ダウンロード (1)


1: 人間七七四年 2016/11/26(土) 01:28:28.90 ID:N3ujZNtS
どうなっていたかを語りましょう
三成は挙兵しないものとします

26: 人間七七四年 2019/04/18(木) 13:00:25.73 ID:cgOxuO6I
>>1
上杉と佐竹の連携で徳川軍全滅

27: 人間七七四年 2019/04/19(金) 22:02:09.90 ID:v1gSilDx
>>26
>>1
>上杉と佐竹の連携で徳川軍全滅

佐竹なんて自分からは何もできない…

上杉が勝ってくれるのを待つだけだけど
そううまく行くかな

20: 人間七七四年 2018/10/28(日) 11:50:00.76 ID:1QwRIiQD
会津征伐が実行されていたら、
>>1より、西軍が挙兵しない前提で。

西軍が挙兵しないのだから、東軍も西軍もなく、
家康配下の軍が豊臣軍。
どんな事情があったにしろ、上杉は逆賊。

真田父子が小山まで行っておいて東西に分かれる理由はないため、
真田が東軍を横から錯乱とかは有り得ず、家康配下の豊臣軍に参加。
佐竹も中立を保つ必然性がないため、
佐竹が東軍を横から突くとかは有り得ず、家康配下の豊臣軍に参加。
上杉は北にも敵がいるしで、四面楚歌で、確実に滅ぶ。
家康配下といえども豊臣軍なので、豊臣恩顧の武将に活躍させなければならない。
戦後の論功行賞では、やはり豊臣恩顧の武将への加増が大きく、
徳川家中の武将への加増は小さい。
ただし、空いた領地が会津120万石だけなので、それをみんなで分け合うことになる。

実権は家康が徐々に握って行ったと思うが、豊臣家を滅ぼすまではいかなかったのではないかな?

石田三成は引き続き奉行として活躍して、豊臣家からも徳川家からも信頼されて、
幸せな人生を過ごしたと思えなくもないが、
史実では、西軍挙兵の前に人間関係のゴタゴタがあって佐和山で蟄居したので、
そのへんは変わらないだろう。
家康から嫌われて、何だかんだと理由を付けられて改易されたのでは。

2: 人間七七四年 2016/11/26(土) 11:55:16.16 ID:CWXcyJZb
上杉軍は革籠原で5万の兵で家康軍8万を迎え撃つ。
本庄繁長が偽りの退却を行って、秀忠らの先鋒が追撃する。すると正面に
は安田能元・島津昔忠の精鋭が待ち構えていry。さらに背後には景勝
の本軍が回り込み、側面を山浦景国が攻撃。三方を攻められた秀忠は湿地
に逃げるが、そこは非常に深い沼になっていて。そこを矢や鉄砲でさんざんに
射かけられ、秀忠は這う這うの体で逃げ出す。

先鋒の苦戦に家康が動く。ところが、そこに佐竹離反の情報が入る。
直江の大軍も動いて佐竹1万5千と上杉の挟撃を受けた家康軍は大混乱に陥り、
撤退する。この戦は上杉の勝ちだろう。

28: 人間七七四年 2019/04/20(土) 14:07:30.21 ID:GNP2+Qay
>>2
もしそれで一度勝ったとしても
結局はジリ貧なんだよね
まぁ三成が挙兵するのは上杉が勝つか長期戦になってからで良かった
でもその場合は史実で西軍に付いた武将はほぼ全員上杉征伐に参加してしまうから兵力が足りない

5: 人間七七四年 2016/12/01(木) 14:09:16.59 ID:l9lfKJh5
上杉征伐は簡単には終わらないだろうからその間に結局は当時の三成の立場なら挙兵するだろ。

7: 人間七七四年 2017/01/22(日) 13:05:23.50 ID:C85+5dq4
三成は上杉徳川が戦端を開くまで挙兵を待つべきだったんだな

8: 人間七七四年 2017/01/24(火) 04:51:50.18 ID:+vVJd/8X
>>7
それだと東軍側に参加する大将の数が増えているからダメだよ

9: 人間七七四年 2017/01/24(火) 13:43:00.92 ID:z7Riimv2
つまり西国大名を畿内で足止めしつつ、
上杉徳川が戦端を開くまで挙兵を待つべきだったんだな

10: 人間七七四年 2017/01/24(火) 16:49:15.32 ID:0sODOMu4
家康はそれを知っていてわざと会戦しなかったんじゃね

12: 人間七七四年 2017/02/07(火) 20:28:30.18 ID:9yVrNJhS
何だかんだ言うけど、関ヶ原では毛利さえ参戦すれば勝てそうなところまでいったんだから上出来じゃね?

普通なら決戦に至る前に鎮圧されるか、そもそも挙兵すらできずに終わってたのでは

15: 人間七七四年 2017/09/13(水) 22:31:01.35 ID:YhkhYZbf
白河口以外の攻撃はどうやってふせぐきだったんだろう?

17: 人間七七四年 2018/07/31(火) 08:28:02.54 ID:3RYXjCr/
>>15
伊達政宗は福島城に守備兵を入れて守りを、堀秀治には津川城に守備兵入れて、最上義光には会津若松に守備兵入れておく。万一に備えて猪苗代城にも守備兵入れておく。さらに佐竹と連絡をとる。

主力は勿論白河口。徳川家康を破ればあとは楽勝くらいに考えていた可能性あり。

25: 人間七七四年 2019/04/17(水) 21:56:18.78 ID:OVMkQEx1
>>17
>>15
>伊達政宗は福島城に守備兵を入れて守りを、堀秀治には津川城に守備兵入れて、最上義光には会津若松に守備兵入れておく。万一に備えて猪苗代城にも守備兵入れておく。さらに佐竹と連絡をとる。

>主力は勿論白河口。徳川家康を破ればあとは楽勝くらいに考えていた可能性あり。

米沢取られてるのか

18: 人間七七四年 2018/10/15(月) 18:29:00.75 ID:wMonb61V
上杉は強いかもしれないけど、討伐軍も最強豊臣軍団の選抜メンバーだから正面からぶつかれば、上杉勝てないよなあ

19: 人間七七四年 2018/10/15(月) 22:07:43.78 ID:gRAHLVgP
石田との事前談合ができていなかったとして

いったい何をしたかったのだろう。

29: 人間七七四年 2019/05/26(日) 11:55:26.56 ID:EhmLhWm6
なんか家康と景勝って途中で互いに手を
出さないって談合した気がするんだよなあ

30: 人間七七四年 2019/06/04(火) 00:02:26.99 ID:P0L6yf7N
そもそも最上、伊達、堀なんかが周囲にいて
上杉が南進して関東に攻め込むなんてのは夢のまた夢だからね
あくまで防衛戦で長期戦に持ち込めば冬になれば撤退せざるを得ない程度の見込みしかない
それも上杉が転封された時期を考えると長期戦を戦えるとも思えないし
まぁせめて東軍が上杉と先端開いてから三成が挙兵すべきだったな
あと挙兵するならさっさと空き家同然の東海道の豊臣恩顧大名領を抜かないと話にならない
少なくとも尾張美濃伊勢三河は完全制圧しないと