aff662b807357d1734dd94bde7d4b8b3_l


1: 名無しさん@おーぷん 19/05/08(水)13:30:21 ID:Jdw
いくさの際の食料の補給の仕方をいろいろ知りたいンゴ
本拠地から2、3日の敵領や戦場なら分かるんやけどそれ以上遠いとこってどうしてたんやろか?
現地補給?本拠から常に輸送?
秀吉期でなく元就信玄の頃のを教えてクレメンス
質問スレなのであんまりスレチな人はアク禁させてもらうかもしれないンゴ

3: 名無しさん@おーぷん 19/05/08(水)13:32:32 ID:Bgp
携行できる分だけ持って行って基本敵の領地の作物とか取ってるんやないかな?

4: 名無しさん@おーぷん 19/05/08(水)13:32:41 ID:M31
そこに村があるじゃろ?

5: 名無しさん@おーぷん 19/05/08(水)13:32:41 ID:Jdw
例えば川中島での上杉軍とか
武田軍は海津って拠点あったけど上杉軍は野陣でしかも敵地やん?

8: 名無しさん@おーぷん 19/05/08(水)13:33:47 ID:Jdw
野陣でしかも敵地で1万もの人数の食料を数ヶ月とか
これをどうしてたんやろか

10: 名無しさん@おーぷん 19/05/08(水)13:35:24 ID:aQk
御馳走は戦場であったかはともかく
現地での調達や
ホシイイ
薩摩ずいき
みそ玉とかの携帯食やろ

11: 名無しさん@おーぷん 19/05/08(水)13:35:26 ID:fn8
腰兵糧やで
糒って言う乾燥させたパリパリご飯を持っていくんや
だから日帰りでしか戦できなかった
荷駄が発達して兵糧輸送するようになるのは織豊時代になってから

14: 名無しさん@おーぷん 19/05/08(水)13:36:33 ID:fn8
ちな上杉は勝ち飯って言って、合戦の前にでっかい釜でかわりご飯炊いてそれ食って出陣する風習があった

15: 名無しさん@おーぷん 19/05/08(水)13:37:19 ID:Jdw
例えば川中島での上杉軍とか
武田軍は海津って拠点あったけど上杉軍は野陣でしかも敵地やん?
野陣でしかも敵地で1万もの人数の食料を数ヶ月とか
これをどうしてたんやろか

17: 名無しさん@おーぷん 19/05/08(水)13:39:50 ID:fn8
>>15
敵地で飯炊いてたからその煙を目印に、武田が別働隊に分けてキツツキ戦法で挟撃しようとしたんやで
実際はその煙は上杉の罠で武田本隊を攻撃されたけど
ここまで甲陽軍鑑の話

18: 名無しさん@おーぷん 19/05/08(水)13:39:50 ID:FwO
日本人は農耕民族やから植物が生えてる環境なら餓えないんやで

25: 名無しさん@おーぷん 19/05/08(水)13:43:15 ID:dxw
備蓄拠点を本国から戦地までの間に確保しておくんや
基本的には街道沿いの城がこれに当たる
それぞれの城の備蓄能力、戦地までの輸送距離で継戦能力が決まる
まあどうしようもないときは現地調達もあったみたいやがな

27: 名無しさん@おーぷん 19/05/08(水)13:44:51 ID:Jdw
>>25
それだけの備蓄が出来るんか?
1万人数を数ヶ月分なんやが
記録とかあるなら教えてほしいんやが…

29: 名無しさん@おーぷん 19/05/08(水)13:45:30 ID:dxw
>>27
上でもでとるが信長公記や甲陽軍鑑あたりが有名やな

35: 名無しさん@おーぷん 19/05/08(水)13:47:34 ID:Jdw
>>29
見てないんやが1万の人数を数ヶ月分、本拠地から100キロも離れたところに補給するようなことかいてある?
近場とか数日分とかやなく

40: 名無しさん@おーぷん 19/05/08(水)13:51:11 ID:dxw
>>35
信長公記なんかはそれ以上の規模期間の派兵記録もあるで
秀吉の中国攻めとかそんな生易しい規模やなかったしな

43: 名無しさん@おーぷん 19/05/08(水)13:52:58 ID:Jdw
>>40
信長は兵站や物流を特に重要視したしそれができるだけの体力がある状態やったでしょ?
川中島期くらいの上杉軍とかそのていどの体力の場合どうやったんかと
山ばかりやし輸送も楽やないやろし

47: 名無しさん@おーぷん 19/05/08(水)13:54:08 ID:dxw
>>43
だから信長や秀吉はどの長征しとらんやん
地図見たら分かるけど川中島なんかごくごく近場やぞ

32: 名無しさん@おーぷん 19/05/08(水)13:46:59 ID:NuB
実際のところ現地調達やろ
当時は局それが一番効率が良かったんやろ

46: 名無しさん@おーぷん 19/05/08(水)13:54:02 ID:PE5
実際には現地調達と小荷駄隊運用の輸送と銭による道中の街での買取の複数でまかなっとるやろ。
織田家の小荷駄隊とか確か充実しとったやろ

66: 名無しさん@おーぷん 19/05/08(水)14:08:52 ID:21Y
芋の茎紐にしてたってなんかで見た

59: 名無しさん@おーぷん19/05/08(水)14:03:25 ID:dxw
あと一万人が三ヶ月食う為の物量やけど、江戸期の平時の食糧換算やと米で2500俵、その他保存食や武器弾薬合わせてその倍の物量やとして1000頭単位の馬居れば運べてしまうからな
まあ実際は上で書いたように中継地点設けて小分けにするから実際はもっと少なくなるが

引用元;https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1557289821/