ダウンロード


1: 名無し募集中 2017/07/15(土) 11:11:34.55 0
冶金技術が劣ってたから?

38: 名無し募集中 2017/07/15(土) 12:16:07.51 0
>>1
城壁で囲まれた都市が無かったから

3: 名無し募集中 2017/07/15(土) 11:13:33.06 0
家康が小早川にかましたんじゃなかったか

6: 名無し募集中 2017/07/15(土) 11:17:32.70 0
戦国時代当時に日本に伝わってたのは鉄の玉を飛ばすだけだから金がかかるわりに効果は少なかったんでしょ
たしか大阪の陣で大阪城にむけて大筒を撃ち込んだりしてたんじゃなかったっけ
でかい対象物を破壊するのには効果的だったんだろうね

10: 名無し募集中 2017/07/15(土) 11:26:43.38 0
九州にはフランキーだの大砲が運用されてたんだろ?

11: 名無し募集中 2017/07/15(土) 11:29:32.00 0
幕末には手回し式のガトリング砲を幕府側は持ってた

15: 名無し募集中 2017/07/15(土) 11:45:44.02 0
日本は製鉄技術で
鍛造技術は発達していた
刀作ってたからね
一方鋳造技術は中国・西欧と比べると古代レベルかそれ以下しか発達してなかった
銃は鍛造できるけど大砲はそうはいかない
なので大砲は輸入するしか無い
大阪の陣で使われたものも輸入品

73: 名無し募集中 2017/07/15(土) 16:51:00.66 0
>>15
大昔に大仏とか作ってるのに
その鋳造技術どこいったんだ

75: 名無し募集中 2017/07/15(土) 17:01:09.08 0
>>73
銅の融点の方が高いのになあ

しいて言えば、膨張に応じてヒビが入るのを抑えられず
強度を保てなかったって事かなあ

あと日本のレンガは耐熱性が低くて溶けた鉄を貯められなかったって事もあるかな

16: 名無し募集中 2017/07/15(土) 11:45:55.25 0
採掘出来るのは限られてたらしく火薬のもとをしっこやうんちから作ってたから
もし16世紀に戦国が終わってなかったらどうしてたんだろうな?

27: 名無し募集中 2017/07/15(土) 11:56:03.22 0
>>16
だから信長は硫黄やリンを産出する東南アジアを狙ってたんだろう
それから燃える黒い水を求めて海伝いに制圧してからの世界戦略

18: 名無し募集中 2017/07/15(土) 11:48:02.95 0
「日本では」っていうにはまず世界ではどれぐらい普及してたの?

20: 名無し募集中 2017/07/15(土) 11:49:46.50 0
>>18
スペインだと一軍に3割から5割以上だな
日本は1割くらいが鉄砲隊

19: 名無し募集中 2017/07/15(土) 11:49:37.11 0
国内で硝酸カリウムが調達できない

24: 名無し募集中 2017/07/15(土) 11:54:21.34 0
飛び道具は卑怯というよくわからない風潮が蔓延してて火砲の製造に本腰を入れなかったからだよ

25: 名無し募集中 2017/07/15(土) 11:54:57.15 0
家康が大砲で大阪城の本丸バキバキにして淀がビビりまくって講和したやん

30: 名無し募集中 2017/07/15(土) 12:08:46.99 0
世界はまず大砲作ってその後小型化して銃に行き着いたんでしょ

31: 名無し募集中 2017/07/15(土) 12:09:54.71 0
日本の大砲運用は海外の投石器とおなじく施設破壊だから資源の無駄

32: 名無し募集中 2017/07/15(土) 12:10:03.89 0
城壁を破壊する必要がないんだよ

33: 名無し募集中 2017/07/15(土) 12:12:13.88 0
当時の大砲って石飛ばすだけ?一応炸裂弾だった?

37: 名無し募集中 2017/07/15(土) 12:14:59.21 0
>>33
海外でもこの頃は金属飛ばすだけがメイン
近距離用には散弾撃ったりもしてた

34: 名無し募集中 2017/07/15(土) 12:12:31.70 0
外国じゃ投石機の伝統あっての大砲発明だからな
それがない日本では大砲の必要性なんてあんま感じなかったのだろう

39: 名無し募集中 2017/07/15(土) 12:16:42.18 0
普及する頃には戦国時代が終わってた

40: 名無し募集中 2017/07/15(土) 12:16:43.33 0
そもそも論で言えば大砲は広大な平地での運用だから山地ばかりの日本じゃ能力発揮出来ない

41: 名無し募集中 2017/07/15(土) 12:16:48.48 0
日本の城はタワーディフェンスみたいなもんで侵入してきた敵を効率よくぶち殺すのが目的
大陸の城は大切な街や施設を守るために侵入させないのが目的

44: 名無し募集中 2017/07/15(土) 12:22:17.34 0
弩も普及しなかったねえ

50: 名無し募集中 2017/07/15(土) 12:28:27.75 0
弓がいくら強力でも数十メートル先の鎧射抜けるほどの威力あったのが信じられん

59: 名無し募集中 2017/07/15(土) 12:36:11.60 0
>>50
昔の鉄は柔い
アジャンクールではフル装備の重騎兵が蜂の巣だからね

56: 名無し募集中 2017/07/15(土) 12:33:29.76 0
鉄砲が普及しても弓は曲射できるから使われたけど
角度と初速で射距離は決まるから弓に分度器と糸に重りを付けたので角度を計ったり
矢に目盛りを付けて習熟してなくても有効に攻撃できるようにすれば良かったのに

72: 名無し募集中 2017/07/15(土) 16:47:16.09 0
日本で幕末に 反射炉 が出来た!ってデカデカと書かれてるじゃん

あれって世界的には、当時の段階で300年以上昔の技術なんだよね
高炉が出来てから、時代遅れの技術を日本が導入した

でもその60年後に八幡製鉄所を作ったんだから日本も頑張ったよなあ

82: 名無し募集中 2017/07/15(土) 20:39:46.56 0
>>72
金さえ出せば仕事してくれた当時のお雇い外国人が頑張った

77: 名無し募集中 2017/07/15(土) 17:13:01.00 0
外国は地質年代が古いからより純度の高い粘土が取れる

日本のは植物由来の有機物が混ざっていたりして不純物が多かったり
有機物が燃えて泡が出来たりしてもろい

78: 名無し募集中 2017/07/15(土) 17:13:59.16 0
輸入した大砲も撃った後に砲身にヒビ入ったり暴発してたから
撃つ前に大砲の側に穴掘って身を隠してた

79: 名無し募集中 2017/07/15(土) 17:17:08.84 0
砲身が破裂とかしたら砲手はたまらんね
着火したらすぐ隠れんと

80: 名無し募集中 2017/07/15(土) 17:17:39.79 0
のちのアームストロング砲も薩英戦争の時にイギリス艦の艦内で暴発したんだっけ
そしてイギリス海軍ではそれから数年間後装式大砲を運用できなくなってしまった

一方日本ではあまり口径の大きくないアームストロング砲を国産して幕末に使ったりした
口径が大きいほど破裂の危険が高まる

大和の主砲と同じ大きさの大砲を作る技術も現在の世界では失われてしまっているとの事

88: 名無し募集中 2017/07/16(日) 02:27:52.46 0
内部の構造を端折って必要なものだけでいうと
高炉→水車を使う
反射炉→石炭を使う

日本は高炉を知らずに反射炉を先に作った
日本は水車があるのに水車で風を送るという使い方を知らなかった
外国人もまさか日本人が古代みたいに人力で送風して製鉄してるなんて思わなかったんだろうな

89: 名無し募集中 2017/07/16(日) 02:27:52.52 0
戦場を駆け回るし山道抜けて急襲するわで重たいものをゴロゴロ持っていけんのさ