o0594032013219770899


1: 日本@名無史さん 2014/05/26(月) 18:58:52.87
宇喜多氏のスレッドです。

7: 日本@名無史さん 2014/05/26(月) 19:20:46.19
松永久秀並に謀略の限りをしたあげく天寿を全うするってすごいよな

8: 日本@名無史さん 2014/05/26(月) 19:22:59.30
>>7
キングオブ悪党だからなぁ

9: 日本@名無史さん 2014/05/26(月) 20:05:19.41
でも最後が尻はすという恥ずかしい病気

10: 日本@名無史さん 2014/05/26(月) 20:34:21.34
宇喜多直家の暗殺歴

島村盛実…直家の祖父能家の仇、復讐として殺害
中山信正…直家の舅、酒席にかこつけて暗殺
税所元常…男色家であり、美少年のハニトラで暗殺
三村家親…狙撃して暗殺
松田元賢…直家の娘婿、攻め滅ぼした後に娘が自害
後藤勝基…直家の娘婿、攻め滅ぼした後に娘が自害
浦上宗辰…直家の娘婿、元主君の浦上宗景の子。毒殺後に娘が自害
浦上久松丸…浦上宗景追放後に傀儡として擁立するも、用済みになったので毒殺
宇垣与右衛門…鹿狩りの際に誤射と称して暗殺
伊賀久隆…直家の謀略に加担していたが、用済みになったので毒殺

12: 日本@名無史さん 2014/05/26(月) 20:41:20.29
>>10
身内も死んでるんだなw

13: 日本@名無史さん 2014/05/26(月) 23:04:29.26
未亡人に目を付けた羽柴秀吉になにやらおぞましさを感じる。

16: 日本@名無史さん 2014/05/27(火) 07:21:43.28
>>13
晩年の秀吉は直家とは別のベクトルでやばいよな

19: 日本@名無史さん 2014/05/27(火) 16:45:16.93
>>13
基本片っ端から女に手をつけてるじゃん

細川氏のガラシャ夫人も目をつけられて
隠されてたし。

35: 日本@名無史さん 2014/05/28(水) 21:49:03.24
>>13
直家が目をつけた時点でお福自体がすでに未亡人だから(震え声)

14: 日本@名無史さん 2014/05/26(月) 23:53:49.76
でも直家と秀吉だったら
どっちの方がお福にとってもましか正直微妙な2択っていう
秀家がなついてるんだからそんなにお福にとっても
秀吉は悪いやつじゃなかったんでは

15: 日本@名無史さん 2014/05/27(火) 00:26:38.64
まあ秀吉ならしないだろな
腹を痛めた娘たちが世をはかなんで自害してしまうまで追い詰めるようなことは

20: 日本@名無史さん 2014/05/27(火) 17:02:55.72
親父に全然似てない秀家

22: 日本@名無史さん 2014/05/27(火) 17:31:17.34
>>20
長生きだった息子・・・

八丈島はあったかそうで流刑地とはおもえん。

23: 日本@名無史さん 2014/05/27(火) 17:35:30.55
大名といっても無論ピンキリだけど、あのまま大名のまま、あまり不自由せず美味いもん食って歳を重ねたら、果たして84まで生きたかなという想念はある。 八丈島で漁業や農業に従事し、体を動かして贅沢できない食生活が84まで生かしたと

24: 日本@名無史さん 2014/05/27(火) 17:38:05.17
弱小勢力で生き残るために謀略の限りを尽くしてきたのに
息子の代のお家騒動であっさり瓦解してしまうのが悲しい

27: 日本@名無史さん 2014/05/27(火) 18:08:51.20
>>24
重臣に多くの知行あたえすぎた直家のツケを秀家が払った感じ
でも御家騒動~関ヶ原のときは弟の忠家さんも生きてたけど秀家見捨ててるし
詮家さんはむしろ反秀家派の渦中のひとだし
重臣だけじゃなく一門が離反するようじゃどうしようもないね

28: 日本@名無史さん 2014/05/27(火) 18:16:48.58
跡取りが秀吉子飼大名化して在国せず
側近官僚と中央で浪費しまくって、領国はATMのように扱ったら
地元の家臣団はキレるわ

29: 日本@名無史さん 2014/05/27(火) 18:42:44.67
秀家は五大老として在京義務があるので領国に帰れないし
上方に常駐する以上浪費つってもある意味必要なコストではあるけどな

もともと秀家の統制力が弱くて豊臣家の権威で
何とか家中をまとめてたようなもんだから
秀吉死んだらそら重しがとれて崩壊する

36: 日本@名無史さん 2014/05/28(水) 22:25:33.38
直家は舅や娘婿は平気で殺すけど
自分が殺した相手の娘を側室にするとかいう事はしてないな。

37: 日本@名無史さん 2014/05/28(水) 22:28:14.25
それは武田信玄、豊臣秀吉で有り!

38: 日本@名無史さん 2014/05/28(水) 23:19:48.45
そして側室にした女の息子である勝頼や秀頼の代で滅んでる

39: 日本@名無史さん 2014/05/28(水) 23:34:26.97
すなわち敗亡せし敵将の娘を近付けるは亡国の相と言える

40: 日本@名無史さん 2014/05/29(木) 01:28:42.12
別に直家も無理にすべての悪をコンプリートする必要ないから
姻戚複数騙し討ちでもうお腹いっぱいだから

56: 日本@名無史さん 2014/06/03(火) 01:42:58.70
関が原に秀家じゃなくて宇喜多直家が出陣していたら
東軍も西軍も疑心暗鬼で混乱しそうだなw

57: 日本@名無史さん 2014/06/03(火) 05:48:31.76
>>56
関ヶ原の頃は武将の質も戦国の全盛期に比べたらかなり劣化してたからな。
大勢力になった後の織田豊臣系の武将が中心だから、どこかリーマンっぽさがある。
直家の策謀に勝てそうなのが存在せんわ。

133: 日本@名無史さん 2014/08/10(日) 22:16:00.17
>>56
布陣が小早川が居た松尾城だと尚更面白そう
って直家の為に徳川が後詰めに来無いか

58: 日本@名無史さん 2014/06/03(火) 10:41:11.62
そういえば関ヶ原の時点で
有力大名は家康より若い世代しかほとんど残ってなかったんだよな。
前田利家や小早川隆景は関ヶ原前に死んでるし。

五大老とはいえまだ20代でお家騒動を纏められなかった
秀家では家康に到底 抵抗できないだろう。

59: 日本@名無史さん 2014/06/03(火) 10:57:36.28
いくら備前中納言が豊太閤への忠誠心篤いとは云え、区々たる山陽の一藩をまとめ切れずして、どうして増して中央への関与ができようか。
その己の姿、見失っていたのであろう。

63: 日本@名無史さん 2014/06/04(水) 00:42:18.78
関ヶ原の戦いでは宇喜多勢1万7000が福島勢6000に大苦戦。ダメですね。

65: 日本@名無史さん 2014/06/04(水) 02:45:22.82
>>63
今の岡山の縮図ですな、実力もないのに広島さしおいて州都などと。

64: 日本@名無史さん 2014/06/04(水) 02:21:07.90
直前に御家騒動で寄親で軍制の核になってきた重臣が何人もいなくなったら
そらどうにもならん

69: 日本@名無史さん 2014/06/05(木) 16:52:06.83
結局家臣たちは直家への恐怖や秀吉の威光で従ってただけで
秀家のことは舐めてかかってたわけだ。
譜代の家臣は宇喜多騒動で皆出て行ってしまい秀家や宇喜多家を守ろうとした者はいなかった。
明石全登は元は客分だし。

70: 日本@名無史さん 2014/06/06(金) 02:23:26.34
実質的に宇喜多は直家という出来星が一代で土豪から戦国大名に成りあがったので
譜代の家臣っていってもほとんど直家の代からだし
もともと宇喜多も家臣も備作の土豪で出自はかわらないわけですし
三河武士のような代々の忠誠心を期待されてもさぁ

75: 日本@名無史さん 2014/06/06(金) 20:35:15.89
宇喜多家が生き残るには直家が長生きして暗殺なり何なりで
家臣たちの知行を削っておかないと駄目だったな

78: 日本@名無史さん 2014/06/06(金) 21:38:54.86
そこのところが戦国大名から近世大名への脱皮を図れたかどうか、すなわち、国人・土豪連合の単なる盟主から、君権を確立できたかどうかの差異となる。

徳川の場合は、関東移転を契機に、必要な家臣に、必要な場所に、必要な家禄を与えるやり方に再編した。
佐竹は万石級の大身を集めて一気に抹殺した。

最上は57万石に増えたまでは良かったが、大身の重臣の統制に失敗し、自壊した
鍋島は、潰れこそしなかったが、どさくさ紛れに龍造寺を乗っ取った引け目からか、大身の重臣がうじゃうじゃいて、幕末まで尾を引いた

79: 日本@名無史さん 2014/06/06(金) 22:18:10.38
後世まで生き残った大名はどっかで君権を確立してるよな。
君権を確立したからといって生き残れるとは限らない点で甘くないが、
君権を確立しないと生き残れない。

80: 日本@名無史さん 2014/06/06(金) 23:18:04.26
伊達家なんかは藩主権力を強化しようとしてお家騒動で失敗したけど
なんとか幕末まで生き残った。
そのツケで幕末はグダグダだったけど。

81: 日本@名無史さん 2014/06/06(金) 23:23:49.58
一番理想なのは、大身重臣の勢力を悉く削減したうえで、間もなくこの世を去って、ホッとした家来たちが新リーダーたる秀家のもと求心力を集める…といった姿だろうか。
黒田において、死期を悟った如水がわざわざ家臣に嫌がらせをし、早く死んでくれとばかりに恨みを集め、死後、倅長政のもとに家来の求心力を集めようとしたように

だが、直家の粛正やら暗殺は、あれでもまだおっつかないほど、道半ばだったのだ

83: 日本@名無史さん 2014/06/07(土) 01:39:31.61
逆に考えると、秀家は御家騒動で統治手腕なしと思われてるけど
関ヶ原が直後になければ、それはそれで上手く家中の再編が進んだ気がする

84: 日本@名無史さん 2014/06/07(土) 01:44:51.08
陰謀ではない穏健な方法で有力家臣の石高を減らすのはこんな感じ?
・小さな罪を大きく解釈して減封する。またはいったん廃絶させるも子・弟などを少ない石高で取り立てる。
・子どもが無く死んだ時に、養子による相続を認めるものの大幅減封。
・隠居して後を継がせる際に、次男・三男への分封を勧めて、細分化する。
・藩主の養子を押し付けまくる。で、その養子にいった子たちに藩主の家督を継がせる。継いでいた養子先の家の領地は収公。

125: 日本@名無史さん 2014/06/28(土) 12:58:18.76
>>84
一番下は元就の戦略じゃないかw

128: 日本@名無史さん 2014/06/28(土) 18:32:15.23
>>125
尼子経久は三男の興久を塩冶家に送り込んだけど反乱を起こされたし、
秀吉も秀秋を小早川家に送り込んで豊臣系大名にしようとしたけど関ヶ原で東軍につかれた。
失敗したときのリスクもかなり高い。

129: 日本@名無史さん 2014/06/28(土) 19:27:01.34
>>128
秀秋は秀次事件で処分されたから、その恨みが大きいと思う。
ちなみに、これに関しては隆景自身が秀吉を見捨てる決心をするほど酷かったと言われている。

85: 日本@名無史さん 2014/06/07(土) 01:49:22.90
家中統制は難しいよ。
家康だって一向宗で大変な苦労をし、
武田に切り崩され、信康事件では家中が二分され、苦労に苦労重ねて関東移封でようやく落ち着いた。
何十年もかけてんだよな。
毛利元就も家中の独裁権ゲットしたのは50代になってからだし。
まだ若い秀家がお家騒動起こしたからといって統治手腕なかったとみなすのは実は酷。

87: 日本@名無史さん 2014/06/07(土) 09:11:55.03
宇喜多家が幕末まで続いてたら直家の所業も
「乱世で生き残るには手段を選んではいられなかった」「弟や重臣たちを大事にした」とか
擁護されてたんだろうな。

88: 日本@名無史さん 2014/06/07(土) 09:22:56.00
普通の戦国領主だろ

41: 日本@名無史さん2014/05/29(木) 17:56:43.98
血筋が残ってるだけでもいいじゃない 

断絶した戦国大名なんて山ほどいる

1111: 過ぎたるは及ばざるが如し1600/10/21(水) 00:00:00.00 ID:rekichiho  



引用元;
http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/history/1401098332/