a5d1b300efa326cd54951780a15cc9bb


1: 人間七七四年 2006/08/28(月) 21:43:39 ID:EXpUuqq+
13代義輝、15代義昭に挟まれて影の薄さは足利将軍家ダントツ!

堺公方~阿波公方~現代に生きる嫡流に最も近い足利家を語るスレ。

4: 人間七七四年 2006/08/28(月) 22:00:05 ID:XoA6X0FQ
傀儡とは言え、征夷大将軍にまでなった人物。三好三人衆とセットにされ、
上洛もできず、失意のうちに病死。語ることはないが涙が出そうになる
陽炎将軍。

13: 人間七七四年 2006/08/29(火) 13:31:11 ID:eoGtQWJg
>>4
本人だけじゃなく、父義維(堺公方?)、祖父(義維の養父)義材みんな悲しいお方

5: 人間七七四年 2006/08/28(月) 22:09:53 ID:XoA6X0FQ
【平島公方・阿波公方】

室町幕府11代将軍足利義澄の2男義冬の子孫。
阿波国平島に住して平島公方と呼ばれた。

義冬の嫡子義栄は永禄11年(1568)、三好一族に擁立されて14代将軍に就任したが
織田信長の上洛で将軍位を失い、阿波へ逃れてほどなく没した。

跡を継いだ弟の義助は、阿波国主蜂須賀家の客分となるが、
蜂須賀家はわずか100石の捨扶持しか与えず、
4代義次の時には家号を足利から平島に改めさせるなど冷遇した。

9代義根はこの処遇に耐えられず、文化2年(1805)阿波を去って京に移住
再び足利を称し、等持院など足利家所縁の諸寺から援助を受けて生計を立てた。

明治維新後、主家を持たない浪人であったため、華族はおろか士族にもなれず
平民籍に編入される。

11代義孝はこれを不服として岩倉具視に華族への昇格を訴え
明治12年(1879)、堂上家出身の押小路実潔が名家の末流を華族に取立てるよう
三条実美に提出した請願書にも足利家は含まれていたが、
南朝を正統とする政府の方針と合わなかったこと、家柄華族の増設に否定的な
意見が多かったことなどから、結局実現せずに終わった。

末裔も悲劇の連続。しかし現在もその家系は存続。
現在の御当主、義弘さんは大学教授です。

17: 人間七七四年 2006/08/30(水) 11:05:01 ID:tFnnQq9w
義維が阿波の細川之持に預けられたのは、永正八年(1511)三月
義稙が阿波に落ちてくるのが、大永元年(1521)(多分十月以降)

阿波細川が介在してるね、多分

26: 人間七七四年 2006/09/09(土) 14:37:26 ID:0wDa9DoC
義栄には義晴みたいな、しぶとさがない
まあ信長が登場しちゃうから、しゃーないちゃ、しゃーないんだが

28: 人間七七四年 2006/10/06(金) 01:02:43 ID:qz/z+rh4
ゲーム登場は天翔記だけかな?

義栄に限らず、傀儡化された武将を主人公にしたゲームがあったら面白いのに。

29: 人間七七四年 2006/10/06(金) 03:11:45 ID:kmJtsP9c
顔グラを秀次にパクられる不遇さw

30: 人間七七四年 2006/10/08(日) 22:05:24 ID:8+cS4Q3I
確かに天翔記に登場するね。

魅力は高いから外交に使いまくって能力値を上昇させた頃、
寿命で死んじゃうだよ。結構、この顔グラ好きだった。

三好でプレイして細川真之と足利義栄のセットで京都の足利義輝を
追放するのが醍醐味だね。

35: 人間七七四年 2006/11/24(金) 23:04:11 ID:XV+VBUH2
天翔記で足利家でプレーする時は、まずこいつを三好家から移籍させる事から始める。

31: 人間七七四年 2006/10/23(月) 23:52:06 ID:wG3URAFD
最後は背中の出来物で病死だっけ?

32: 人間七七四年 2006/10/28(土) 15:06:35 ID:ke2Z418q
腫れ物で、とも言われるがどうなんだろうね
死没したのも阿波か摂津か二通りあるみたいだし

33: 人間七七四年 2006/11/22(水) 12:08:37 ID:m2fAF/RO
等持院に木像が無いのが何とも哀れ

47: 人間七七四年 2007/01/30(火) 08:50:36 ID:Iqd6TU5o
>>33
確か義栄の木像は出身地の阿波に
父親の木像と一緒にあったんだよな。

34: 人間七七四年 2006/11/22(水) 13:23:17 ID:YAPHHtPr
義昭を信長が奉じなければ、もう少し扱い良かったのかな

40: 人間七七四年 2006/12/22(金) 21:11:31 ID:GpwOHX32
義栄から一字拝領した武将っていないよね?
カワイソス

42: 人間七七四年 2006/12/23(土) 14:05:19 ID:0FQff6Z5
>>40
一字拝領する間も無くクビ

141: 人間七七四年 2007/12/24(月) 17:16:00 ID:zzdKheir
>>40
古河公方足利栄氏、細川栄之、山名栄豊、赤松栄祐、大内栄弘
きかないね

43: 人間七七四年 2006/12/28(木) 16:17:11 ID:SxoTVM39
将軍就任を朝廷に打診するも、献金不足で断られてるのが泣ける。

44: 人間七七四年 2007/01/01(月) 01:47:37 ID:MFvJZiBp
なんつーか、義輝・義昭兄弟に比べて個性が無いよな。
剣豪将軍やメール将軍みたいなの何か無いか?

45: 人間七七四年 2007/01/02(火) 21:40:08 ID:4gASq2Ob
>>44
つ「薄幸読書将軍」

46: 人間七七四年 2007/01/12(金) 16:22:39 ID:IIq1bvKZ
この時期の朝廷も無定見というか節操が無いな。
義栄でも義秋でも献金が多い者を将軍に任じてるし。

50: 人間七七四年 2007/02/18(日) 07:08:55 ID:TGP8ZGBy
あ、義維は改名して義冬になっていたんだ。

53: 人間七七四年 2007/03/04(日) 16:12:56 ID:LkMuRjCW
足利直冬って奴がいたけど「冬」が付く武将って切ないよな

54: 人間七七四年 2007/03/04(日) 19:54:12 ID:nz9Eq9Td
義「秋」もそうだけど、縁起が良く無さそう。

70: 人間七七四年 2007/03/21(水) 14:29:58 ID:VKb7a+4M
ザ・傀儡

71: 人間七七四年 2007/03/21(水) 15:05:39 ID:u+aC/sQa
傀儡将軍って字面だけ見ると強そうだけどなw

72: 人間七七四年 2007/03/21(水) 22:03:47 ID:x6fPp0pg
これ以上の傀儡はいないよな。
金塊和歌集の源実朝だって実父が実父だし、執権も母方の縁者だもんな。

82: 人間七七四年 2007/03/29(木) 03:15:57 ID:vV3VrRo2
義昭・義輝は知っていても義栄は知らんという人がめちゃくちゃ多い。

86: 人間七七四年 2007/04/08(日) 20:29:06 ID:XdyDBe5M
信長が上洛する前に、たくさんの大名に信長討伐の御内書を出せばよかったのに。
後の義昭みたく。

87: 人間七七四年 2007/04/09(月) 13:01:53 ID:ypK0aTBx
>>86
義栄の後ろ盾に正当性が足りないから無視されるのでは?
偽公方みたいな感じで。

88: 人間七七四年 2007/04/14(土) 15:31:26 ID:uOoE2bTR
還俗して将軍になった義昭よりは好きだぞ。
なにをしたひとかはさっぱりわからん。

89: 人間七七四年 2007/04/15(日) 11:03:57 ID:adnldOCu
長慶が義輝追放して堺公方に挿げ替えてれば安定した将軍生活できたかも

94: 人間七七四年 2007/04/30(月) 00:49:32 ID:BX3J1ebu
>>89
それでも結局、傀儡将軍か。
義栄よ、哀れ・・・

95: 人間七七四年 2007/05/12(土) 14:32:04 ID:RYfloEu0
堺公方ではあったが、将軍になれなかった義維よりはましかと

96: 人間七七四年 2007/05/15(火) 00:12:12 ID:Hocrtaqa
どうだろうねぇ

一応「堺大樹」の名を残した義維と
ホントに忘れ去られた存在の義栄と
どっちがマシかと言われれば、義維の方が良く思えるのは自分だけかな?

97: 人間七七四年 2007/05/16(水) 14:09:18 ID:/Won5qyq
晴元に裏切られ元長を失い阿波に逃れ、長慶には擁立されず、
義栄も悲惨だから、どっちもどっちと思う

しかし義維って義栄が没するとき存命なんだね
すなわち義栄の挫折は義維の挫折、更に息子を先に失う、と考えると可哀想だ

106: 人間七七四年 2007/07/23(月) 01:15:15 ID:Tj68ZVQv
天翔記の足利プレイの時は大事な一門宗として、後方で内政専門の軍団長やらせてたよ。
すぐ死ぬから寿命だけ延ばすけど。

115: 人間七七四年 2007/10/13(土) 11:05:03 ID:Ffj/ew6A
親父の義維について語れる人、いる?

116: 人間七七四年 2007/10/13(土) 14:33:03 ID:UrvVbhdJ
堺公方として一方の雄だったが、晴元に梯子をはずされた
って感じかな

119: 人間七七四年 2007/10/15(月) 16:27:06 ID:G8SPs/ND
義冬(義維)が征夷大将軍の宣下を受けられなかった理由は何だろう?

120: 人間七七四年 2007/10/16(火) 15:21:04 ID:QC8RDA7S
単純に義晴が朽木にいたから&義維が京に入っていないから、と言ってみる

121: 人間七七四年 2007/10/16(火) 15:59:19 ID:oaz3GiVz
>>120
・「義材」は存命ながら将軍職を廃され、義澄死後に「義稙」として復位してる。
・義栄は入京せずに、征夷大将軍になってる。

122: 人間七七四年 2007/10/16(火) 16:21:26 ID:QC8RDA7S
なろほど、それもそうだね

では、
朝廷は義維を左馬頭に任じ、時期をみて将軍に補任する考えもあったが、
そのうちに柳本賢治や茨木長隆と義維を支えた三好元長が対立し、
結局晴元と義晴が結んだため

つまり時機を逸した、というのはどうだろうか

123: 人間七七四年 2007/11/02(金) 16:36:48 ID:UcT+vv+M
義栄は将軍になってから 京に入ってないんだね。

126: 人間七七四年 2007/11/04(日) 00:36:57 ID:WkBYT9yG
>>122
多分、それで合ってる。

>>123
政権基盤が三好三人衆と随分弱いからね。
義昭も間近に迫って来てたし、まあ仕方ないかな?
将軍になれたのは、親父よりは幸運だったろうけど。

124: 人間七七四年 2007/11/03(土) 22:08:38 ID:9OxoaDfB
在位7カ月ですから。

127: 人間七七四年 2007/11/04(日) 21:07:25 ID:pV94SNWs
義栄 を読めないひともけっこういるんじゃないか?
大河ドラマでもほとんど出番がない。

128: 人間七七四年 2007/11/05(月) 00:26:49 ID:C8KLpnJ9
>>127
そりゃ「なが」とも「みつ」とも読める「栄」だからな。
歴史に疎い人間ならけっこうな数の人が「よしひで」とは読めないだろう。

129: 人間七七四年 2007/11/05(月) 00:39:42 ID:So3n89gJ
明らかに読める名前でも結構異読もあるからね。
「信雄」「一益」「利三」とか、未だに説が割れてる。


まあ仮名文字で書かれた文書が出てくれば分かるんだがw

139: 人間七七四年 2007/12/21(金) 13:24:31 ID:xPQSo2HK
七ヶ月しか将軍でなく、京にも入れなかったなんて…

140: 人間七七四年 2007/12/24(月) 17:01:09 ID:zzdKheir
>>139
江戸時代の将軍も京に一度も入ってない将軍は多いよ

でも徳川幕府の平島御所の扱いは酷いね
高家や喜連川並の10万石の格式は無理でも
せめて岩松程度には待遇しても良かっただろうに

なんであそこまで冷遇したんだろう?
なんか徳川との間にあったんだろうか?

149: 人間七七四年 2008/01/16(水) 16:28:39 ID:tPJvcOJW
追われてすぐ死んでしまうところが 親父殿より悲劇的。
まあ息子に先に死なれるのも悲劇だが。

150: 人間七七四年 2008/01/24(木) 09:12:42 ID:dnd7qHxR
慶喜より短命将軍とは!

151: 人間七七四年 2008/01/26(土) 12:50:08 ID:G15bfVwe
この方は幕府を滅亡させなかったんだぜ。
すげえじゃん。

152: 人間七七四年 2008/01/26(土) 23:17:00 ID:d3DwYJZJ
滅亡させる間もなく死んだからねw

153: 人間七七四年 2008/02/09(土) 21:07:10 ID:AmuIIgWW
スレが立ってから1年半近い。
将軍在位期間より長い。

154: 人間七七四年 2008/02/10(日) 01:49:16 ID:hq5R5giz
>>153
悲哀を感じるレスだなw

155: 人間七七四年 2008/02/11(月) 20:15:02 ID:zMr4OI/L
大河ドラマ「篤姫」は絶好調の様子なので
徳川将軍でも影の薄い「13代・家定」と「14代・家茂」も
かなりメジャーになりそうだ。

足利義栄の奥方は居たのかすら知らない。そこがこの将軍の魅力。

159: 人間七七四年 2008/02/24(日) 11:23:55 ID:mkzDb3FK
治績はなにかあるの?
傀儡でも一応は将軍の名前で政治をやってたんでしょ。

160: 人間七七四年 2008/02/28(木) 04:14:39 ID:IIGAoc/B
>>159
入京すらしてない方だからね・・・。

161: 人間七七四年 2008/03/15(土) 14:54:44 ID:Z4ecbfrO
長命なら義材みたいに復権目指すんだろうがね。
死んでしまったし。

162: 人間七七四年 2008/04/05(土) 15:20:00 ID:u3grR8QO
義材ー義維の流れ(恨みとでもいうか)からするとそうなるかな。

163: 人間七七四年 2008/04/18(金) 13:31:32 ID:40LfBtJ9
足利家に生まれなければ幸せだったかもしれんな。

193: 人間七七四年 2008/08/31(日) 20:18:40 ID:0BhHTMMB
義栄さんて、摂津富田で将軍宣下受けたわけでしょ
なのに何故、阿波公方なの? 

198: 人間七七四年 2008/09/25(木) 11:31:57 ID:sBcal3XT
>>193
阿波 → 周防 → 阿波 → 摂津

で最期は淡路かな?

199: 人間七七四年 2008/09/25(木) 12:23:28 ID:TegI/5/h
>>198
どこでなくなったかも、阿波ともいうし、はっきりしないっぽい

197: 人間七七四年 2008/09/24(水) 15:06:54 ID:mdmLsuUA
同情する余地はあるんだよね。特に事績もないんだけど。

237: 人間七七四年 2009/01/09(金) 14:45:00 ID:196V6Pss
おんな太閤記でも出番なし。
別に期待してなかったけどね、この存在感の無さはやっぱりさびしいね。

238: 人間七七四年 2009/01/12(月) 18:06:57 ID:jrfxHjhl
存在感が無いという存在感

239: 人間七七四年 2009/01/13(火) 03:09:22 ID:QMRmgfmI
三好か松永が主役張らない限り永遠に出番はないような気がする。

405: 人間七七四年 2012/06/14(木) 23:01:11.37 ID:BQ1uAtf3
室町幕府歴代将軍の中で唯一、本拠地のある京都に一度も足を踏み入れずに終わっている。日本史上本拠地に入ること無く終わった将軍は、彼と徳川慶喜(大坂城で将軍に就任し、大政奉還で職を解かれた後に江戸城に入った)の2人しかいない。

1111: 
過ぎたるは及ばざるが如し1600/10/21(水) 00:00:00.00 ID:rekichiho  





引用元;http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/sengoku/1156769019/