279a6b2f


1: VIPがお送りします 2014/04/11(金) 11:37:08.86 ID:vZ4Ccmmd0.net
40歳代で全盛期の武田家の軍師に就職って勇気が湧いてくるな
俺らも頑張ろうぜ

3: VIPがお送りします 2014/04/11(金) 11:39:34.56 ID:lQTIzFfR0.net
当時の人生としては晩年じゃね

6: VIPがお送りします 2014/04/11(金) 11:40:47.61 ID:ZQM8dvpH0.net
范増は七十から

7: VIPがお送りします 2014/04/11(金) 11:42:01.25 ID:vZ4Ccmmd0.net
>>6
その歳で就職できても嬉しくない

9: VIPがお送りします 2014/04/11(金) 11:46:35.37 ID:MJ9KrVnQ0.net
藤堂高虎は当時の価値観からみるとクッソ有能だと思う
二君に仕えずみたいなのも格好いいけど時勢を読んで主君を変えるのは判断力がある

36: VIPがお送りします 2014/04/11(金) 12:20:31.53 ID:E33cgCS+0.net
やまもとかんすけっていう人物は確かに存在したがただの使い走りで軍師でも何でもないって
話じゃなかったっけ?

12: VIPがお送りします 2014/04/11(金) 11:52:36.53 ID:F2t7IJEw0.net
実在しなかった説ってなんなん

16: VIPがお送りします 2014/04/11(金) 11:55:58.19 ID:vZ4Ccmmd0.net
>>12
実在してるでしょ 子孫も確認されてるし

13: VIPがお送りします 2014/04/11(金) 11:53:52.04 ID:Wtb8JJeC0.net
就職ってより、野球とかの移籍に近いんじゃね?

17: VIPがお送りします 2014/04/11(金) 11:57:09.92 ID:jmDAePwK0.net
天文12年(1543)正月3日、武田家の家老衆が集まり、その年の武田晴信(信玄)公の軍備について 会議が行われた。

そこで話し合われたことに、諏訪、佐久、小縣という敵味方の境に城を構える場合、 その構え方さえ良ければ千人の敵兵に対して味方300で持ちこたえることが出来る。 これには城の縄張りが重要である。

このような城の縄張りについて良く知っている剛の者が、駿河の今川義元の家来である庵原安房守の 身内に居る。彼は義元に奉公したいと望んでいるが、義元の方では召抱えようとしない。
この者は三河牛久保の侍であるが、四国、九州、中国、関東までも巡り歩いた。

この大剛の武士の名は、山本勘助という。

板垣信方はこの勘助を呼び寄せ、お召し抱えに成るよう晴信公に提言した。それにより その年の3月、知行100貫という約束で駿河から勘助を呼び出した。

勘助からお礼の挨拶を受けられた晴信公は、即座にこう仰られた

「勘助は片目であり、数カ所の負傷で手足も少々不自由のように見え、しかも色は黒い。 これほどの醜男でありながら、高い名声を持っているのじは、よくよく能力に優れた誉れ高い武士であると 思われる。そのような武士に100貫では少ない!」

そうして勘助に、倍の200貫をくだされた。

その年の暮れ、11月中旬に晴信公は信濃に出陣された。
11月の下旬から12月15日までに、9つの城を陥とし晴信公が手に入れられたが、これは全て 山本勘助の武略によるものであった。
時に晴信公、22歳の頃である。

(甲陽軍鑑)

19: VIPがお送りします 2014/04/11(金) 11:57:44.62 ID:jmDAePwK0.net
駿河での今川義元公の時代に、山本勘介が三河国、牛窪(愛知県豊川市)より、今川殿への 奉公を望んで参上したのであるが、この山本勘介は散々な醜男で、その上に隻眼であり、 指も足も不自由であった。しかし彼は大剛の者であったので、義元公が召し抱えられるように、 勘介の知己であった朝比奈兵衛尉が彼のことを

「この山本勘介という者は、大剛であり、特に城取り、陣取りといった軍法は良く鍛錬されています。 剣術も京流の上手であり、軍配も良く知っています」

と申し上げたが、義元公がお抱えになることはなかった。
駿河の人々の噂では、あの山本勘介は第一片 輪者であり、それに城取り陣取りの軍法を鍛錬したと いうが、自分の城を持ったこともなく、兵を持ったこともない者が、どうしてそのような事を 知れるものだろうか。彼は今川殿に奉公したいがために虚言を言っているのだ、と言い合った。

それから勘介は9年も駿河にいたけれど、今川殿が召し抱えることはなかった。
この9年のうちに剣術のことで2,3度手柄があったが、この当時は新当流(塚原卜伝の流派) の兵法こそ本物であり、勘介の京流はそれに劣るものだと、人々は噂した。

加えて、勘介は牢人の身であったため、草履取りすら一人もつれておらず、彼について 非難するものこそ多かったが、良く言うものなど一人もいなかった。

しかし、この事は実は、今川殿の御家が万事にわたって活力を失い、御家が末に傾き、 武士の道の見極めが浅く無案内であったために、山本勘介の身の上のことにまで、 悪い評判が及んだのであろう。
(甲陽軍鑑)

20: VIPがお送りします 2014/04/11(金) 11:58:56.54 ID:jmDAePwK0.net
大永7年(1527)、毛利元就31際の時、厳島参拝の折に棚守房顕の屋敷に立ち寄ったが、そこで初めて 山本勘助に出会った。

元就は勘助の容貌を奇として、どこから来たのかを尋ね、さらにをの所志を質問し、しばらく考えた後 帰城したが、5,7日ほど後、使者を遣わして棚守にこう伝えた

『先日一見した所の京都牢人(勘助)は、早くこの地から去らせるのだ。そして日本国中を遍歴させるべし。』

棚守はこの意を受けて、勘助に他所の土地へ興味を向けようと考え、関東の諸将の威烈を語った。 山本勘助はこれを聞くやいなや、棚守に暇を告げて立ち出ようとした。

棚守は勘助があまりに早く暇を告げたことを怪しみ、止めてそのわけを聞いた。
勘助曰く

「私はこの国に仕官を求めるために来ました。貴方もまた、私を推挙してくれたではありませんか。 ところが今、関東の諸将の威烈を語られました。これは貴方の御心が、既に変わったことを表しています!」

「な、何故そう思ったのだ!?」

「関東とは”還当”、すなわち”還る当し(かえるべし)”と読めます。これが私が暇を乞うた理由です!」

棚守は勘助のあまりの明敏さに、感嘆したとの事である。
(軍人頓智叢談)

21: VIPがお送りします 2014/04/11(金) 11:59:31.25 ID:pM8cEXtI0.net
塚原朴伝のドラマ見てると
終盤に若い頃の山本かんすけがでてくる

43: VIPがお送りします 2014/04/11(金) 12:32:39.86 ID:i1/ZhSHW0.net
近くにこの人のお墓あるんだけどそんな凄い人だったのか

46: VIPがお送りします 2014/04/11(金) 12:38:34.35 ID:vZ4Ccmmd0.net
>>43
上杉謙信に策を見破られて信玄が死にかけたんだよ。それで責任を感じて戦国無双やって死んじゃった。

74: VIPがお送りします 2014/04/11(金) 13:27:07.07 ID:LyBAMRuY0.net
キツツキ戦法は否定説が有力やろ
山の傾斜高すぎ

86: VIPがお送りします 2014/04/11(金) 13:38:30.47 ID:ZrfajvGS0.net
風林火山って小説読んだけど面白かった

95: VIPがお送りします 2014/04/11(金) 13:43:26.86 ID:oXxljyN+0.net
ちなみに当時軍師なんて言葉無かったんだぜ
なんて言うのかは忘れたがな!!

123: VIPがお送りします 2014/04/11(金) 14:10:00.50 ID:uK6rLnpY0.net
大河ドラマ面白かったね!
城攻めや合戦で魅せた武略、知略の数々はこの人すげぇえええtって思ったわ
同じ軍師ものでも尚江()とか黒田()は
ただの好青年正統派武将って感じしかしなくてつまんない

125: VIPがお送りします 2014/04/11(金) 14:15:42.69 ID:j0yZb3YD0.net
>>123
戦が嫌いな軍師とかマジ勘弁だわwww
関ヶ原の挟撃策出して主の景勝が拒否したら憂さ晴らしのごとく最上を滅ぼしにいく直江
関ヶ原に乗じて九州を纏めあげようとして早く合戦を終わらせた息子を阿呆と罵った黒田
どっちも合戦狂なんだよなぁ・・・

124: VIPがお送りします 2014/04/11(金) 14:15:29.57 ID:vZ4Ccmmd0.net
確かに大河は面白かった

139: VIPがお送りします 2014/04/11(金) 14:52:18.43 ID:aarrgAxg0.net
乱世さえくれば俺にもチャンスがあるということだな
あー世紀末にならねーかな

144: VIPがお送りします 2014/04/11(金) 15:27:14.35 ID:rdgTq4Op0.net
川中島は一応目的を果たした武田の勝利ではあるんだが
ここで人材にかなりの損失を出したことが後々少なからず響いてくるのが微妙なところ

57: VIPがお送りします 2014/04/11(金) 12:55:08.98 ID:CRU0c70H0.net
山勘の語源