DAZ1U-mV0AAw1ZT


1: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 01:33:55.38 ID:kiQ4iXkZ0.net BE:601381941-PLT(12121) ポイント特典
山形・米沢で「川中島合戦」を再現 850人が戦国武将に扮す

山形県米沢市で開かれている「米沢上杉まつり」の最終日の3日、市民ら約850人が戦国武将の上杉軍と 武田軍に扮し「川中島合戦」を再現した。春の陽気の下、訪れた約8万人の観客が迫力ある戦いを見守った。

弓矢が放たれ火縄銃の空砲が鳴り響くと、よろい姿の参加者がやりや刀を交え熱戦を演じた。馬上の謙信が 信玄に切り込む一騎打ちや、武田の援軍が川を渡って駆け付ける有名な場面では、ひときわ大きな歓声が 上がった。
http://www.sankei.com/life/news/150503/lif1505030027-n1.html

★車懸りの陣



★第4次 川中島の戦いの動画 両軍の動きが詳細にわかる
http://www.furin-kazan.jp/nagano/tatakai/zukai4.html

2: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 01:35:35.93 ID:21I6zdsn0.net
越後兵がやたら戦闘民族だっただけで
謙信は別に特別な戦術とってなかったとも言われてる

3: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 01:36:42.43 ID:KdcFnXG80.net
雪が降ると動けないんだけどなw 戦国最強だけども

4: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 01:41:56.43 ID:Im17xTne0.net
戦国最強の戦闘集団ってどこなん?
薩摩隼人、三河衆、雑賀衆、武田騎馬軍団とか色々と言われてるけど

5: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 01:46:31.86 ID:eDgR/YNH0.net
>>4
武田の赤備えはやばいって爺ちゃんが言ってた
三河とか逃げ回ってたらしいぞ

雑賀は傭兵だから、半農の兵隊よりは強いけど鉄砲メインだからうおりゃああ!って感じの強さではない

19: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 02:15:55.70 ID:37WZz0m+0.net
>>5
どこまでが史実でどこからが創作なのかわかっていないんだよな
幕末に井伊直政の子孫が赤備えを運用したところ
悪目立ちしてしまい実用性は低かったらしい

68: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 06:34:35.02 ID:CAcF6MAQ0.net
>>5
赤備えは制圧戦用のハリボテ部隊だろ
優勢になってから投入

6: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 01:48:54.21 ID:ufzDoGn50.net
ガチで騎馬軍団だったのは北条じゃないの?

9: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 01:53:58.38 ID:SnNMIe8D0.net
>>6
信長の野望の北条氏綱強いよな

7: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 01:49:11.05 ID:LysmkdVP0.net
「天と地と」の映画は二人の組打ちの後に友情が芽生えそうなほのぼの加減だったなw

そう言えば出身高校では騎馬戦を川中島っていってた
甲州とか全然関係ないとこなんだけどw

10: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 01:55:54.56 ID:lCh4NftG0.net
川中島で濃霧の中の戦闘で行われた戦術だそれは
軍隊ってのは横や後ろから突かれるとモロい
濃霧ってのは1メートルぐらい先のものすら見えない
そんな中で突如奇襲をくらうと一溜まりもない

そこで謙信は、
ノ←のような曲線を、円を軸にして何本も並べたような形で兵を並べ、回って索敵しながら進軍してどの角度から敵が来ても敵が面前に現れるようにして横や後ろを突かれるのを防いだんだよ

車懸って言葉は、兵を三列に並べて一番前のやつが疲れたら最後尾に回って休み、その間に次の列の奴が前に出て戦う、というのを繰り返す事で常に前列で元気な兵が戦ってるって状態を作る戦術を指す時にも使われる

22: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 02:24:20.15 ID:cvbMqhWU0.net
>>10
へーすごい

39: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 02:54:17.79 ID:3BIZEMYm0.net
>>10
陣自体も回転も結構早く動かないと外側の刃が傷みそうだけど
防御陣形でも前が見えない中を敵が突撃してきたら回転が止まりそうだけれども越後ぃゃやる

何にせよ壮絶な消耗戦の中で統率力が異常だよな

11: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 01:56:16.28 ID:3BIZEMYm0.net
戦闘中で敵が目の前手の届く範囲に居るのに離脱するなんて不可能だと思うから
次々に新手を投入して入れ替わるだけじゃないかね
それなら戦線を押してる限り簡単だけど越後兵なら押されながらでもやりそうぃゃやる。

13: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 01:59:11.82 ID:+z09zGCL0.net
結局はあれ正面から当たりつつ、敵の横腹を突く為に回り込んでいくのが目的だろ
戦法っていうかセオリーだよな

14: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 02:00:52.43 ID:83wlqC0Z0.net
謙信女性説の信憑性は
どうなの?

16: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 02:03:52.92 ID:21I6zdsn0.net
>>14
少なくとも服部半蔵が忍者だったりするよりは信憑性ある
実際のとこトンデモ話ではあるけど考察として馬鹿にできないというか
詳しく掘り下げてるサイトとかみたら結構面白い話ではあると思った

17: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 02:06:37.22 ID:83wlqC0Z0.net
>>16
へえ、意外だな

15: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 02:02:27.49 ID:+IBeY+Wu0.net
挟み撃ちに合うと分かっている一分一秒を争う状態の中で
この車懸りで攻めるのはどう考えても非合理だけど

野球の打者がチャンスの一打席に全神経を集中させるように
ぐるぐる回りながら自分の攻撃の番に全精力を傾けさせられるのは
意外と戦場では合理的かも

18: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 02:12:39.00 ID:h6lJpgaC0.net
全体像を把握させないのが狙いだろ。
少人数で相手を囲むこともできる。
もしかしたら後ろや横にいるかも?と注意を散漫にさせるだけで効果はある。

20: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 02:17:28.78 ID:n4pGC+6f0.net
後付けで「コレは車懸かりの陣である」って言っただけで
実際は乱戦の中で、命令系統ぐちゃって小隊規模でなんとなく勝った可能性はある

21: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 02:21:05.54 ID:xiHyuLVo0.net
眼が廻る程のグルグルじゃ無かったと思うの

23: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 02:24:36.23 ID:flIdzXPx0.net
戦がほぼお遊びだったあの頃
殲滅戦を始めるのは近代以降

30: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 02:34:19.83 ID:75fomSmx0.net
>>23
自動小銃の普及以前と普及前では全く違うよな

24: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 02:27:40.68 ID:+IBeY+Wu0.net
真田幸村が行軍中の足軽に兜(陣取傘)を被らないように命令出したんだよな

兜を被ったままだと首が疲れるとかそんな理由じゃなくて
いざ、目の前の敵と決戦となった時の足軽の戦闘意識のオンとオフをつけさせるため。

行軍中は半ばダラケテてもいいから
さぁ敵だ。兜を被れ。って時に一気に戦闘モードにして集中させるための指揮官としての現場意識だよね

だから車懸りも全くの無意味な戦闘陣形ではないわけ
すごく実戦に根ざした戦い方なわけ

25: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 02:27:45.38 ID:37WZz0m+0.net
車懸りとは江戸時代に宇佐美定祐という人物が宇佐美の末裔を自称し
架空の軍師(宇佐美定満をベースに創作したもの?)を引き合いに出したのが初出という
もっともらしい話を聞いたことがある

28: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 02:32:43.55 ID:MDuPu4sDO.net
幾つかに分けた組がレーダースクリーンの回転が如くゆっくり動きながら索敵行動してたんじゃね?

31: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 02:35:59.42 ID:LZEX8pYH0.net
囲んで逃がさず殲滅するのに向いてたんじゃない?

37: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 02:51:37.90 ID:n8kJuAJa0.net
馬に対する陣形とか銃に対する陣形とか
名称違うだけで西洋と同じなのが凄い

40: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 02:54:49.87 ID:q1Z7Wm2s0.net
昔の石坂浩二版の「天と地と」では、参謀(高松英郎だったか)がどんな陣形で
行くのですかと聞くと、石坂がひと言「車」と答える。
すると参謀が顔色を変えて「そ、それは危険でございます!」と叫ぶ。

50: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 03:36:37.58 ID:lG1wwbsdO.net
川中島の戦いって持ち上げられてるけどさ、奇襲のつもりが現地は無人だった、各個撃破のつもりが挟撃された
っていう失敗した者同士の泥仕合だよな

52: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 03:38:33.64 ID:75fomSmx0.net
>>50
戦争には予想外のことが起こるものだよ。

クラウゼヴィッツだって戦争の重大な要素のひとつとして
「摩擦」、すなわち戦場で起こる不確定要素を挙げている。

61: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 05:01:06.54 ID:QCyVUlIn0.net
薩摩も関ヶ原退場の時にやったよな。
特攻の基本計だな。

96: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 10:20:26.79 ID:bCFopZTH0.net
>>61
薩摩がやったのは敵前中央突破。
俗に言う捨て肝。
追走してきた相手を各個体が大将が逃げ切るまで叩く。

69: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 06:37:59.77 ID:NJWyZogx0.net
この経験と活かしてかどうかは分からないけど、
似たような状況で柴田勝家はチンチンにしてたな

70: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 06:42:33.63 ID:wscCtooJ0.net
正確には、部隊を短時間で入れ替えるだけだろ?
いつも最前線に元気な部隊が当たれるから、固い防御陣を時間をかけて
被害少なく崩壊させるには一番理にかなった方法

75: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 07:06:51.73 ID:OQThon910.net
そもそも陣形なんてどこまで自由に動かせるのか、配下の兵の質まで含めてそこから逆算しないとな
机上の論上では陣形なんて如何様にも描けるけど

77: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 07:12:11.57 ID:8HJzpTEw0.net
>>75 実際、波状攻撃なんてムリだよな。

負傷した味方を見捨てて交代なんで出来るわけがない。

85: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 08:37:48.31 ID:t+fseDwI0.net
>>77
でも上杉の軍は奇妙だっていうからな、誰一人として私語をしなかったっていうし

97: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 10:37:46.85 ID:tjHK2h4W0.net
>>85
上杉景勝は喋らないから皆んなシーンとしてたって伝えあるよね、冬の陣だか夏の陣で城攻めで激戦してる時に他家の伝令が上杉の陣に行ったら、
恐ろしいくらい静かだったって

79: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 07:49:19.88 ID:0fHG0SVo0.net
外側しんどそう

81: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 08:10:44.95 ID:Xy+r79Uc0.net
fezでは有力な陣形

108: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 14:37:00.96 ID:ZtAfVpZ10.net
信長の野望・革新の上杉謙信の車懸りは異常。
車懸りで10000人の兵が蒸発する。

111: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 18:59:08.70 ID:2ysbHyRP0.net
>>108
異次元の扉を開いて手当たり次第にあちらの世界に送り込む技

118: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 23:25:58.87 ID:b4VuYGql0.net
普段まともに演習できない百姓衆が、陣形を組むこと自体、非常に困難だと思える。
気が遠くなる作業。


そこらで働いている兄ちゃん達を集め、縦隊、横隊を作らせて番号かけさたら、間違いなく滅茶苦茶になる。

119: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 23:27:55.04 ID:l077x9dX0.net
典型的な兵力の逐次投入

120: \(^o^)/ 2015/05/04(月) 23:33:28.60 ID:IPWMsP7r0.net
山本勘助のキツツキ戦法についても教えていただきたい

謙信に見抜かれて武田が負けたとしか知らない

124: \(^o^)/ 2015/05/05(火) 00:10:17.98 ID:ODl0W2BP0.net
>>120
ただの夜襲挟撃

127: \(^o^)/ 2015/05/05(火) 00:23:38.17 ID:m0derNCz0.net
>>120
キツツキは山に篭った敵をほじくり出すからそう呼ぶんだろう。
ただの挟撃って言うとちょっと違うよな。

125: \(^o^)/ 2015/05/05(火) 00:18:01.53 ID:IycjM2VM0.net
そもそも妻女山を武田の別働隊が攻めたからとて、越後勢が下山する可能性なんてまずないと思う。
夜間に下りれば自軍が混乱するし、川と海津城があるのがわかり切っている死地に下りるより、山を生かして守るのが上策。


武田としては、越後勢が追撃しながら下山するよう、余程巧妙にやらないと。

137: \(^o^)/ 2015/05/05(火) 15:17:22.99 ID:B28FF6B30.net
車掛かりの陣って
包囲戦法の鶴翼の陣に対抗するために
円陣組んで包囲網の手薄なところから一点突破する陣形だろ

98: \(^o^)/2015/05/04(月) 10:41:51.53 ID:8hlAFy5d0.net
相手も同じことしてきたらを想像してちょっと笑った