honouji0917


224: 名無しさん@恐縮です 2018/04/20(金) 22:26:20.42 ID:4gqr3vbd0
ぶっちゃけ、「裏切り者」の代表みたいなもんでしょ
明智と小早川

408: 名無しさん@恐縮です2018/04/20(金) 23:02:16.96 ID:TtbFxbTV0
自分を引き立ててくれた主人を騙し討ち 
普通に悪役

405: 名無しさん@恐縮です 2018/04/20(金) 23:02:06.20 ID:qxF5zvLP0
現代の感覚でいえば68歳くらいで
「わが社の中国現地法人の社長に任ずる、中国法人はすべて裁量にまかせるゆえ、報酬も自分で決めてよし
ただし本社取締役の任は解くものとする、出世だぞ、喜べよ」
とか言われたじいさんみたいなもんだぞ

431: 名無しさん@恐縮です 2018/04/20(金) 23:07:31.64 ID:hJONkusr0
>>405
出雲・岩見2国切り取り次第(獲れたらやる)毛利にはほぼ勝ちが見えてる状況でそんなに悪くない気もするんだが。
特に石見銀山を任されるのかどうかがでかいけど

463: 名無しさん@恐縮です 2018/04/20(金) 23:14:33.66 ID:BX2kYTG50
>>431
関東や長野、北陸に飛ばされるよりははるかに良い条件だと思うけどな。
当時の山陰は貿易港もあって今では想像もつかないくらい豊かな土地だったし。

490: 名無しさん@恐縮です 2018/04/20(金) 23:20:32.68 ID:qxF5zvLP0
>>431
切り取ったらすぐ収入ができるわけでもないし
また0からコストかけて現地の入り組んだ土地やもろもろの利権関係を把握して
領土支配やりなおし(丹波でそれやってようやく落ち着いたところで国替え)
謀叛起こした方がきついやろという突っ込みは置いておくにしても
年齢的にきつかったんちゃう         

502: 名無しさん@恐縮です 2018/04/20(金) 23:23:03.67 ID:gtneLP5O0
>>490
信長自身はそれを延々とやって来た人だから
光秀がそこ嫌がり出すとか考えもしなかったんだろなとは思う
ジジイ疲れちゃったんだろな

520: 名無しさん@恐縮です 2018/04/20(金) 23:26:51.51 ID:0fPy9nqE0
>>490
滝川は、上野に配属されて、
京都の上方とは遠く離れてしまったことを
すごく悔やんでいる手紙が現存してるね。

447: 名無しさん@恐縮です 2018/04/20(金) 23:10:04.52 ID:3kXBp0KO0
>>408
下剋上の戦国時代には珍しくもないお話のような
大河になった武田信玄だって自分の親を追放して当主になり
妾の子を後継ぎにするため正妻の子を始末したとかだろ

461: 名無しさん@恐縮です 2018/04/20(金) 23:14:18.60 ID:gtneLP5O0
>>447
あれは信玄を担いだ重臣によるクーデターだし
親父を殺してねえけどね
それでも上杉謙信からはそれでも人の子かと延々と罵倒されてるわけだが

669: 名無しさん@恐縮です 2018/04/20(金) 23:58:19.86 ID:/JHR3oow0
明智光秀は織田家臣の中で最初の城持ち大名に出世していた。 
古参の佐久間信盛や柴田勝家、羽柴秀吉よりも格上だったのに 

586: 名無しさん@恐縮です 2018/04/20(金) 23:38:51.33 ID:gVWMfwHf0
光秀は討たれたから評判が悪いのであって
もしあのまま光秀の世になってたら評判は真逆だった
まあ歴史ってそんなもん

657: 名無しさん@恐縮です2018/04/20(金) 23:54:19.87 ID:5cj/i7cB0
転職したブラックすぎる会社と 
優秀な社員との競争 
挫折とクーデター失敗の物語

1111: 過ぎたるは及ばざるが如し1600/10/21(水) 00:00:00.00 ID:rekichiho  





引用元;http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1456905503/