89603282


1: 人間七七四年 2006/12/18(月) 19:04:44 ID:qHOB+52U
息子より長生きした武田信虎。
北条五代を生き抜いた北条幻庵。
92歳の時宿敵を討ち、龍造寺氏を再興した龍造寺家兼。
60年以上幽閉されていた松平忠輝。

平均寿命が四十代前後であった戦国の世で、
時代の荒波をくぐり抜けて活躍し、長寿を保ち、天寿を全うした武将を語りましょう。

2: 人間七七四年 2006/12/18(月) 19:07:52 ID:WTBaTt4y
一栗放牛

葛西大崎一揆の時、居城に篭城し戦死するが
なんとこのとき92歳。

さすがに齢90以上で『戦死』は中々いないだろう。

5: 人間七七四年 2006/12/18(月) 19:22:07 ID:4+0uaBKA
国司元相と滝川氏益は100歳超えたな

6: 人間七七四年 2006/12/18(月) 19:29:32 ID:WTBaTt4y
天海=明智光秀説が真実なら、凄い長寿だ。

267: 人間七七四年 2010/12/03(金) 21:33:43 ID:Xc7gq0/N
>>6
光秀は1582年に亡くなっている可能性は高い。

279: 人間七七四年 2011/09/07(水) 02:49:13.51 ID:m6kyot4/
>>6
天海は足利晴氏・晴直の弟という説もある
父に当たる足利高基は1535年11月に、高基の正室は1530年に死んでる
天海が生まれたのが1536年だから側室の子だとすれば計算が合わなくもないが

7: 人間七七四年 2006/12/18(月) 19:29:58 ID:qfZZNIjN
逆に、90歳越えて討ち死にした武将はいるのかな?

14: 人間七七四年 2006/12/18(月) 19:42:18 ID:4+0uaBKA
80越えての戦死は美談だよな
21世紀の今でもそうなると思う

15: 人間七七四年 2006/12/18(月) 19:43:24 ID:WTBaTt4y
戦死では無いが、97で主君を追って殉死した小梁川宗朝などもいる。

165: 人間七七四年 2008/05/06(火) 06:58:59 ID:wWd+stHs
>>15が挙げた小梁川宗朝には及ばないが
真田信之に殉死した家臣に鈴木忠重(享年85歳)がいる

17: 人間七七四年 2006/12/18(月) 19:52:59 ID:o1PceOsb
これっっぽっちも未練なぞなかったであろうなw

18: 人間七七四年 2006/12/18(月) 19:56:08 ID:cYbfbvGN
殉死というより尊厳死みたいなもんだろう。
癌とかにかかってたなら安楽死といってもおかしくない。

19: 人間七七四年 2006/12/18(月) 20:01:37 ID:cYbfbvGN
加藤清正の逸話に加藤家の家臣にいつも泣いたような顔の男がいて、
体裁が悪いので他の家臣に「体裁が悪いからあいつをクビにしては?」と言ったところ、
清正は「葬儀の時の使者にはうってつけだろう」と解雇を拒絶したという。

それと同じでなんの役にも立たない老人には殉死係という役目にすればいい。
なんせ宇喜多直家みたいに自分の死んだ時には殉死を歓迎するという触れを出したのに
直家が死んだときに誰一人、殉死せずに物笑いのタネになったという逸話があるくらいだし。

23: 人間七七四年 2006/12/18(月) 21:09:17 ID:7JVclUqR
>>19
それ堀秀政で似た話を聞いたことがある。

27: 人間七七四年 2006/12/19(火) 00:22:38 ID:YeI+vNAk
>>19
宇喜多直家が自分の家臣が死んだら幼い秀家を盛り上げてくれる人物がいなくなるのをみこして、わざとそう言った心が貴殿にはわからぬか。


長寿を全うできた?できなかった?長寿院盛淳

45: 人間七七四年 2006/12/22(金) 12:30:42 ID:18EoF8Pz
>>27
そうそうあれは直家の謀略だよね
備前軍記には戸川達安と共謀したとある

21: 人間七七四年 2006/12/18(月) 20:20:10 ID:5q1aSNk8
志道弘良は90歳まで生きたんだよね?
毛利元就を当主に推し進めた張本人。

25: 人間七七四年 2006/12/18(月) 23:41:55 ID:JhJc2Ikv
土岐頼芸なんかも長生きだよな。晩年は鳥ばっか書いてた

34: 人間七七四年 2006/12/19(火) 09:03:21 ID:o7XOlUpQ
相馬の木幡高清は100いった

37: 人間七七四年 2006/12/19(火) 15:26:20 ID:dSO+SMin
島津義久・義弘もなかなか

38: 人間七七四年 2006/12/19(火) 19:13:25 ID:8hoR1P75
次の話は義久か?

晩年にはぼけ気味になり、やがて意識朦朧として寝込んでいて、
食事の時には近臣たちが鬨の声?を上げ、「合戦です」と呼びかけると、
カッと起き上がり飯を食べた、と言う話。

なかなか格好良いぼけ方だと思う。
むしろ、ぼけなかった場合よりも格好いいかもしれない。

40: 人間七七四年 2006/12/19(火) 20:21:34 ID:35hBZ7nN
>>38
それは義弘の方では・・・
義久はほとんど戦場に出てないから、何の音かわからないかもw

84: 人間七七四年 2007/03/21(水) 03:21:06 ID:rWSZDyz9
>>38
法螺貝を吹いたんだよ。

41: 人間七七四年 2006/12/19(火) 20:57:55 ID:SG6wN3QJ
多功健昌

145: 人間七七四年 2007/11/28(水) 00:48:03 ID:GydhBYSp
>>41
1572年に110歳で没だな。

51: 人間七七四年 2006/12/24(日) 00:18:57 ID:sr7CbcJs
尼子経久もなかなかじゃない?

52: 人間七七四年 2006/12/24(日) 21:45:26 ID:mNshBv+A
北条早雲も相当長生きだったと思う

55: 人間七七四年 2007/01/05(金) 03:06:43 ID:Z3PF+0hh
細川忠興(1563~1645)
結構長生きだね。父親も70代後半まで生きたはず

57: 人間七七四年 2007/01/11(木) 13:07:08 ID:xd3OdfSA
忠興って目の手術までしたってマジか?昔にやるのはこわいなぁ・・・
まぁ武将だし恐いとかないのかもしれないが、気合がすごい。

あと藤堂高虎とかもすごいな。

60: 人間七七四年 2007/01/11(木) 17:50:55 ID:00EvK8Id
東北の本堂忠親だっけ?たしか94歳まで生きたはず。
斉藤道三とほぼ同世代で朝鮮出兵に参加してるのは凄い。
まあ九州まで出張しただけだが。

97: 人間七七四年 2007/05/16(水) 02:21:47 ID:uTWE1rlE
木幡高清(1537ー1642)
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E5%B9%A1%E9%AB%E6%B8%85
によると息子の木幡清吉も中村城城下町の整備などで活躍して、
五代の当主に仕えて寛文5年(1665年)に96歳の長寿を全うしている。

鬼庭 綱元(1549~1640)
ちなみにその父の鬼庭 良直(1513ー1585、享年73)は人取橋で戦死。

>>60
信長の野望 嵐世紀 武将FILEでは本堂忠親が、
(1555-1599)トなっているのだが間違ってるのかな?

102: 人間七七四年 2007/05/21(月) 10:09:16 ID:LVVWOu3f
>>97
よくみたら兄ちゃんもすげえよwなんだこの一族w

61: 人間七七四年 2007/01/11(木) 18:11:15 ID:BcmI9ycZ
94歳が東北から九州まで旅行するだけでも凄いぞw

62: 人間七七四年 2007/01/11(木) 18:16:15 ID:00EvK8Id
>>61
いや、朝鮮出兵時は80代後半。
それでも十分凄いことだが。

68: 人間七七四年 2007/01/12(金) 20:51:09 ID:juGte5Ze
立花家
立花道雪  1513年-1585年 享年72歳
立花宗茂  1567年-1642年 享年75歳
由布惟信  1527年-1612年 享年85歳
小野鎮幸  1546年-1609年 享年63歳
薦野増時  1543年-1623年 享年80歳
米多比鎮久 1550年-1633年 享年83歳
十時連貞  1556年-1644年 享年88歳
安東家忠  1515年-1599年 享年84歳
高野大膳  1540年-1621年 享年81歳
内田鎮家  1521年-1604年 享年83歳
原尻宮内  1541年-1622年 享年81歳

討ち死、自害以外の重臣のほとんどが80代まで生きてる。

69: 人間七七四年 2007/01/15(月) 21:05:32 ID:oCQcXj44
>>37-38
家臣の新納忠元も天寿を全うしたと言えるな(1610年・85歳)

77: 人間七七四年 2007/03/02(金) 20:14:03 ID:PNAMrKyD
多羅尾光俊(享年96歳)

82: 人間七七四年 2007/03/21(水) 01:15:43 ID:+vXbb2/p
朝倉宗滴(1477-1555、享年79)もなかなか。
加賀一向一揆と対決する陣中での病没だったかな。
80近い老人を戦場に連れてくなよ、義景!

88: 人間七七四年 2007/03/24(土) 00:48:58 ID:Ya2Fjd3H
宇和島藩の伊達氏歴代当主もなかなかの長命。
特に幕末の2人はかなりの長生き。

90: 人間七七四年 2007/04/30(月) 00:47:27 ID:BX3J1ebu
>>88
伊達秀宗: 1591-1658、享年68
伊達宗利: 1635-1709、享年75
伊達宗贇: 1665-1711、享年47
伊達村年: 1705-1735、享年31
伊達村候: 1725-1794、享年70
伊達村寿: 1763-1836、享年74
伊達宗紀: 1792-1889、享年98
伊達宗城: 1818-1892、享年75
伊達宗徳: 1830-1906、享年77

宇和島藩伊達氏すげー!

89: 人間七七四年 2007/04/30(月) 00:23:58 ID:rTUH2ROD
伊達は結構長生きの家系だよね
足利は短命

91: 人間七七四年 2007/04/30(月) 04:48:27 ID:TO3CNSB9
ろくな外科手術もできなさそうな時代に何度も合戦に出て
ジジイになるまで生き抜くってそれだけで尊敬するわ
俺なら最初の合戦で死んでる自信がある

93: 人間七七四年 2007/05/09(水) 22:06:55 ID:+gJ2kWx+
戦に要っても自身が戦わなければ、生き残る可能性も高くなる

94: 人間七七四年 2007/05/15(火) 00:19:28 ID:Brnfysg6
後方で指揮採ってる分にはしに行くことはないんじゃないか?
まぁ(当事としての。一番槍とか)手柄とかもないだろうけど。

96: 人間七七四年 2007/05/15(火) 23:25:21 ID:MFrhzdPV
三好政康と政勝兄弟が一番すごいと思う。
政勝が96才まで生きて政康が87才で戦死した。今でもこんな生きる兄弟少ないと思う

98: 人間七七四年 2007/05/16(水) 02:51:42 ID:voISMigi
真田信之(1566~1658)はメジャーすぎて出てないのか?

99: 人間七七四年 2007/05/16(水) 10:16:32 ID:MipylfqZ
>>98
たぶんメジャーすぎると言うのと、晩年は江戸時代に思いっきりかかっているからじゃないかと

同様な人物では藤堂高吉(1579年6月24日(天正7年6月1日) - 1670年8月31日(寛文10年7月16日)) もなかなかのもんかと。 ただこの人は中年以降は非常に不幸な人だったようね。長生きして幸せだったんだろうか・・・

104: 人間七七四年 2007/05/29(火) 23:12:32 ID:TkTxa71N
短命な家系っているんだろうか。ガンとか。

213: 人間七七四年 2009/01/21(水) 23:50:05 ID:TzG9q7bI
>>104
戦国時代なら蒲生家がそうじゃないかと思う。
氏郷以降は悉く短命だし。

105: 人間七七四年 2007/05/30(水) 00:51:52 ID:0arDfa4k
短命な家系は子孫そのものを残す確率が減るから
一族が消滅する可能性が高いと思われ

108: 人間七七四年 2007/07/05(木) 01:33:57 ID:QHthuIdh
垣屋続成(1482-1570)は長寿だが、最後は切腹。
息子の光成(1520-1592)は天寿を全う。

109: 人間七七四年 2007/07/05(木) 01:43:39 ID:aGCR9eWt
あまり知られていないが、朽木氏は長寿の家系。

元綱が80超えてて、子の宣綱は81歳。宣綱の孫尚綱は89歳。
福知山藩祖の種昌は72歳。弟の則綱は76歳。
種昌の子種治は77歳。綱貞は76歳・・・

自分が知りうる限り、この家系が一番長寿だと思う。