maxresdefault


1: 人間七七四年 2008/03/08(土) 20:08:53 ID:5YkPWQKJ
「日の本一の律儀者、しかし、律儀すぎるのも非常に困る」と家康に評され、
「治部が死んでは生き甲斐が無くなる」と石田三成との友誼を重んじた、
佐竹義宣を語りましょう。

<関連スレ>
常陸の最強武将 佐竹 鬼 義重
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1196512813/
\●/佐竹氏を語るスレ 其の2
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1185375928/

2: 人間七七四年 2008/03/08(土) 20:11:18 ID:5YkPWQKJ
家を任せる息子だと気苦労が絶えないが(笑)、
友としては最高の漢だと思うがどうだろう?

6: 人間七七四年 2008/03/09(日) 01:36:55 ID:ywOKQjoS
家康から隠居を申し渡された三成を佐和山まで護衛したのは佐竹勢で本当?

8: 人間七七四年 2008/03/09(日) 03:05:15 ID:9zftFmnb
>>6
それって結城秀康じゃなかった?
そのときのお礼に三成が秀康にあげた脇差が正宗で
「石田正宗」と言って越前家の家宝になったとか

9: 人間七七四年 2008/03/09(日) 03:38:27 ID:ywOKQjoS
>>8
勘違いだった。確かにら結城秀康であってる(家康の指名だった模様)。

義宣が三成を護衛したのは、武断派襲撃後から隠居までの間で、
小西や宇喜多と共同してとのことらしい。

14: 人間七七四年 2008/03/10(月) 04:31:32 ID:FvxH7bh5
「もとより諸将に対して悪意は無いが、公命に背いていない治部少輪を討つのは私怨。危急を見過ごせず救援したまで」


やっぱり格好良い!

15: 人間七七四年 2008/03/11(火) 19:15:24 ID:9ta/11fm
野戦指揮官としてはどうかな? さすがに親父殿にはおよばないはずだが。

16: 人間七七四年 2008/03/11(火) 19:42:22 ID:OPKuXIBy
>>15
義宣って野戦で指揮取る機会
大阪冬と摺上原、小田原時の忍の他にあったっけ??
家督もらってから惣無事令までの期間が短くて
野戦指揮の機会はほとんどなかったのでは?

18: 人間七七四年 2008/03/12(水) 15:59:13 ID:lVPNVqKq
>>15-16
そもそも初陣っていつだ?

19: 人間七七四年2008/03/12(水) 23:12:08 ID:5Dh/0FsL
義宣の初陣は天正13年と言われる 
天正14年初頭に家督を継ぎ4月には総大将として軍勢を率い下野を転戦した 
それ以後、常陸南部や下野・陸奥に出陣し北条方や伊達方の軍勢と戦いを続け 
小田原の陣・奥州仕置でも佐竹洞中を率いて出兵した 
その後、浅野に従い常陸の反抗勢力を討伐した

17: 人間七七四年 2008/03/12(水) 10:43:48 ID:tnv/5N18
困るほどの律義者の従兄弟は困るほどの不義理者。
本当に同じDNAが含まれてるのか?

21: 人間七七四年 2008/03/13(木) 06:25:07 ID:eh9RLI18
(豊臣)天下の六大将。

26: 人間七七四年 2008/03/14(金) 20:08:07 ID:qIwHtJ0f
六大将…徳川、上杉、毛利、前田、島津、佐竹
と言うのだろうが、
六番目は宇喜多だろう?

27: 人間七七四年 2008/03/14(金) 20:22:58 ID:gVy2lZVF
朝鮮出兵時の出陣式では、佐竹は伊達政宗の後を行進している。
当時の両者の力量を端的に示している。

29: 人間七七四年 2008/03/15(土) 02:15:34 ID:oY6AXpyD
伊達はおだてて朝鮮に送り込む気だったんだからしゃーないわ

32: 人間七七四年 2008/03/15(土) 10:47:37 ID:+PIHOFfQ
侍従止まりの佐竹が
中納言の宇喜多や織田
少将の伊達を
差し置いて豊臣六大将?

34: 人間七七四年 2008/03/15(土) 11:15:40 ID:D4h6c+wx
>>32
「豊臣政権の六大将」が豊臣政権化のいつ頃言われていたことなのでしょうかね…

宇喜多は57万石ですから公式発表における石高としては佐竹より上。
官位も従三位の上一応秀吉の一門衆。六大将に入ってないのは確かに不思議です。

伊達が少将になったのは慶長二年。秀吉のほぼ最晩年でした。
伊達は豊臣政権化では冷遇されてる感がありますね。経緯を考えると仕方ありませんが。

逆に佐竹は実力というより三成と懇意だったということや、
立地などの物件的に厚遇されています。そういう面も加味しての六大将かもしれません。
宇喜多に関しては実に謎ですが。

35: 人間七七四年 2008/03/15(土) 11:25:06 ID:tYj29Wqh
単純に宇喜多は豊臣準一門(秀吉猶子)なので除外されていると思っていた

44: 人間七七四年 2008/03/17(月) 07:27:59 ID:21P34qHc
佐竹には実弟の芦名・岩城・多賀谷の三大名や相馬が寄騎に付けられた。
佐竹+寄騎大名の石高は、宇喜多や伊達を凌いでいる事実がポイント。

45: 人間七七四年 2008/03/17(月) 08:53:04 ID:/7vkqP+V
>>44
相馬と佐竹って血縁関係があった?
地理的に近く懇意だから寄騎になっただけ?

46: 人間七七四年 2008/03/17(月) 12:01:45 ID:X0R3g9vU
相馬利胤の最初の妻が芦名氏だし、東北の大名なんてほとんどが何かしらの形で親族になっている。
また、相馬氏の改易が決まりかけたころ、義宣が「うちらの領知のうち一万石わけるけど来る?」と 呼びかけている。ちなみにこの両家は江戸時代も互いに養子を迎えるなどしており、結構親密だよ。

47: 人間七七四年 2008/03/17(月) 14:57:56 ID:/7vkqP+V
>>46
細かい解説、感謝です。
「一万石あげるから~」ってのも凄い話ですね。

それを断って自力で本領安堵を勝ち取った相馬も凄いですが。

48: 人間七七四年 2008/03/17(月) 15:16:27 ID:ggh4so6i
>>47
たしか相馬は伊達とも仲良くて、
本領安堵には伊達の裏添えがあったとかどうとか
相馬は田村とかをバリバリ攻撃してる印象が強いが
もしかしたらみんなに好かれるタイプだったのかもしれん。

49: 人間七七四年 2008/03/17(月) 18:02:42 ID:FBB7o3EV
まあ昔は相馬も佐竹も一貫して北朝だったからな
しかも周りを結城伊達北畠に囲まれて

54: 人間七七四年 2008/03/25(火) 17:15:29 ID:jvzTbumq
徳川期には徳川から
姓も名も貰えなかった
国持ちは山内と佐竹?

56: 人間七七四年 2008/04/06(日) 17:51:26 ID:u9p0dtDX
なんかもぅ徳川より豊臣の武将というイメージが強いからね
そんな経緯でもらえなかったんじゃ?という単純な話ではさすがに無いか

61: 人間七七四年 2008/05/08(木) 15:42:49 ID:JggcDJ+5
関ヶ原後に領地を没収されることになった相馬を、新領・出羽の1万石で引き取ろうとしたのはいい話だな。

62: 人間七七四年 2008/05/19(月) 23:13:18 ID:TZ7OKaSK
親父の義重は義広の白川入嗣の際、白川義親の婿養子(大関)晴増がとばっちりで廃嫡となったのを申し訳なく思い常陸で5万石を与え客将として遇した…って逸話を思い出した。

親子揃って義理堅いなぁ。

63: 人間七七四年 2008/05/20(火) 00:02:06 ID:XN2c0rYM
ところが白河結城氏は伊達家一門になってしまったとさ

64: 人間七七四年 2008/05/23(金) 02:35:31 ID:fWYzbyT+
放浪の末に…だったか?

秀吉への贈り物を政宗に託したが改易…

佐竹を裏切って伊達に鞍替えした大名家は秀吉に潰されてるな…
石川昭光とかも。

65: 人間七七四年 2008/05/29(木) 00:48:23 ID:XHfNcqho
豊臣政権下で佐竹氏は優遇され佐竹与党の諸候は生き残れたが、唯一宇都宮氏の改易は残念だったと思う。

与力しかも従兄弟の宇都宮国綱が改易…。
佐竹氏も連座で危なかったとか…。

この危機を三成のお陰で助かった…って事だが、具体的に三成はどの様な働きをしたのか?

又、宇都宮改易の真実とは?
浅野からの養子を断わったからとか、検地(石高)に不正があったとか…。
本当だろうか?

66: 人間七七四年 2008/05/29(木) 01:15:27 ID:rlxd6W6O
>>65
惣無事令違反。
国綱と近臣らは浅野養子を認める方向で動いていたらしいが、芳賀高武がこれに反対。 勝手に養子の件は無理と三成に報告。養子肯定派のひとり北条何某を四条河原で斬首。
そのうえ下野に戻って肯定派の今泉高光の上三川城を攻めた。思いっきり私闘。
そんで大名の国綱が責任を取らされて改易。

石高は多分全く関係ないし、養子の件も間接的な原因であって直接の理由ではない。
おそらくこういう非常に恥ずかしいことから改易されたため、
それを糊塗するために石高とか養子とかが理由だと後付けされたのだと思う。

68: 人間七七四年 2008/05/30(金) 21:49:26 ID:u3DXtiFX
宇都宮と言えば、結城氏に養子として入ってた朝勝を佐竹が引き取ってるね。
同族ながら葦名や岩城や多賀谷、以外なら宇都宮や辞退されたけど相馬と盛り沢山。

69: 人間七七四年 2008/06/02(月) 05:17:54 ID:YVoNsm7s
芦名・岩城・多賀谷は兄弟だし、(宇都宮)結城朝勝は従兄弟。
相馬利胤(三胤)の嫁は芦名出身で親戚。

秋田の佐竹家は北関東・南奥の名家やその家臣が盛沢山。

本当に義理堅いよ、義宣。

70: 人間七七四年 2008/06/02(月) 06:34:06 ID:FsM13khD
佐竹義宣は現在の県庁所在地を二つ作った、都市計画の達人…と、何かで読んだけど。
もっと評価されても良いのでは?

79: 人間七七四年 2008/06/25(水) 03:01:20 ID:TGbwMteD
義宣は西軍に通じてたせいで秋田に飛ばされた訳だけど
結果的には良かったのかもしれないな
関東や近畿の大大名なんて、殆ど徳川三代で改易の憂目に遭ってるし
東軍について常陸を安堵されても結局潰されたと思う
明治の世で侯爵にまで出世する佐竹家はなかっただろう

87: 人間七七四年 2008/06/26(木) 14:29:02 ID:YQyzfRRG
佐竹も関東にいる限りは危険視されてどうせ大減封や遠国飛ばしは間違いないんだから
野心をもって戦ってから減封&遠国飛ばしされれば良かったものを

戦わずして飛ばされた情けなさだから歴史的にはマイナーキャラクターになっちまった。
俺は佐竹好きなんで残念で仕方がない。
PHPの佐竹義宣なんて「退却中の内府に佐竹得意の追い討ちをかけてやる!」なんてカッコいい事を書いてあったから思わず買っちまったしw
関ヶ原から少し経った辺りで、「島津も交渉長引いてるがやはり交渉は粘りだな」
と常陸一国安堵になりそうだと楽観してる義宣がなかなかお坊ちゃんで微笑ましいが。

92: 人間七七四年 2008/07/08(火) 21:03:13 ID:DLIGlDtO
>>87
結果論だよな
あからさまに敵対して負けたら滅亡って普通は考えるじゃん?

家康と上杉にハシゴ外されたからお手上げだろ

93: 人間七七四年 2008/07/13(日) 14:38:33 ID:0sgNW4Qu
仮に飛ばされなかったとしたら・・・。

家光の時代には源氏正当性論争が起き、後年の由比正雪が正統源氏として佐竹を反徳川の看板にしていたのでは?と妄想。

95: 人間七七四年 2008/07/13(日) 18:38:43 ID:tN0b/nUr
佐竹がハッピーエンドを迎えるには関東に政権がない事が条件だな
清盛、尊氏、秀吉ら西国政権の時は隆盛した
頼朝、家康ら東国政権の時は駆逐された
なにも難しい事はない
それだけの話しだ

117: 人間七七四年 2008/08/31(日) 19:31:15 ID:p6oClXL4
父親の義重は、先祖の新羅三郎義光が活躍した場所だからといって、秋田行きを喜んでいた。そして義光の住んでいた横手に本拠地を置こうとしたのに義宣が勝手に秋田市を作ってしまった。

118: 人間七七四年 2008/09/04(木) 00:06:55 ID:r5tyamP9
>>117
勝手というより、「海運」の重要性を知りつつあったんじゃまいか?
常陸太田は内陸だけど、海からはそう遠くない。
横手は川沿いとはいえかなり奥地。

119: 人間七七四年 2008/09/04(木) 00:12:07 ID:bCLh6/w4
義重の時点で鉄砲を大量に輸入してたり、商業センスもないと確保できないだろう
もう引退してたから政治どうでもよくて無責任に好きなこと発言してただけじゃね?
別に本気で言った訳じゃなくて、息子の方も本気とは受け取ってないんじゃない?

120: 人間七七四年 2008/09/04(木) 01:03:32 ID:/fMpKgL9
改易となった本多正純を預かった義宣の心中や如何に。
関ヶ原の戦後処理のこととか、色々あったろうに。

144: 人間七七四年 2008/11/28(金) 17:30:04 ID:NqFbTbMr
義宣公の武勇伝てなんかあったっけ?
家臣と33館の暗殺は武勇伝とも違うし

145: 人間七七四年 2008/11/30(日) 03:22:12 ID:ebuo82pg
>>144
三成救出!

147: 人間七七四年 2008/11/30(日) 13:38:31 ID:PWR4HyU1
義宣て軍記物なんか見ると岡見氏とか小田系の勢力に負けまくってるおね( ^ω^)
大坂の陣でもボコボコにやられてるし思いのほか戦下手だお( ^ω^)

155: 人間七七四年 2008/12/18(木) 05:13:28 ID:nYUY6Rrh
>>147
公儀からの軍勢催促が少なかった為苦戦したんだ
一万位の軍勢は出そう思えば出せたろう
二、三千の寡兵で善戦したんだ(上杉の助けもあり)

軍功の為なら前方の味方を攻撃する様な卑怯な振る舞いをした奴も居るのにな

151: 人間七七四年 2008/12/03(水) 13:14:46 ID:tVknFmVl
三成、上杉以外に他の大名との友誼はあったのかな?
政宗とは仲悪いんだろうけど

154: 人間七七四年 2008/12/11(木) 02:04:17 ID:VnsYxMrk
>>151
古田織部

157: 人間七七四年 2008/12/28(日) 15:49:27 ID:jJ5Thf/q
>>154
へうげものに義宣も出てくるかと思ったらぜんぜん出なくて絶望した。

152: 人間七七四年 2008/12/03(水) 22:48:05 ID:CYAcAL6F
彼は茶の名人で文化人!

161: 人間七七四年 2009/02/20(金) 11:26:22 ID:7UYxD/Ev
義宣以降の秋田佐竹家では茶道はすたれたのだろうか?

168: 人間七七四年 2009/02/22(日) 20:34:25 ID:uPQGB7Se
困るほどの律儀者は酒宴に呼び寄せた豪族達を皆殺しにしたりしません

169: 人間七七四年 2009/02/23(月) 11:57:07 ID:sLF+Nhoz
んなこと言ったら黒田如水が宇都宮一族を惨殺したのだって…豊臣政権下では任地の統治に失敗したら改易になりかねんから仕方がない。
君主権の確立と中央集権化とはそういうこと。幕府下で大規模なお家騒動が起きなかったのも
この時の処置のおかげでもあるんでないかな?

171: 人間七七四年 2009/02/23(月) 15:52:11 ID:xY9QO6ze
律儀者だからこそ
国人が集団で佐竹の城に来たのだろう
よもや謀殺されるとは誰一人思ってなかったに違いない

172: 人間七七四年 2009/02/23(月) 16:38:16 ID:viRpOw6u
宇喜多直家「そう通り、律義者だからこそ来るんだよな」

173: 人間七七四年 2009/02/26(木) 09:00:24 ID:B6uYIfer
最上義光「みんな呼んだら馬鹿みたいにノコノコ出向いて来るよ。出羽人は人がよい単純な人たちばかりだからのぅフフフ…」

178: 人間七七四年 2009/03/01(日) 10:33:57 ID:TpSRsVL1
最上やんは>>173のイメージではないな(仮病で呼んで暗殺って白鳥の1回だけだし)
謀略仕掛けるときは手紙攻撃だ
あとは寝返った武将に「旧主は殺さないで」ってお願いされて守ったり
家康に所領問題で味方して貰って以来、ずっと味方してて義理堅い人

175: 人間七七四年 2009/02/27(金) 00:32:59 ID:dvz4/ZwA
あと藤堂高虎とかも旧主の子孫の面倒をよく見るいい人

351: 人間七七四年 2009/11/18(水) 22:35:41 ID:yWVCkuPW
秋田へ移封された後、他の藩主(当時は藩とは言わなかっただろうけど)と
手紙なんかの交流はあったんだろうか

352: 人間七七四年 2009/11/19(木) 18:42:52 ID:RYB1GaWP
いい話・悪い話スレで
伊達政宗と観劇したりする話が載ってるよ。
もちろん、これも藩主の『お仕事』だけどね。

http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-2512.html
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-1971.html

政宗のこと、大嫌いなんじゃないかと思ってたが
意外とそうでもないのか?
つくろってるだけなのか?
これも、
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-2512.html

353: 人間七七四年 2009/11/19(木) 19:46:35 ID:fXGy/8Qp
藩主間の個人的やり取りはなかったんじゃないかな。
親兄弟でもないのにうっかり仲良しこよしして、
徳川幕府から「あいつら手を組んで何か企んでるのか?」と
痛くもない腹を探られてもマズイっしょ。

ふと思ったんだが、佐竹家は結構親兄弟の仲が良いよな。
いがみ合い殺し合いばかりの伊達家とはかなり違う。

354: 人間七七四年 2009/11/19(木) 20:15:21 ID:RYB1GaWP
僕もそう思ってたけど
いい話・悪い話スレを読み進めていくうちに、
大名同士の交流の話が沢山出てきて、認識を変えた。
政宗とか、三斎さんとか、交友関係幅広い人もいるし。

表向きは禁止だが、裏では羽目外さない程度にやっていいという
典型的な日本的法令(?)だよ、多分。

まあ、義宣は友人多くなかっただろうけどね。

356: 人間七七四年 2009/11/19(木) 20:48:43 ID:t88inZMP
>>354 
敵が多いとされる治部の友人やってたから、心は広そうだなw

355: 人間七七四年 2009/11/19(木) 20:44:22 ID:fXGy/8Qp
大幅減封されて、友人作るどころじゃなかったのかな。
そう思うと、ちと気の毒のような・・・・。
政宗は交流好きというか、わーっと騒ぐのが好きそうだよね、何となく。

357: 人間七七四年 2009/11/19(木) 21:49:18 ID:RYB1GaWP
>>355
義宣は寝る時の逸話も示すように、一瞬たりとも気を抜けない一生を送ったと思うよ
政宗みたいに、適度に息抜きしつつ遊んでふざけて人生謳歌、ってタイプじゃないよね。
君主ってホント大変な仕事だよ・・・

>>356
頭はずば抜けていいのに、あちこちで角を立てる不器用な三成と馬が合ったんだろか。
真面目な人間が好きなのかな。
義宣は、理性の人って感じだよね。
悪く言うと冷酷な側面もあるんだけど…

358: 人間七七四年 2009/11/19(木) 22:25:16 ID:AfkkQblk
個人的には、特に冷酷という印象はないかな。<義宣
結果的に敗者となってしまったから
同じことをした他の君主より悪く見られがちなんだと思う。

まあ移封減封された大名なんて、どこも似たり寄ったりなわけだが。
仮に伊達政宗が一揆の煽動の咎で出羽へ移封になったとして、
佐竹家のようにそこそこ治められたか?というと疑問だな。

359: 人間七七四年 2009/11/19(木) 22:28:16 ID:AfkkQblk
補足。
政宗が為政者としてどうこう…というのではないんだ。
家臣団が付いて来たかどうかがポイントじゃないかと思うので。

360: 人間七七四年 2009/11/19(木) 22:57:47 ID:TIx/hGsp
義宣も政宗も多趣味だし年齢も近いから案外気が合いそうな気がする
性格も似てる感じだし
逸話なんかからすると義宣は派手好きでイケイケな人物像が浮かぶ

361: 人間七七四年 2009/11/19(木) 23:05:20 ID:AfkkQblk
共通点:大名のぼんぼん
相違点:義宣=長男気質、政宗=一人っ子気質
そんなイメージがある

362: 人間七七四年 2009/11/19(木) 23:13:42 ID:dUjPJLe5
養子の居眠り政宗に指摘されて「恥かいた!お前廃嫡!」ってする程度の仲の良さ>義宣と政宗

396: 人間七七四年 2010/02/11(木) 13:23:36 ID:lj74MPeB
昨日の歴史トリビア見てて
 関ヶ原の時に、佐竹義宣が家康に寝返った理由が「織部が茶器で釣ったから」と解説していた。

いろんな意味で心が折れたorz

398: 人間七七四年 2010/02/12(金) 14:40:47 ID:iI2sK1nr
テレビで佐竹が露出する数少ないチャンスでまた自殺点。
相変わらず不憫な佐竹キャラ付け

407: 人間七七四年 2010/06/07(月) 23:34:55 ID:aMnXu3ju
なんで三成を助けなかったんだ?
こいつが動いてれば

409: 人間七七四年 2010/06/08(火) 10:40:25 ID:SGO/1UVG
まあ、一度助けてるしな
むしろ何で三成は義宣に計画を明かさなかったのだろうか
昌幸と義宣ぐらいには前以て知らせるべきだったな
そうすれば対応のしようもあったのに

525: 人間七七四年 2011/09/07(水) 21:06:45.84 ID:XpqAlhbb
三成と仲良かったのは間違いないかと
三成が襲撃された時に助けたの義宣だけだったし

1111: 
過ぎたるは及ばざるが如し1600/10/21(水) 00:00:00.00 ID:rekichiho  


引用元;http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/sengoku/1204974533/