつも根白坂で最終決戦

島津軍 島津義久 島津義弘 島津歳久 島津家久 島津忠長 猿渡信光 山田有信
豊臣軍 豊臣秀長 藤堂高虎 宮部継潤 黒田考高 小早川隆景 戸川達安 

島津軍大敗、島津義久降伏→豊臣家尾藤知宣、戦犯扱いされ処刑 島津歳久も島津従属に懐疑する豊臣関係者や反豊臣派の島津家臣を納得させるため自ら反乱を起こした後自害

石田三成の主導の下、九州の内政改革に乗り出す

62: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)14:06:07 ID:pCz
イケメンやったんやなぁ

63: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)14:07:18 ID:FXe
陶晴賢こそ真の西虚無僧やぞ!

69: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)14:26:51 ID:hAN
⑪織田包囲網

信長 → これまでの流れからするに室町幕府の将軍は弱すぎる。天皇の勅令で政権運営したい
義昭 → 幕府主導で政権運営したい

両者の政治スタンスの違いが亀裂を生む

義昭、信長の十七か条の例文にキレて朝倉・浅井・本願寺といった周辺諸国に信長を討つような命令を出す

織田信長、上洛しない朝倉を討つよう軍を率いるが途中で浅井長政の裏切りに会う(金ケ崎の戦い)

命からがら京都に戻る。浅井家に和睦するよう交渉するが拒否される

信長、泣く。ついでに比叡山も焼く

姉川の戦いで織田・徳川連合軍、浅井・朝倉連合軍を破る

ほどなくして浅井家・朝倉家滅亡。浅井旧臣は秀吉を中心に織田家へ取り込まれる→越前では一向宗を抑えていた勢力が消え無法地帯化

比叡山炎上に激怒した武田信玄が西上作戦を開始

脱糞。

石山合戦やいろいろあり、包囲網の黒幕が義昭と分かり、信長が追及する

足利義昭一時的に謝罪し高野山に移動するがすぐに脱出。毛利家に移動し再起を図る

信長、残った一向宗鎮圧に追われる(石山合戦・越前一向一揆)

71: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)14:33:57 ID:hAN
⑫武田征伐・本能寺の変

武田信玄、勢力拡大したはいいけど裏切り、根切りのオンパレードで周辺勢力からの評判最悪(真田家除く)

信玄死去。勝頼が名代(当主ではない)として後を継ぐが、穴山梅雪のような武田首脳陣、実家の諏訪家からもそっぽむかれる

武田周辺勢力が織田・徳川へ流れ始める(奥平・木曽)

懲罰制圧に出た徳川家康・織田信長が救援に来て失敗、一方穴山梅雪ら武田首脳陣は援軍を拒否し山縣・馬場・内藤といった軍事関係の重鎮格が死亡(長篠の戦い)

武田勝頼、中央政権化を図るが周辺勢力の裏切りを加速化

高天神城落城、木曽義昌の裏切りを契機に武田征伐が始動

武田に反抗する余力も無く、武田勝頼自刃。なお穴山梅雪は武田征伐が始まると同時に徳川に裏切る

そこから数か月もなく突如として明智光秀謀反を起こす(本能寺の変)

73: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)14:36:55 ID:Abs
武田陣営からみたら明智ガチガ〇ジで草

74: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)14:39:15 ID:pAn
勝頼「そういう事は後一年早くやってクレメンス…」

76: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)14:47:06 ID:hAN
⑬軍師官兵衛

木綿秀吉の異名を持つ羽柴秀吉、子飼いの将や長浜時代に得た近江衆(浅井旧臣が中心)と共に織田軍の主要な戦に参加

なんやかんやあって織田家のナンバー3ぐらいになる

播磨制圧時に播磨の大名小寺政職の家老だった黒田職隆・黒田考高が秀吉と接触。播磨平定に協力

石山合戦と摂津の大名荒木村重の謀反に呼応して小寺政職、織田家を裏切る。しかし黒田職隆は秀吉への従属を表明(この時期考高は村重に捕まり連絡がとれなくなる)

荒木村重逃亡後、考高が復帰。竹中半兵衛に代わる形で秀吉軍のブレーンになる(官兵衛は軍師というよりは交渉と軍事できる人)

三木城・鳥取城の戦いで勝利、毛利家焦る

浦上家を下剋上によって倒し備州三国を統一した宇喜多直家、織田家に接近。信長は裏切りまくる直家を敵視するが直家とコネクションのあった黒田考高が橋渡しとなって秀吉との間で同盟成立

考高の献策で難攻不落の高松城を水没させるが本能寺発生、羽柴秀吉と小早川隆景の間で和議成立

秀吉、光秀を倒し織田政権での発言権を強める(天王山の戦い)

清洲会議にて織田秀信を後継者にする。羽柴秀吉、織田家を完全に手中に収める

清洲会議に不満を持った柴田勝家を賤ヶ岳の戦いで倒す。佐久間ガイジ自刃。佐久間盛政処刑。

柴田勝家を裏切った前田利家、引きこもるが「ねね」と「まつ」の間で和議成立。利家、引き続き北陸の平定を進める

77: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)14:49:09 ID:hCp
女は強いんやなって…

80: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)15:00:13 ID:hAN
>>77
単純に男同士だと本人の利権で勝手に交渉するから和議するときは女性が代表になることが多い
大坂冬の陣の和睦も阿茶局(家康側室、実質正室)と初(京極高次正室)

⑭太閤立志伝

足利義昭、毛利家と羽柴家が同盟関係になったことで幕府の力を強くすることができなくなり将軍職を辞す(室町幕府滅亡)

織田信孝自刃

織田信雄、秀吉に政権をとられたことを今更気づく

信雄、家康に接近し政権奪取した秀吉を倒そうと画策

徳川軍は羽柴軍に勝利するも、秀吉が信雄を丸め込み 秀吉・信雄 VS 家康の流れになる

天正壬午の乱・上田合戦の大敗などに加え秀吉包囲網の瓦解、家老格の石川数正の出奔が決定打となり
家康は秀吉と和睦の道を模索する

①秀吉の妹朝日姫と家康が婚姻すること②家康の次男(結城秀康)を人質とすることで家康、秀吉と和睦。

秀吉、関白就任&惣無事令を出す(本当の天下統一)

惣無事に従わなかった北条・島津が成敗される(小田原征伐・九州征伐)

83: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)15:03:11 ID:Abs
>>80
家康のとばっちり感ほんとすこ

78: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)14:50:40 ID:pCz
大河ドラマでこれまでの流れ全部やってほしいンゴ

81: 名無しさん@おーぷん 2017/07/30(日)15:00:15 ID:Abs
>>78
一年じゃ足りないんだよなぁ…
その時歴史が動いたがシリーズで構築してくれればなんとか1年で収まるカモやが